オルタナティブ・ブログ > インフラコモンズ今泉の多方面ブログ >

株式会社インフラコモンズ代表取締役の今泉大輔が、現在進行形で取り組んでいるコンシューマ向けITサービス、バイオマス燃料取引の他、これまで関わってきたデータ経営、海外起業、イノベーション、再エネなどの話題について書いて行きます。

個人のマネタイズ

»

メディア・パブ:米国のブロガーって、かなり稼いでいるそうな

-Quote-
上位5万のブログの年間収入は,合計で5億ドルにも達するとのこと。1ブログ当たり100万円を超えることになる。
-Unquote-

サンプリングに無理があるのではないかなぁなどと思ったりもしますが。この投稿で触れられている「ブログのマネタイズ」は、「個人におけるネット空間上の活動のマネタイズ」と読み替えると、非常に古くて新しいテーマだと思います。

私は、自分の活動の結果が直接上がりに結びつくスタイルでやってきて久しいので、「時間をどのように使えば上がりが増えるのか」という点についてすごく興味があります。インターネットが一般に浸透した1995年以来、このテーマ一筋でやってきたと言っても過言ではないぐらい、自分にとって大きなテーマです。

そういう意味で、ネットでたくさんの時間を使っている人たちのマネタイズ意識にすごく興味があります。実はいつもウォッチしています。

一般的にマネタイズは、契約した瞬間にどかんとお金が転がり込むとか、IPOの当日にががんとキャッシュが入り込むというイメージで捉えられています。けれども、真実のところは、マネタイズは1年2年3年と続けていくプロセスにカギがあるのであって、そのプロセスの優劣が結果的に安定した価値につながっていくということなんでしょうね。

努力して改善して小さな達成を連続させていくことのできる環境。そうしたものがあれば、個人のマネタイズも活性化するはずだと考えています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する