オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

2020年 SIビジネス・10大予想 予想9:クラウド・ネイティブへの対応の差がSI事業の業績に決定的な差を生みだす

»

予想4:オンプレミスにクラウド・ネイティブが浸透する」でも述べたとおり、オンプレミスには、パブリック・クラウドのテクノロジーが持ち込まれ、両者の仕組みをパブリック・クラウド側から一元的に管理・運用するようになる。このような時代になると、クラウドのスキルがない事業者はオンプレミスからもビジネス・チャンスを奪われてしまうだろう。

改めて、基本に立ち返れば、ユーザー企業が情報システムに求めているのは、アプリケーション・ロジックだ。さらに突き詰めれば、「現場のニーズにジャストインタイムでサービスを提供すること」である。

つまり、ユーザー企業は、情報システムを構築し納品してもらうことではなく、現場が必要とするITサービスを必要な時に直ちに提供してもらうことであり、現場のニーズが変化したら直ちに対応してITサービスをアップデートしてくれることを求めている。ITサービスが企業の収益に直結する時代となって、この「基本」はますます重要性を高めていると言えるだろう。

現場のニーズが変化し、システムの仕様が変わることは、ビジネスの視点で見れば、正しいことだ。なぜなら、その変化に対応して、売上や利益、顧客満足を高められるから、ビジネスの成果に直ちに結びつく。一方、システムの立場から見れば、それは仕様変更でありシステムの修正という手間のかかる仕事になるわけで、嫌がられることになる。

この両者の対立関係を解消しなければ、ビジネスの成果に貢献するITを実現することはできない。だから、インフラやプラットフォームなどのビジネスの成果に直接的に貢献しないところはクラウド・サービスにアウトソーシングして、アプリケーション開発者は、アプリケーションのロジックに専念しようというのは、極めて真っ当な発想といえる。

スクリーンショット 2020-01-21 7.03.30.png

それを支えるテクノロジーがサーバーレス/FaaS、コンテナ、マイクロ・サービス・アーキテクチャなどにより構成される「クラウド・ネイティブ」だ。

SI事業者の中には、未だオンプレミスの物理マシンを仮想化し、パブリック・クラウドのIaaSヘの引越し(リフト)を「クラウド・インテグレーション」と称し、それを、今後のSI事業の主軸に据えようとの考えを持っているところがあるが、これはユーザー企業に恩恵をもたらすことはない。アプリケーションは何も変わらず、運用管理の負担もたいして軽減されることはないし、開発のスピードも変わらない。場合によっては、両者のアーキテクチャの違いからスループットの劣化やコンプライアンス上の問題を抱える可能性すらある。

もちろん過渡的な対策として、リフトを否定するものではないが、その先の「クラウド・ネイティブ」への移行(シフト)あるいは、既存システムの廃棄を想定した取り組みでなければ、上述した「基本」を満たすことはできない。

AIIoTといったビジネスに変革をもたらすテクノロジーを活かすにも、もはや「クラウド・ネイティブ」が前提となっていることも多い。それができない企業は、新しいユーザー企業のニーズに対応できず、既存システムの寿命が尽きるまでの改修や保守、運用管理の需要に対応することに仕事が限定されてしまうだろう。

もはや「クラウド・ネイティブ」はオンプレミスも含めて前提になろうとしている。それを支える方法論として、アジャイル開発やDevOpsも前提となる。

このように考えてゆくと、「クラウド・ネイティブ」への対応の差がSI事業の業績に決定的な差を生みだすことになるのは、時間の問題と言えるだろう。

2020年 SIビジネス・10大予想 

【定員間近】第33期 ITソリューション塾

遠隔地からもオンライン(ライブと録画)でご参加いただけます。

ITソリューション塾・第33期(2月4日開講)の募集を開始しました。
既に多くの方からお申し込みをいただき、定員間近となっております。

デジタル・トランスフォーメーションを軸に、AIやIoT、クラウドやインフラ、これからのビジネス戦略について、体系的かつ網羅的に整理してゆきます。
特にDXについては、事業戦略や実践と絡めながら丁寧に話をしていこうと考えています。

