オルタナティブ・ブログ > インフラコモンズ今泉の多方面ブログ >

株式会社インフラコモンズ代表取締役の今泉大輔が、現在進行形で取り組んでいるコンシューマ向けITサービス、バイオマス燃料取引の他、これまで関わってきたデータ経営、海外起業、イノベーション、再エネなどの話題について書いて行きます。

「再生可能エネルギーが一番わかる 」(技術評論社)刊行されてます。

»

ごぶさたいたしております。

早速ですが、拙著「再生可能エネルギーが一番わかる」が技術評論社より、今年の6月上旬に刊行されました。「わかりやすい!」と、近くの方からはご好評をいただいております。

中身は、太陽光発電を中心に、風力発電、木質バイオマス発電、メタンガス発電、地熱発電の実務系の知識を述べてあります。特に、固定価格買取制度の下で行う発電事業の準備に欠かせないIRRの算出の仕方や、そもそもIRRって何なのかということの解説などにもページを割いており、類書では説明されていないファイナンス系の知識が身につきます。

目次

第1章 再生可能エネルギーの基礎知識

1 新エネルギーと再生可能エネルギー

2 太陽光発電の基礎知識

3 風力発電の基礎知識

4 バイオマス発電の基礎知識

5 中小水力発電の基礎知識

6 地熱発電の基礎知識

7 その他の再生可能エネルギー

8 再生可能エネルギー固定価格買取制度

9 異業種参入が活発化

10 買取価格と買取期間

 

第2章 固定価格買取制度下のビジネスの基本

1 固定価格買取の意味

2 系統連携協議

3 電気主任技術者の配置

4 資金調達の基本

5 コーポレートファイナンスとプロジェクトファイナンス

6 その他の資金調達形態

7 IRRの概念

8 IRRの意味と読み方

 

第3章 太陽光発電の実務

1 初期設備投資

2 太陽光パネル① 市場環境と日射量

3 太陽光パネル② 価格算出の経緯

4 太陽光パネル③ パネル価格とIRRの関係

5 借地料① 借地料とIRRの関係

6 借地料② 借地料高騰への対策

7 用地選定の条件

8 日射による売上変動

9 用地の広さと出力の関係

10 農地転用の可能性

 

第4章 風力発電事業の実務

1 事業リスクの高い風力発電

2 日本と欧州の風力発電

3 事業収支は風まかせ?

4 立地調査

5 風況調査

6 連系可能量の制約

7 風力発電の環境アセスメント

8 風力発電の適切なIRR

 

第5章 地熱発電事業の実務

1 採算が取りやすくなった地熱発電

2 取り組みの歴史

3 地熱発電の買取価格

4 地熱発電のエネルギー源と発電のしくみ

5 地熱発電の課題

6 地熱発電のコスト

7 地熱発電開発のリードタイム

8 地熱発電の環境アセスメント

9 バイナリー発電の可能性

 

第6章 バイオマス発電の実務

1 木質バイオマス発電は「量」との戦い

2 木質バイオマス発電は「ボイラー」が決め手

3 木質バイオマス発電の種別

4 木質系燃料 木質ペレットと木質チップ

5 バイオガス発電の基本

6 バイオガスでは発電量の見極めが重要

7 バイオマス発電の資金調達

8 自治体と連携する

この本は2012年1月に刊行された「電力供給が一番わかる」が比較的好評だったことから、続編として企画されました。書き始めたのは2012年の半ばぐらいからだったですが、延々引きずって、書き終わるまで丸1年ぐらいかかりました。編集者の方や版元さんには大変にご迷惑をおかけしました。それでも執筆スピードを上げるために、3泊程度の「セルフかんづめ」を計4回ぐらい。千葉のビジネスホテルと甲府のビジネスホテル(こちらは屋上に温泉がある)で敢行しました。あまりはかどりませんでしたが。

Seccho_2

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する