オルタナティブ・ブログ > インフラコモンズ今泉の多方面ブログ >

株式会社インフラコモンズ代表取締役の今泉大輔が、現在進行形で取り組んでいるコンシューマ向けITサービス、バイオマス燃料取引の他、これまで関わってきたデータ経営、海外起業、イノベーション、再エネなどの話題について書いて行きます。

昨日のミッドタウン(2008年1月24日)

»

昨日新宿の某社で[pepoz]の説明をさせていただいた後で、地下鉄大江戸線を使ってミッドタウンに戻ってきてみると、何というか「帰ってきた感」を感じている自分に気づきました。
一番大きいのは、地下鉄六本木駅からミッドタウンのエリアに入ってくると案内の女性が複数立っているのが見え始めて、「あぁミッドタウンだ」と思う、そこですね。

最初はなぜこういった高コストの手厚いサービスを行うのか、率直に言って疑問でした。ミッドタウン全体で常時30名ぐらい(たぶん)の案内の女性が立っています。
しかし、ある程度の日が経って客観的に見られるようになると、その「人がいる」ことが(彼女たちは薄いクリーム色の制服を来ています)圧倒的な差別化点として効いていることに気づきます。
案内の女性が立っている光景が、他のビルとは明らかに違う”目で見てすぐにわかる”ポイントになっているわけです。
それに慣れてみると、客先などへ行ってこのビルに戻ってきた時、「帰ってきたぞ」感が強く感じられるということになります。

ショッピングなどのリピーターでこのビルに何度か来ている方も、たぶん同じような印象を持つと思います。

同ビルのウェブサイトで確かめてみると「おもてなし」をコンセプトにしているということがわかりました。

写真は地下鉄六本木駅から上がってきたKOOTSのあたり。ボケているのは当然ですが歩きながら写しているため。

Jan24


























Comment(0)

コメント

コメントを投稿する