オルタナティブ・ブログ > インフラコモンズ今泉の多方面ブログ >

株式会社インフラコモンズ代表取締役の今泉大輔が、現在進行形で取り組んでいるコンシューマ向けITサービス、バイオマス燃料取引の他、これまで関わってきたデータ経営、海外起業、イノベーション、再エネなどの話題について書いて行きます。

東京事変の「閃光少女」ってエラくよくないか?

»

さっきフジかどこかのBSを見てたら、東京事変のライブをやっていて、曲が自分の耳に入ってくるのかどうか疑わしく、しばらく家族がいる脇で小音量で見ていたのだけれど、「きらめき」という言葉と「最後」という言葉が耳に入ってきた時点で、これはダメだと思ってインターネットにかけこんで検索し、「閃光少女」だとつきとめてiTunesで買いました。インターネットがあってよかった。

これ、ものすごい名曲じゃありませんか?ロックを聴いて育ったすべての諸君が必ず納得する名曲なはず。100回ぐらい繰り返して聴いても擦り切れない。

音楽ネタで投稿するとぐっと引かれてしまうということが傾向として把握されたのですが、それにもめげず。Twitterがメンテ中でこのフレッシュな思いをぶつける場が他にないもので(笑

Comment(4)

コメント

boowy

感覚の敏感なヒトには共通するものがありますね。
年齢は関係なく。
僕は、「閃光少女」の
「一瞬」「焼付け」というワードが
それこそ、一瞬で記憶に焼付けられたわけですけど。

boowyさん、コメントありがとうございます。
奇特な人たちが歌詞をテキストに起こしてくれているので、検索ですぐに曲名がわかりました。詞がいいです。ギターもいいですよね。

4e

iTunes Storeで見かけて、なんとなくで買ってみたのですが(もともと林檎さんは好きでしたし)、打ちのめされました。
過去も未来もかなぐり捨てて、今、現在、この一瞬だけの愛に賭ける、あまりにもストレートなロック。恋人のためなら月をも盗むという歌詞を思い出しました。

4eさん、コメントをありがとうございます。
絶賛セルフ・ヘビー・ローテーション中です。

コメントを投稿する