Various news of ITmedia Alternative BLOG

Rock n Roll all Night! :オルタナ6周年総まとめ

»

6_2 今日は、7月13日。
オルタナブログ6周年から、もう1カ月もたってしまいました。

いやー、楽しかったなあ。「ばんちょ~と遊ぼう」と 命令 お願いしたらさー、オルタナブロガーの皆さんがワッセワッセとブログを書いてくれるんだもの。オルタナブログが「6」まみれになって、ウシャシャシャと笑ってしまいましたよ。

ではでは、一挙ご紹介しましょうか。
今回は、テーマごとのご紹介です。皆さんいろいろな切り口で書いてくれました。

※写真提供は名古屋の中村さん。ブログを書くタイミングを失ったとかで、庭のジャガイモの写真を送ってくれました(どうせなら写真ではなくジャガイモを送ってくれればいいのに、ぶつぶつぶつ……)

【ばんちょ~のお題】

  • ロックでクール!オルタナブログ6周年

  •  

    【ブログ】

  • 6年経って、ブログは廃れていないのがすごい
  • 持ちあげられたり、もう終わりだと言われたり、ブログもいろいろありました。

  • 「シックス」に支えられて成長したオルタナ
  • 英語で六畳間のことを「シックス・アパート」と言うのだと思っていましたよ、わたしゃ。

  • 祝オルタナブログ6周年:私のPV数トップ6を発表!
  • 個人的には、3位が1番好き。

  • 7のチカラはマルハンだけど、オルタナブログは6周年
  • オルタナは竹になれたかなあ

  • オルタナティブ・ブログ6周年「ビジネスブロガーインキュベーターへの道」
  • メゲナイ強さ。

  • 6周年 アイコンの写真をどうしたものか
  • 6年前は、女性がWebで顔写真をさらすのはとても勇気のいることでした。

  • オルタナ6周年おめでとうございます!
  • 100年後もオルタナが続いていたら、スゴイよね。

  • もう1年経ったんですね (6周年おめでとう!!)
  • 継続は力なり(変化はするけどね)。

  • 祝・オルタナ6周年。祝・「永井孝尚のMM21」も5.4周年(小数点2桁繰上げ)。
  • 不惑(2045年)までは書いてくれるって!

  • 祝オルタナティブブログ6周年:ネットとリアルの融合
  • リアルとネットが融合すると、喜びも結束もデカくなる。

  • 当ブログ過去記事のSBM率を分析してみた
  • オルタナティブブロガーのブログ継続率の分析、見たいなあ、見たいなあ、見たいなあ

     

    【テクノロジー】

  • 6年前は、Pocket PCで.NET Compact Framework、今はMangoでSilverlight! ―「オルタナブログ6周年」―
  • テクノロジーの進化、矢のごとし。6年後はどんな未来が待っているんだろう。

  • 6周年おめでとうございまーす。6といえば、IPv6ですよねっ。
  • もちろんIPv6です。どうしてもこの話題について書いてもらいたくて、襲うようにくどいて前村さんにブロガーになってもらったことを思い出しました。

  • 第24回 オルタナブログ6周年 - 6歳の娘が使いこなす Windows7 -
  • 今どきの6歳ってスゴイ。

  • 6周年にちなんで
  • IE6、コイツには未だに泣かされます。

  • オルタナブログ6周年なので、6年前のインターネットと現在のインターネットを比べてみる。
  • ITジャーナリストの松岡さんは、Netscapeと書かれたジャージを持っています。「うわー、過去の遺物」とか言うと、「俺のコトかーっ!」と怒ります(松岡さんは現役のイケイケです)

  • 6つのSNSを引き合いにITの6年を振り返る満6ヶ月のブログ
  • ネットがなければ人と知り合えない人は、ネットの外にでたら化けの皮が剥がれるんだよねー、とイジワルなことをたまに思います

  • 【後だし】祝オルタナブログ6周年~目の前を走り過ぎ去った6つのM
  • Mac 40万円だったのかあ。ハードが安くなったのもテクノロジーの進化ですね

     

    【わたしの歴史】

  • オルタナティブ・ブログ6周年:社長としての6年
  • 小俣さんって生まれつきの社長(リーダー)のような気がしていました。

  • 6年前に聴いたスピーチが自分の原点の一つ
  • 点を築き、点をつなぐ。人生だけではなく、もっと大きなものもそうやって広がっていくのかなあと思いました(オルタナも、毎日点の積み重ね)。

  • 小学六年生 (祝!オルタナ6周年!)
  • 年を重ねてから振り返ると、実は尊いものだった経験ってありますよねえ。

  • 東北大学川島教授との共同研究の日々、改めて「脳トレ」を考えるきっかけをいただきました!祝6周年投稿
  • ブログ執筆も脳トレの1種かもしれないと、ふと思いました。

