オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

政府のAI人材戦略、2025年には、トップクラスは年100人、エキスパートは年2000人、応用基礎は年25万人を育成目標に

»

政府は2019年4月18日、「総合科学技術・イノベーション会議(第43回)」を開催し、AI戦略(人材育成関連)について、議論・検討を行っています。

AI時代に求められる人材育成に関する主な取り組みは、デジタル社会の「読み・書き・そろばん」である「数理・データサイエンス・AI」の基礎などの必要な力を全ての国民が育み、あらゆる分野で人材が活躍する社会を目指しています。

主な取り組みとして、エキスパート、応用基礎、リテラシーの3つに分類し、育成目標として、トップクラスの育成は100人程度/年、エキスパートは2,000人/年を、目指しています。

スクリーンショット 2019-04-23 8.32.56.png

出所:総合科学技術・イノベーション会議(第43回) 2019.4

リテラシー教育では、デジタル社会の「読み・書き・そろばん」である「数理・データサイエンス・AI」の定着に向けて、小学生から社会人まで各段階において長期的に取り組むとしています。

スクリーンショット 2019-04-23 8.38.19.png

出所:総合科学技術・イノベーション会議(第43回) 2019.4

大学におけるリテラシー・応用基礎教育では、2025年までに全学生(50万人/年規模)が「数理・データサイエンス・AI」の基礎を習得可能となる大学教育へ改革を行うとともに、AI×専門分野のダブルメジャーの促進等によるAIを応用する基礎力の習得を目指していくとしています。

スクリーンショット 2019-04-23 8.41.05.png

出所:総合科学技術・イノベーション会議(第43回) 2019.4

エキスパート教育では、先鋭的な人材が自由にその能力を開花・発揮でき、世界の優秀な人材を惹きつける魅力的な環境の整備していくとしています。

スクリーンショット 2019-04-23 8.42.04.png

出所:総合科学技術・イノベーション会議(第43回) 2019.4

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する