世界を変える為のオピニオンをソーシャルメディア×グローバル×マーケティングを軸に発信していくブログ

はじめまして!6年目のオルタナブログと私

»
Blank

はじめまして、金城辰一郎(キンジョウシンイチロウ)と申します。

まずはオルタナティブ・ブログ6周年おめでとうございます。
偶然にも記念すべき6周年目の週から
ブロガーとしてデビューさせて頂いたことを大変嬉しく思います。

私の説明を簡単にさせて下さい。

株式会社クラッチという広告代理店に2010年、
新卒として入社し現在は営業職を得て
マーケティングの専任担当として働いております。
沖縄出身の23歳で、まだオルタナブロガーの中では
若い方だと思いますが、精力的に私の価値観を
発信していきたいと思ってます。

実は会社でも「ソーシャルメディアのハンパない状況」という
Facebookの情報を中心としたブログを書かせて頂いているのですが、
オルタナブログではソーシャルメディアが創りだす未来について
私なりの考察を行っていきたいと考えています。

実は先日、まだブロガーデビュー
していないにも関わらず、
ありがたいことにオルタナ定例
ミーティングに参加させて頂きました。
その際に聞いたところによると、
このオルタナブログは企画構成から
たった一ヶ月で立ち上げに至ったものだそうです。

それが今では日本を代表する
IT系のブログメディアとしての地位を築いています。

また、ちょうど定例mtgの翌日には
オルタナブロガーでもある大元隆志さんが
主催されているソーシャルカンファレンス2011に
参加したのですが、そこで印象に残ったのが
ブレークスルーパートナーズ赤羽さんのお話しです。

「サービスをさっさと作って、その後に会社を作ればいい」
いう、リーンスタートアップについてのお話だったのですが、
オルタナブログの立ち上げ秘話を思い出す内容でした。

面白いと思ったサービスならば、強い意志を持ち
スピード感を意識してすぐに始めろということです。

今の時代は、
安価なクラウドやAPIを公開している
プラットフォームの充実で非常に動きやすい
世の中になっていることですし、
ソーシャルメディアを有効に活用して、
自分のアイデアを世界に発信する事も容易になっています。
20分でiPhoneのゲームも作れます。

これからの時代は
「動いて世界を変えるヤツと動かないで寝ているヤツ」
別れると仰っていた点にも刺激を貰いました。

このオルタナティブ・ブログも6年前に
なりますが、当時の担当の方々が
頑張って動いてくれた結果、
今があるのではないのでしょうか。

Facebookなどが立ち上がった時など
まさにそうですが、何か世界を変える
サービスというのはローンチやスケールの
スピード感というのが凄まじいという印象があります。

私自身も実経験を通して多くの
マーケティングに関する経験を
させて頂いています。
そういった経験や知識の
インプットやアウトプットを行っていきながら
オルタナブロガーの先輩の方々以上に、
ソーシャルメディアを活用した
日々の生活のアップデート方法などを
発信していきたいと思います。

今後とも末長くよろしくお願い致します。

Blank
Comment(5)

コメント

先日のオルタナ定例ミーティングではありがとうございました。
ソーシャルメディアについての情報発信、期待しています。
私はまだソーシャルメディア初心者なので勉強させていただきます!

先日のアサカツではどーもです!!
オルタナデビューおめでとうございます!!
引き続きよろしくお願いします。

6周年ウイークに、カレーなるデビューおめでとう!
まっすぐな気持ちとガッツあふれる行動力で、活躍してくださいね。
Go!Go!

金城さん、いらっしゃい!
ブログを楽しんでくださいね。

堀江さん>コメントありがとうございます。
     こちらこそお話して頂きましてありがとうございました。
     とても話しやすくて堀江さんがいらっしゃって安心しました!こちらこそ!           ブログでも今度の定例会でもよろしくお願いします。

芝辻さん>先日はどうもです!また朝活楽しみましょう!
     それ以外にも、セミナーなどでお会いする機会も
     あるかと思いますが、ぜひぜひよろしくお願い致します!

番長さん>賛辞のお言葉ありがとうございます!
     本当に金曜日に間に合ってよかったです。攻めの姿勢を崩さず、
     アツイ思いを書き殴っていきたいと思います!

大木さん>ありがとうございます。先日はご挨拶遅れてしまい、失礼致しました。
     私もappleのガジェットLoveなので、今度詳しくお話を
     お聞かせ頂けたら嬉しいです!よろしくお願い致します。

コメントを投稿する