オルタナティブ・ブログ > インフラコモンズ今泉の多方面ブログ >

株式会社インフラコモンズ代表取締役の今泉大輔が、現在進行形で取り組んでいるコンシューマ向けITサービス、バイオマス燃料取引の他、これまで関わってきたデータ経営、海外起業、イノベーション、再エネなどの話題について書いて行きます。

昨ミッド:孫の海鮮チャーハンと新単位「エントリーバリュー」

»

昨日昼食時に石井君から受け取るものがあったので、担々麺を食べてもらうべくに連れて行きました。むちゃむちゃ喜んでいました。生涯ベストだそうです。

こちらは海鮮チャーハン。
熱い海鮮の具と飯とがほろほろしてて最高です。淡白な品のよいうまさがたまりません。スープも絶妙。
食べながら、「ブログに書く価値があるかないか」の話になりました。

世の中のさまざまな経験や物事は、ブログ書きにとってみると、「ブログに書く価値があるもの」と「あえて書くまでもないもの」とに分かれます。
こういう昼ごはんひとつとっても、ブログに書く価値があるものであれば、ブログ書きにとっては「おぉ、またネタがひとつ」ということになるのだろうし、あんまりそうでもなければ、がっくりということになるのだろうし。

ブログに書く価値があるというのを1つの尺度として、経験や事物を推し量ると、少し定量化めいたものができるかも知れません。

仮に、ブログ1エントリー分の書く価値があるとすれば、それを「1エントリーバリュー」とし、略して「1EV」と表記する。

すると上記の孫の担々麺はすでにこのブログで2回言及しているので、2EVあるわけで、かなり価値の高いメニューということになります。上の海鮮チャーハンは1EV。

EVの高いランチを探して歩け!

というのも疲れる話なので、たまたま1EVの昼ごはんに遭遇したら、写真を撮って書けばいいだけなのです。

深夜ビールを飲んだ後、眠くてわけのわからないことを書くのは避けなければなりません(謎。

2008feb01































Comment(0)

コメント

コメントを投稿する