オルタナティブ・ブログ > 平凡でもフルーツでもなく、、、 >

感覚人間の思いつき、、、気になった記事、、、雑記等

【再掲】CDにはやはり値打ちがある?

»

大塚さんの「音楽ソフトのパッケージは捨てても平気? 」を読みつつ、以前に書いたエントリーの再掲と、自分なりの思いをちょっと追記しておきます。

自分がCDの円盤を捨てるときって、ライナーノーツを無くしてしまった時がひとつのきっかけになっているような気がします。わたしにとってはライナーノーツって本の前書きとあとがきみたいなもんで、その音楽を解釈する上で必要不可欠な存在だったりするんですよね。

あと、BGMとして聞ける音楽といまだにCDプレーヤを使って聞かないと気がすまないCDとか、かならず腕組みしながら聞いてしまうCDや下手すると正座して聞かないと(正確にはソファとかに座って聞いていますけど、その楽曲がスタートして終わるまで誰かに声を掛けられると絶対に不機嫌になってしまうとか、とりあえずその曲を聴いている間は雑音に触れたくないって心境で音楽を聴く時間は存在します)という楽曲もあったりしますね(苦笑)

ミキシングエンジニアを養成するための専門学校でまず最初に習ったことは、いかに各楽器を立体的に配置していくかを絵に書いてみるという事でした。

目の前に居るようなボーカル、両耳に張り付くようなピアノのバッキング、頭の上から降ってくるようなストリングス、目の前を通過するようなシンセなどなど、、、演奏自体も当然楽しむ対象なんですけど、3分なり5分なりの演奏時間で各楽器の音がさまざまなエフェクト処理をされて、音量やパン(ステレオ音源においての音の配置)の調整をされている様子を聴き込んでいくのは、クラシック音楽や有名絵画についての歴史を紐解きながら鑑賞するのと同等の楽しみが存在すると自分では思っていて、そのアナライズのために、レコーディングの状況やら参加ミュージシャンのラインナップが記載されているライナーノーツって凄くわたしにとっては重要な役割果たしているんですよね。

ちなみに世の中に絶対壊れずに(データ消失しない)、今後発売されるであろうPCやネットワーク環境・規格から絶対にレガシー機器にならない保障してくれるハードディスクが発売されて、SACD程度の音質でロスレス・デジタル保存できるなら、メディアは捨てる覚悟は出来るかもしれませんが、ライナーノーツはやっぱり捨てないかもしれません(苦笑)


再掲記事(オリジナルは2008/01/21掲載)

下北のライブハウスに以前レコーディングで参加させてもらったアーティスト「Tammy」さんのライブがあったので遊びに行ってきました。(彼女のディスコグラフィはこちらのページでご覧いただけます。試聴も可能です!)

わたしが参加したのは1stミニアルバム「himawari」って2003年の作品で、山下達郎氏の名曲「Sparkle」のカバー曲をやるというので、ミキシングとギターをやらせていただいたのですが、このアルバム現在ではHMVなど一部のショップ経由でしかCDは手に入らないようで、定価2,100円のCDがamazonで中古で最安値7,332円で出品されています(驚)

ちなみにこのアルバムiTunes Music Storeでダウンロード販売されていているのですが、現物の中古盤にこういう値が付くというのはやはりCDという形のあるものにはプレミアが付くものなのかな、、、と不思議な感じがしました。

あとダウンロード販売でちょっと思ったのですが、自分の場合、気に入ったアーティストのプロデューサーとかアレンジャー、それぞれのミュージシャンの名前をアルバムのライナーノーツを見ていろいろ買うものが増えていったりして、それが結果的に音楽的な引き出しを増やしていくことに繋がったのですが、ダウンロード販売だとそういう情報ってリスナーのとこに届かない可能性大きくなりますよね、、、、(謎)

1曲ピンポイント買いが出来るのはそれはそれで有り難かったりもしますけど、イマドキはあんまりそういう買い方(参加ミュージシャン繋がりとか)する人いないのかもしれませんね。

レコード屋(CD屋という時代ではありませんでした)でジャケット買い、、、中身的には大失敗!とかいろいろあったのを思い出してしまいました(苦笑)


このエントリーの続きはこちら

関連記事

Comment(4)

コメント

Ifreeta

所有することに執着するか否かに落ち着くような気がします。

ささき

Ifreetaさん、早速のコメント感謝です。

ericさんと音ガ同関係のネタでコメントやりとりした際にも、ポイントになったのは「皆が楽しめる」=「カジュアル化」がもたらすことで経済活動的な面と、その分野の裾野は広がるが、どうしても薄まってしまう、、、という懸念についてでした。

レコード会社自身もアーティストの使い捨てやってきた側面もあるじゃん、、、という話題になってしまうと話が終わらなくなってしまいますけど(苦笑)

あくまで経済活動優先でマーケットを広げていくことが企業経営の最大課題になっている現在、わたしも大塚さんと同様に、

>聞き飽きたらどうやって捨てるかを心配する必要もなく、ただメモリ上から消せば良いからというのがあるのだろうなと思う。まさにカジュアルユーザーのための、カジュアルな消費物だ。ただ、そういうものは、ちょっと濃い音楽好きからすると、あまり楽しいものではないような気がする。

こういう芸術の消費ってなんかもったいないような気がしますが、やはり時代の趨勢として避けがたい方向なのかもしれませんね。

既にCDのデジタル化を行っているので、ちょっとコメントを付けさせてもらいます。


>ちなみに世の中に絶対壊れずに(データ消失しない)、

必要十分なレベルでデータを保持することは、今でも技術的に可能だと思います。逆に言うと、CDで保持していても火事になったら消滅します。


>今後発売されるであろうPCやネットワーク環境・規格から絶対にレガシー機器にならない保障してくれるハードディスクが発売されて、

バックアップ用ハードディスクを定期的に最新に入れ換える運用で、十分可能なレベルだと思います。


>SACD程度の音質でロスレス・デジタル保存できるなら、

CD程度の音質であれば、ロスレス・デジタル保存が可能です。SACDがどうしても必要なら、SACDだけメディアを取っておけばいいと思います。

ささき

hide10さんコメントありがとうございます。
ご指摘ごもっともと思います、わたしが躊躇してしまう所としては、ハードディスクが逝ってしまった時に、家が火事とかで全滅ならまだしもデータ全部が消失、、、ってのがどこか不安に感じている自分がいるようです。

定期的なバックアップをしていれば大丈夫なのでは?という話に当然なるとは思うのですが(苦笑)

全然関係ないですけど、リンク先のパンダの映像とっても気に入ってしまいました(笑)

コメントを投稿する