オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

2019年の転職者数は351万人と過去最多。より良い条件の仕事を探す転職は過去最高に。

»

総務省は2020年2月21日、転職者に関する統計トピックスを公表しました。

増加傾向が続く転職者の状況 ~ 2019 年の転職者数は過去最多 ~

近年、雇用情勢が改善する中で、依然として人手不足感が強い状況が続き、企業においては新卒採用に加えて、積極的に中途採用・経験者採用を行う動きがみられています。

今回は、総務省の労働力調査の詳細集計の結果から、近年増加傾向が続いている転職者の状況についてとりあげたいと思います。

転職者数の推移では、2006年及び2007年(ともに346万人)をピークとして、2008年のリーマン・ショックの発生後、2010年にかけて大きく減少しました。2011年以降は緩やかな増加傾向で推移し、2019年は351万人と、比較可能な2002年以降で過去最多となっています。また、男女別にみると、2002年以降、女性の転職者数が男性をおおむね上回る水準で推移しています。

2020-02-23 124301.jpg

出所:総務省 2020.2

また、転職者比率を年齢階級別にみると、総数に比べて水準の高い15~24歳及び25~34歳では近年ほぼ横ばいで推移していましたが、2019年は前年に比べて大きく上昇し、2008年以来の水準となっています。35歳以上の階級では緩やかな上昇傾向が続いており、特に55~64歳及び65歳以上では2019年に過去最高となっています。

2020-02-23 125003.jpg

出所:総務省 2020.2

転職者について前職の離職理由をみると、事業不振や先行き不安などの「会社都合」により前職を離職した転職者は、リーマン・ショックの翌年の2009年に大きく増加しましたが、2013年以降は減少傾向で推移しています。一方で、「より良い条件の仕事を探すため」は、2013年以降増加傾向で推移しており、2019年は127万人と、2002年以降で過去最多となりっています。

2020-02-23 124621.jpg

出所:総務省 2020.2

転職者について前職の離職理由をみると、事業不振や先行き不安などの「会社都合」により前職を離職した転職者は、リーマン・ショックの翌年の2009年に大きく増加しましたが、2013年以降は減少傾向で推移しています。一方で、「より良い条件の仕事を探すため」は、2013年以降増加傾向で推移しており、2019年は127万人と、2002年以降で過去最多となりっています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する