オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

Apple Watch Series 5の常時点灯で、バッテリーの消費はどうなったのか

»

初代Apple Watchが登場して5年目。満を持して、カラー表示で常時点灯が実現されました。歴代すべてのApple Watchを使ってきた人間として、とても嬉しいことです。

会議中に、腕時計を盗み見することってありません?でも、今までのApple Watchだと、露骨な感じになってしまい、

「あ、お時間大丈夫ですか?」

なんて、相手に気を遣わせてしまうことになっていました。まあ、MacBookやiPadを見れば時間は分かるのですが、ついつい腕を見てしまうのは、長年の腕時計生活の名残だと感じています。

さて、このApple Watch Series 5の常時点灯は、バッテリーにどう影響しているか。僕自身使ってみて、たしかに少しバッテリーの持ちが悪くなったような感じがしました。まあ、とは言っても、僕の場合には、家に帰ったら普通の腕同系同様に外すので、終日使う分には問題ありません。

そして、そこにパフォーマンス改善を施したwatch 0S 6.1が登場してくれまして、このおかげで一段とバッテリーの消費が抑えられているようです。おかげで、常時点灯ながら以前と同様に使えるようになった気がします。

Apple Watchは、Amazonでいろいろなリーズナブルなバンドを買って、いろいろと付け替えて楽しんでます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する