オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

【図解】コレ1枚でわかるクラウドの定義

»

「クラウド・コンピューティング」という言葉は、2006年、当時GoogleのCEOを努めていたエリック・シュミットのスピーチがきっかけで使われるようになったことは、先日のブログにて紹介したとおりです。新しい言葉が大好きなIT業界は、時代の変化や自分達の先進性を喧伝し自社の製品やサービスを売り込むためのキャッチコピーとして、この言葉を盛んに使うようになりました。そのおかげで、各社各様の定義が生まれ、市場に様々な誤解や混乱を生みだしてしまったのです。

スクリーンショット 2015-08-20 8.04.29.png

2009年、こんな混乱に終止符を打ち、業界の健全な発展を意図し、米国商務省の配下にある国立標準技術研究所(National Institute of Standards and Technology : 通称NIST)が、「クラウドの定義(The NIST Definition of Cloud Computing)」を発表、いまでは、広く受け入れられています。この定義は、決して特定の技術や規格を意味するものではなく、考え方の枠組みとして、捉えておくといいでしょう。NISTの定義には、次のような記述があります。

「クラウド・コンピューティングとは、ネットワーク、サーバー、ストレージ、アプリケーション、サービスなどの構成可能なコンピューティングリソースの共用プールに対して、便利かつオンデマンドにアクセスでき、最小の管理労力またはサービスプロバイダ間の相互動作によって迅速に提供され利用できるという、モデルのひとつである」。

ひと言で言えば、「コンピューティング資源を必要なとき必要なだけ簡単に使える仕組み」ということです。さらに、様々なクラウドの利用形態を「サービス・モデル(Service Model)」と「配置モデル(Deployment Model)」に分類、また、クラウドに備わっていなくてはならない「5つの必須の特徴」をあげています。

ただ、この定義が、唯一の正解というものではないことにも注意が必要です。テクノロジーの進歩とともに新たな解釈も生まれています。特に、サービス・モデルの解釈は、かなりバリエーションがあります。ただ、クラウド・コンピューティングを理解する上での基本的枠組みとして、広く定着していることもあり、まずは「歴史的基礎」として理解してください。

それでは、まず、「サービス・モデル(Service Model)」と「配置モデル(Deployment Model)」について見てゆくことにしましょう。

サービス・モデル

クラウドをサービスとして提供するシステム資源の違いによって分類する考え方が「サービス・モデル(Service Model)」です。

スクリーンショット 2015-08-20 8.03.23.png

SaaS(Software as a Service)は、電子メールやスケジュール管理、文書作成や表計算、財務会計や販売管理などのアプリケーションをネット越しに提供するサービスです。ユーザーは、アプリケーションを動かすためのハードウエアやOS、ミドルウェアの知識がなくても、アプリケーションについての設定や機能を理解していれば使うことができます。例えば、Salesforce.com、Google Apps、Microsoft Office 365などがあります。

PaaS(Platform as a Service)は、アプリケーションを開発や実行するためのシステム機能をサービスとして提供します。データベース、開発フレームワーク、実行時に必要なライブリーやモジュールを提供します。ユーザーは、インフラ構築や設定に煩わされることなく、アプリケーションを開発し、実行することができます。例えば、Microsoft Azure Platform、Force.com、Google App Engineなどがあげられます。

IaaS(Infrastructure as a Service)は、サーバー、ストレージなどのシステム資源を提供するサービスです。ユーザーは、自分でOSやミドルウェアを導入し、設定を行わなくてはなりません。その上で動かすアプリケーションも自分で用意します。

「所有」するシステムであれば、その都度、ベンダーと交渉し、手続きや据え付け導入作業をしなければなりません。しかしIaaSを使うと、メニュー画面であるセルフサービス・ポータルから、設定するだけで使うことができます。また、ストレージ容量やサーバー数は、必要に応じて、簡単に増減できます。そのスピードと変更に対する柔軟性は、比べものになりません。例えば、Amazon EC2、IIJ GIOクラウド、Google Compute Engineなどがあげられます。

配置モデル

次は、「配置モデル(Deployment Model)」です。システムの設置場所の違いによって、分類しようという考え方です。

スクリーンショット 2015-08-20 8.05.03.png

ひとつは、複数のユーザー企業がインターネットを介して共用するパブリック・クラウドです。これに対して、企業がシステム資源を自社で所有し、自社専用のクラウドとして使用するプライベート・クラウドがあります。

もともとクラウド・コンピューティングは、先に紹介したエリック・シュミットの言葉にもあるように、パブリック・クラウドを説明するものでした。しかし、クラウドの技術を自社で占有するシステムに使えば、利用効率を高め、運用管理の負担を軽減できるとの考えから、プライベート・クラウドという言葉が生まれました。

他にも地域や法令・規制など、共通の関心事によって結びついている組合や業界といった範囲で共同利用するコミュニティ・クラウド、NISTの定義には含まれてはいませんが、「バーチャル・プライベート・クラウド」または、「ホステッド・プライベート・クラウド」という分類も使われています。

「パブリック・クラウドのコストパフォーマンスを享受したいが、他ユーザーの影響を受けるようでは、使い勝手が悪い。また、インターネットを介することでセキュリティの不安も払拭できない。しかし、プライベート・クラウドを自ら構築するだけの技術力も資金力もない。」

こんなニーズに応えようというものです。これらは、パブリック・クラウドのシステム資源の一部を特定のユーザー専用に割り当て、他ユーザーには使わせないようにし、専用線や暗号化されたインターネット(VPN: Virtual Private Network)で接続して、あたかも自社専用のプライベート・クラウドのように利用させるサービスです。

パブリックとプライベートのふたつを組み合わせて利用する形態をハイブリッド・クラウドといいます

募集開始!ITソリューション塾【第20期】・10月開催

いよいよ、今年最後のITソリューション塾・東京を開催いたします。

期間 初回2015年10月6日(火)〜最終回12月10日(木) 18:30〜20:30
回数 全10回
定員 60名
場所 アシスト本社/東京・市ヶ谷
参加費用
9万円(+消費税)
全期間の参加費と資料・教材を含む

>> ITソリューション塾 第20期 詳細のご案内

「最新のITトレンドとビジネス戦略を最新版に更新しました。

テクノロジー編【2015年8月版】(292ページ)

*新規ページを18ページを追加し、全292ページとなりました。
*最新の解説文を25ページ追加した。

・新たにERPの章を設け、18ページのプレゼンテーションを追加
・IoTおよびITインフラ(仮想化とSDI)に関するプレゼンテーションを一部改訂し、解説文を追加
・アナリティクスに関するプレゼンテーションを改訂し、解説文を追加

新入社員研修でご採用頂いています

「情報と処理の基礎は教えているが、クラウドやIoT、ビッグデータは教えていません。」

そんなことで新人達が現場で戸惑いませんか?

平易な解説文と講義に使えるパワーポイントをセットにしてご利用頂けます。

Top1

「【図解】コレ1枚で分かる最新ITトレンド」に掲載されている100枚を越える図表は、ロイヤリティ・フリーのパワーポイントでダウンロードできます。自分の勉強のため、提案書や勉強会の素材として、ご使用下さい。

スクリーンショット 2015-01-18 13.32.13

目次

  • 第0章 最新ITトレンドの全体像を把握する
  • 第1章 クラウドコンピューティング
  • 第2章 モバイルとウェアラブル
  • 第3章 ITインフラ
  • 第4章 IoTとビッグデータ
  • 第5章 スマートマシン

>> 詳しくはこちらをご覧下さい。

Follow Us on Facebook Facebookページを開設しています。「いいね!」やご意見など頂ければ幸いです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する