オルタナティブ・ブログ > インフラコモンズ今泉の多方面ブログ >

株式会社インフラコモンズ代表取締役の今泉大輔が、現在進行形で取り組んでいるコンシューマ向けITサービス、バイオマス燃料取引の他、これまで関わってきたデータ経営、海外起業、イノベーション、再エネなどの話題について書いて行きます。

がんばれイトーヨーカドー

»

行ってきました。イトーヨーカドー紳士服売場。われらが北区の赤羽店です。
藤巻氏がリーダーシップを発揮していると伝えられるプライベートブランドのpbi(ペーベーイー)、悪くないです。
自分は服飾にはまったく詳しくなく、ブルックスブラザースとエディバウアーとGAPとユニクロしか知りません。以前、米国に頻繁に行っていた時期にはバナナリパブリックをアウトレットでまとめ買いするのがならわしでしたが、日本のバナリパは高級ブランドですからねぇ。ということでポジショニングがわかるのは上記4ブランドのみ。

その視点でpbiを見ると、GAPとほぼ同じ。商品企画が日本で進められているだけあって、たぶんGAPよりは速度感があると思います(米国経由で日本に入ってくるGAPは、商品企画から日本に並ぶまでのリードタイムが相対的に長く、日本の”いま”という視点では若干遅い感じがする)。そして価格はユニクロの3割増といったところです。GAPよりは2-3割安いといったところ。健闘していると思います。大いに応援する価値はあります。女性ものもあるので、興味のある方はチェックされるとよいでしょう。

ジャケットのIschia(イスキア)というブランドも藤巻氏の指導のもと、新しく作られたものらしいです。アイリッシュリネンで生地がしっかりしています。こちらはブルックスブラザースのジャケットと正面から対抗できる素材とデザインだと、個人的には思います。そして安い。ブルックスの半額以下です。子育てで小遣いが少ない中高年はイトーヨーカドーへ急げ、といった感じ。

惜しむらくは、売場が旧態依然とした”イトーヨーカドーの紳士服売場”のままであるということ。pbiもIschiaも旧来の商品と混ぜ混ぜで置かれているので、見つけるのに苦労します。力が入ったブランドであることはわかるのですが、新も旧も一緒というところがあるので、価値を減じていますね。売場の編集が必要です。天井と壁のカラーリング(できれば床も)と照明を変え、旧来の商品を思い切って引っ込めてしまうと、かなりよい売場になるのではないでしょうか?上記PBの商品がまだ少ないのは今後に期待というところ。

総じてトータルな価値はものすごく高いです。Ischiaで上も下も固めて、「いいだろ」と自慢する人がこれからたくさん出てきそうな気配が。

Comment(2)

コメント

をを!藤巻さんプロデュースの商品ですか、これは見に行かなくては!

今泉

全般的に「質の違いがわかる人がやっているんだな」感があります。Ischiaのジャケットはいいですよ。私も1万3,000円のを買ってしまいました。

コメントを投稿する