オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

転職するときに、現実逃避になるのか、行きたい会社を絞るのか

»

転職活動に関してこんな記事がありました。なるほど、1社目で決まる人が多いというのはいいことだなあ、と感じます。それだけ行きたい会社がはっきりしていて、さらに相思相愛になれるということでしょうから。

一方で、今の会社がイヤだから、と辞める人は少なくありませんよね。それはそうだと思います。まずはそこからスタートする人が大半でしょうから。その中で、過去はともかく、自分がやりたいことを考え、それを実現できそうな会社を探して応募する。そこで採用になればいいですね。

しかし、やりたいことは不明確、とにかく「今がイヤ」だけで辞めてしまい、次も曖昧なまま応募し、採用する側から見れば「本気でうちに応募してますか?」と聞きたくなるようでは、5社、10社と応募したところで、なかなか採用にならないでしょうしね。

逆に考えれば、辞めたくなってもやりたいことが明確になるまでは辞めない、という選択があるということだと思います。つい「辞めたい」なんて口にだす人がいますが、それは言わない。心の中にじっと締まっておき、やりたいことが明確になり、行きたい会社もはっきりしてから動き出す。それでも遅くないと思いますね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する