オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

2020年 SIビジネス・10大予想 予想4:オンプレミスにクラウド・ネイティブが浸透する

»

Tech-Specs_Outposts_Optimized-Final.bc5857008e2d5f11b3d10a940d1b3d09290eb6a1.jpg

昨年の12月、AWS Outpostsが正式にリリースされた。AWS OutpostsAWSのインフラを24インチラックに収め、ユーザー企業のデータセンター、すなわちオンプレミスに設置する製品だ。AWSのコンソールから管理でき、AWSと同じAPIが利用でき、AWSのリージョンとシームレスに接続可能で、メンテナンスや運用管理はすべてAWSのマネージドサービスとして提供される。今年は、そのVMware版であるVMware Cloud on AWS Outpostsもリリースされ、こちらもフル・マネージドサービスで提供される。導入はAWSが行うとしている。

HCIの老舗であるNutanixは、ソフトウェア製品であるNutanix Enterprise Cloud OSを提供し、オンプレミスのサーバーにこれを導入してHCI環境を構築できるだけでなく、AWSMicrosoft Azureなどのベアメタル・サービス上に導入し、オンプレミスとパブリック・クラウドのシームレスなHCI環境を構築できる製品を普及させようとしている。

Microsoft S2d(Storage Spaces Direct)Azure Stackでもパブリック・クラウドサービスであるAzureとの組合せにより、同様のHCI環境が構築できる。

また、Googleは、コンテナ管理ツール「Kubernetes」をオンプレミス環境で稼働させるGKE On-Premを提供し、コンテナでのシステム運用をオンプレミスとパブリックでシームレスに行えるようにしている。これらをマネージドで運用するAnthosとの連係で運用負担も削減される。

IBMRedHatを買収しOpenShiftを手に入れ、オンプレミスやパブリック・クラウドに依存することなく、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドのデプロイメントの自動運用を実現している。IBMはこれをIBM Cloudのマネージド・サービスとして提供している。

このような一連の動向は、インフラ構築や運用環境の整備、運用管理業務の派遣といったSI事業者の工数需要の多くを不要にするものだ。

また、この流れの先にあるのは、オンプレミスのクラウド・ネイティブ化が進むことである。パブリック・クラウドが既にそうであるように、アプリケーションの開発や実行は、コンテナ、マイクロサービス、サーバーレスなどのクラウド・ネイティブへとシフトしつつあり、それをハイブリッドやマルチクラウドで利用するというのがトレンドとなるだろう。

クラウド・ネイティブができないSI事業者は、アプリケーション開発に於いても顧客のニーズに応えることができず、ここでもビジネス・チャンスを失うことになる。

ただし、工数需要がなくなることはない。クラウド・ネイティブを積極的に使おうというのはユーザー企業の内製化をすすめている事業部門が主体となるだろう。SI事業者が直接の顧客としている情報システム部門が主管する既存システムの改修や保守、運用管理は、当面これまでのやり方を踏襲する。ただし、DXや「攻めのIT」といった取り組みは、事業部門が主導することになるだろうから、クラウド・ネイティブのスキルがなければ、この取り組みからは除外される。

また、既存システムであっても、クラウド化や自動化をすすめようという動きもあり、ここに一定の需要は創出されるが、その先の需要は減少することは避けられない。

2020年 SIビジネス・10大予想 

【募集中】第33期 ITソリューション塾

遠隔地からもオンライン(ライブと録画)でご参加いただけます。

ITソリューション塾・第33期(2月4日開講)の募集を開始しました。
既に多くの方からお申し込みをいただいております。

デジタル・トランスフォーメーションを軸に、AIやIoT、クラウドやインフラ、これからのビジネス戦略について、体系的かつ網羅的に整理してゆきます。
特にDXについては、事業戦略や実践と絡めながら丁寧に話をしていこうと考えています。

次の特別講師にもご登壇頂きます。

  • デジタル・トランスフォーメーションと次世代ERP・SAP Japan 社長 福田譲 氏
  • ゼロトラスト・ネットワーク・セキュリティとビジネス戦略・日本マイクロソフト CSO  河野省二 氏
  • アジャイル開発とDevOpsの実践・戦略スタッフ・サービス・代表取締役 戸田孝一郎 氏
  • ソフトウェア ファースト・Tably株式会社(テーブリー株式会社) 代表取締役 Technology Enabler 及川 卓也 氏

ぜひ、ご参加下さい。

  • 日程 初回2020年2月4日(火)〜最終回4月18日(水)
  • 毎週18:30〜20:30
  • 回数 全10回+特別補講
  • 定員 80名
  • 会場 アシスト本社/東京・市ヶ谷
  • 料金 ¥90,000- (税込み¥99,000)全期間の参加費と資料・教材を含む参加登録された方はオンライン(ライブと録画)でも受講頂けます。

「コレ1枚」シリーズの最新版 2017年の第2版から全面改訂

新しく、分かりやすく、かっこよく作り直しました

デジタル・トランスフォーメーション、ディープラーニング、モノのサービス化、MaaS、ブロックチェーン、量子コンピュータ、サーバーレス/FaaS、アジャイル開発とDevOps、マイクロサービス、コンテナなどなど 最新のキーワードをコレ1枚で解説

144ページのパワーポイントをロイヤリティフリーで差し上げます

デジタルってなぁに、何が変わるの、どうすればいいの?そんな問いにも簡潔な説明でお答えしています。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー

【1月度のコンテンツを更新しました】
・総集編の構成を1日研修教材としてそのまま使えるように再構成しました。
・最新・ITソリューション塾の講義資料を公開しました。
======
総集編
【改訂】総集編 2019年1月版・最新の資料を反映しました。

パッケージ編
ITソリューション塾(第32期)
【改訂】これからのビジネス戦略

======
ビジネス戦略編
【改訂】変革とは何か p.4
【新規】テクノロジーによる産業構造の転換 p.7
【新規】イノベーション p.10
【新規】イノベーションの本質 p.11
【改訂】デジタル・トランスフォーメーションとは何か p.36
【改訂】複雑性を排除してイノベーションを加速する p.57
【新規】最適な解決策を見つけ出すためのデザイン思考 p.87
【新規】新規事業の成功確率を高めるリーン・スタートアップ p.88
【新規】SI事業者の抱える3つの不都合な真実 p.183
【新規】情シスへの依存がビジネスを萎縮させている(1) p.184
【新規】情シスへの依存がビジネスを萎縮させている(2) p.185
【新規】情シスへの依存がビジネスを萎縮させている(3) p.186
【新規】新しいデマンドを開拓できない(1) p.187
【新規】新しいデマンドを開拓できない(2) p.188
【新規】新しいデマンドを開拓できない(3) p.189
【新規】「木こりのジレンマ」に陥っている p.190
【新規】ITビジネスのトレンド p.191

ITインフラとプラットフォーム編
【改訂】ソフトウェア化するインフラストラクチャー p.62
【新規】パスワード認証のリスク p.109
【新規】FIDO2による認証プロセス p.110
【新規】FIDO2とSSO p.111
【新規】本人認証の方法 p.112

クラウド・コンピューティング編
【新規】クラウドがもたらす本質的な変化 p.21

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【新規】Googleが発表した自然言語処理モデル BERT p.88
【新規】新しい学習法 p.105

テクノロジー・トピックス編
【新規】ムーアの法則 p.6

下記につきましては、変更はありません。
 開発と運用編
 サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
 サービス&アプリケーション・基本編
 ITの歴史と最新のトレンド編

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する