次の特別講師にもご登壇頂きます。

  • デジタル・トランスフォーメーションと次世代ERP・SAP Japan 社長 福田譲 氏
  • ゼロトラスト・ネットワーク・セキュリティとビジネス戦略・日本マイクロソフト CSO  河野省二 氏
  • アジャイル開発とDevOpsの実践・戦略スタッフ・サービス・代表取締役 戸田孝一郎 氏
  • ソフトウェア ファースト・Tably株式会社(テーブリー株式会社) 代表取締役 Technology Enabler 及川 卓也 氏

ぜひ、ご参加下さい。

  • 日程 初回2020年2月4日(火)〜最終回4月18日(水)
  • 毎週18:30〜20:30
  • 回数 全10回+特別補講
  • 定員 80名
  • 会場 アシスト本社/東京・市ヶ谷
  • 料金 ¥90,000- (税込み¥99,000)全期間の参加費と資料・教材を含む参加登録された方はオンライン(ライブと録画)でも受講頂けます。

「コレ1枚」シリーズの最新版 2017年の第2版から全面改訂

新しく、分かりやすく、かっこよく作り直しました

デジタル・トランスフォーメーション、ディープラーニング、モノのサービス化、MaaS、ブロックチェーン、量子コンピュータ、サーバーレス/FaaS、アジャイル開発とDevOps、マイクロサービス、コンテナなどなど 最新のキーワードをコレ1枚で解説

144ページのパワーポイントをロイヤリティフリーで差し上げます

デジタルってなぁに、何が変わるの、どうすればいいの?そんな問いにも簡潔な説明でお答えしています。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー

【1月度のコンテンツを更新しました】
・総集編の構成を1日研修教材としてそのまま使えるように再構成しました。
・最新・ITソリューション塾の講義資料を公開しました。
======
総集編
【改訂】総集編 2019年1月版・最新の資料を反映しました。

パッケージ編
ITソリューション塾(第32期)
【改訂】これからのビジネス戦略

======
ビジネス戦略編
【改訂】変革とは何か p.4
【新規】テクノロジーによる産業構造の転換 p.7
【新規】イノベーション p.10
【新規】イノベーションの本質 p.11
【改訂】デジタル・トランスフォーメーションとは何か p.36
【改訂】複雑性を排除してイノベーションを加速する p.57
【新規】最適な解決策を見つけ出すためのデザイン思考 p.87
【新規】新規事業の成功確率を高めるリーン・スタートアップ p.88
【新規】SI事業者の抱える3つの不都合な真実 p.183
【新規】情シスへの依存がビジネスを萎縮させている(1) p.184
【新規】情シスへの依存がビジネスを萎縮させている(2) p.185
【新規】情シスへの依存がビジネスを萎縮させている(3) p.186
【新規】新しいデマンドを開拓できない(1) p.187
【新規】新しいデマンドを開拓できない(2) p.188
【新規】新しいデマンドを開拓できない(3) p.189
【新規】「木こりのジレンマ」に陥っている p.190
【新規】ITビジネスのトレンド p.191

ITインフラとプラットフォーム編
【改訂】ソフトウェア化するインフラストラクチャー p.62
【新規】パスワード認証のリスク p.109
【新規】FIDO2による認証プロセス p.110
【新規】FIDO2とSSO p.111
【新規】本人認証の方法 p.112

クラウド・コンピューティング編
【新規】クラウドがもたらす本質的な変化 p.21

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【新規】Googleが発表した自然言語処理モデル BERT p.88
【新規】新しい学習法 p.105

テクノロジー・トピックス編
【新規】ムーアの法則 p.6

下記につきましては、変更はありません。
 開発と運用編
 サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
 サービス&アプリケーション・基本編
 ITの歴史と最新のトレンド編

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する