オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

宇宙分野で活躍する企業と、宇宙産業の現状と将来像

»

政府は2019年11月5日、「宇宙政策委員会 基本政策部会 第3回会合」を開催し、各省庁から宇宙政策の取り組みについて、発表しています。

この中から、総務省の「今後の宇宙ICTの高度化などに向けた取り組み」について、とりあげたいと思います。

宇宙分野で活躍する企業は、輸送輸送システムや人工衛星、宇宙環境、月・惑星探査など、6つのカテゴリに分類しています。

出所:宇宙政策委員会 基本政策部会 2019.11

宇宙産業の市場規模はこの10年で2倍程度拡大していますが、日本の市場規模はほぼ横ばいな状態が続いています。

スクリーンショット 2019-11-18 19.06.04.png

出所:宇宙政策委員会 基本政策部会 2019.11

宇宙産業の分類と将来像では、宇宙産業を以下のとおり、衛生インフラ構築・運用、宇宙探査・友人宇宙活動、衛生活用サービスなど6つに分類しています。また、宇宙プラットフォームや宇宙レジャーなど4つの将来像を検討しています。

スクリーンショット 2019-11-18 19.09.37.png

出所:宇宙政策委員会 基本政策部会 2019.11

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する