  • おめでとうございます!6年前を振り返って
  • 佐川さんは思ったことが“叶ってる”ではなく、“叶えてる”なのだな(能動的)。

  • 6エントリー目:スキーオリエンテーリングもパワーランチもどちらも健在!
  • 「継続する」っていうと、辛く苦しいイメージがあるけれど、マリコさんの場合は明るく・正しく・ニコニコとなのです。ステキー。

  • オルタナティブ・ブログ6歳おめでとう
  • 6年前は、スキーのチャンピオンがビジネスブログを書く日が来るなんて、誰も思ってなかったんじゃないかな。

  • オルタナ6周年にすっかり出遅れて・・・。
  • 6年の重み=10kg……。

  • 6周年のオルタナブログ先輩へ
  • 来年も「7周年」「ぼくも7年目」「いや、そんな話は聞いてねぇよ」という会話をしそうな予感がします。

  • 【お祝いと感謝】オルタナティブ・ブログとともに成長を感じた6年間
  • オルタナブログで誰が成長したって、林さんほど成長した人はいないでしょう。プロフィールに記載する内容が年々濃くなっていくのが、頼もしいやら嬉しいやら

  • 6年前の自分には何があったのか
  • この人も運命変わりました。ご本人は変わっていないのだけれど。

  • 【祝6周年】―おめでとう、そして、ありがとう
  • 6年前に夢想した自分よりも、今の自分の方が素敵なら、それは本当に幸せなこと。

  • 6年前、今、そして次の6年を考えてみる
  • 自分はどう考えているか、を見ず知らずの人にしらせるって、よく考えたらスゴイことだ

  • オルタナブログ6年、わたくし1年。
  • 普通であり続ける、普通の感覚を忘れないって、実は結構大変。

  • オルタナブログ君6年生おめでとう!6年生の時と変わらないものって!?
  • 6年生=1999年って、どんだけ若いんだ!(空野さんはYMOを知らなかった)

  • はじめまして!6年目のオルタナブログと私
  • この人も若い。そのうち、オルタナと同い年のブロガーとか誕生するのだろうなあ

  • 6年前の自分はどんなだっただろう
  • とっても誠実な文章でぽんわりします。島田さんのように真面目な方が多いのも、オルタナの特徴です。

  • 6年で変わったこと、変わらないこと。
  • 6年前の自分が想像もできなかった自分になっているから、人生っておもしろい。

     

    【6】

  • 6のエピソード
  • 「6」に関するウンチクをたくさん披露してくれました。大野さん、引き出し多いなあ。

  • 祝!オルタナティブブログ6周年
  • インドの数学で「6」を語る。これね、雰囲気のよいバーなどでやられたら惚れちゃうかも。

  • 祝!!!>>>『本日 ITmedia オルタナティブ・ブログは、6周年を迎えました!ワー!ワー!ワーーーーッ!』
  • 60年代があるから、今があるのだね。

  • 『6』の思い出
  • 6が3つで悪魔の子。9が3つだと宇宙を走る鉄道になるのにね。

  • オルタナブログ6周年と「舘野泉のピアニズム」
  • 第6の指を持つ強さ。素敵なお話です。

  • 【祝・オルタナブログ6周年!】「6(ろく、ロク・・・)をテーマにといえば、六角形(hexagon)→Honeycomb
  • 六角形は強いのかー(わたしも強いぞ)。

  • 6周年おめでとうございます
  • 「スコパラ」ではありません、「しょうぱら」です。

  • 【祝!オルタナティブブログ6周年】6と聞いて「これ」が浮かんできた
  • ミツカン酢のマークみたいと思ったわたしはアホーだな。

  • 中東インフラ市場のすごさがわかる6本の記事
  • すべての物事は“途上にいる”という真実

  • 【6周年お祝い】1年って早いな。継続はチカラで。
  • 細く長く「6万」キロ。

     

    【ろく】

  • 六 ろく ロク 録 禄 呂久 ...
  • ろくでなしといえば、梅垣さんのグリーン豆。

     

    【野球】

  • 2番・セカンド土井 背番号 6
  • 渋ごのみのオルタナブロガーは、野球もシブい選手が好きなのね。

  • 祝オルタナ6周年。私事ですが6冊目の本が発売されます
  • この方もシブ好み。ご家族は天真爛漫だ。

     

    【ロケンロール】

  • 6にまつわるエトセトラ(番長とあそぼう)
  • ばんちょ~はね、ユーライアヒープとフォーカスが好き

  • 番長と遊ぼう~オルタナ6周年 オヤジなのにハードロックが好きなわけ
  • Highway starのソロが弾けないギタリストは「人ではない」、これは世界の常識です

  • リストの魂はロックスターに受け継がれているのだ
  • クラシックのイメージが強い永井千佳さんが、実はインギーも好きだと分かった貴重なエントリーです

  • レッツ、ロケンロール
  • ご本人登場の大作です。こうしてみると、オルタナすごい規模ですね。

    ◆◆◆

    では、最後はこれでしめましょうか。
    ヘイ エビバデー、レッツ ロケンロール

    Comment(1)

    コメント

    66666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666(140文字で止めときましたw)

    コメントを投稿する