オルタナティブ・ブログ > 平凡でもフルーツでもなく、、、 >

感覚人間の思いつき、、、気になった記事、、、雑記等

廃盤音源のカセットは捨てられないという方のためのメカメカ

»

オルタナブログのほうでは確か栗原さんが自宅のCD音源を全部デジタルアーカイブかしてしまおうという取り組みをされたいたはずと思うのですが、皆さんはレコードやカセットの音源ってどう保管していらっしゃいますか?

わたしの場合はダンボールに入って部屋の奥にしまってあるのですが、先日も書いたようにこの8月に引越しする関係でこれらの荷物の整理をしています。

CDとかDVDは手が届きやすいところに出してあるので今回は処分対象になっていませんが、こういうダンボールものを引っ張り出すと廃盤になった奴とか、エアチェックした音源が並んでいて年代ベストヒットになっているとかダウンロード販売でいろいろと昔の音源が手に入りやすくなった今でもそうは簡単に捨てられないモノだったりしませんか?

レコードなりカセットはキズとかノイズとかそのままデジタル化しても音質的には不満が残る場合があるかもしれませんが、レコードプレーヤをPC接続してデジタルデータで取り込み可能な機材は前々から気になっていたのですが、Business Media 誠のほうにカセット版の製品の紹介が出ていて、この価格なら再発されながらも廃盤になっているCD1枚オークションで買う金額で手に入りそうだし、数十・数百の数のカセットをライブラリ化するための投資なら安いかも、、、と思ったのでした。

Business Media 誠:郷好文の“うふふ”マーケティング:カセットをリワインドすると、2つの“カイコ”が聴こえる (2/2)

記事のほうではカセットデッキの形状をした製品とパソコンの5インチベイに取り付けるタイプの2タイプがあります。

カセットデッキタイプは3万円弱で購入後に結局この機材がカセットデッキサイズで残ってしまうことを考えると自分のチョイスは5インチベイタイプかな、、、と

あと悩みとしては昔のVHSのビデオをどうするか、、、、(苦笑)

しまいこんであるビデオをひさびさに再生するとすでにちゃんと再生できないモノもあって焦りまくりなのですがこの辺もDVDレコーダなりキャプチャデバイスを使って大容量HDに移植するかメディアサーバに保管しておくようにしないと物理的な空間を無駄にしないという面と、貴重なソース(まあ昔のアマチュアバンド時代のビデオとかは自分にしか価値ないですけど、、、爆)を喪失しないように、、、という点でどこかで時間とって作業しないといけないですね、、、

ただメディアサーバなりハードディスクの寿命と、もし耐用年数を超えてそれらの保存環境を買い替えして維持していくとなるとこれまたそれなりの出費が必要になるの?って思いつつ、普及した旧来メディアとデジタルデータアーカイブ双方の良い点・悪い点があたまの中で交錯してしまうのでした。

あと、この手の保管用途の場合、CDの音源は非圧縮で取り込んでおくべきか圧縮形式を用いるべきか、、、についても頭が痛いです(苦笑)

Comment(6)

コメント

私の場合、ソフトはCDやDVDで再販されているか、買い直す前に飽きているものが多いので、基本は「世代が変わったら再生環境ごと捨てる」です。
学生の頃にFM放送から録音したカセットやLPレコードは、独立して実家を出る時に全部処分しました。2年前にレーザーディスクプレーヤーとLDソフト一式をオークションで売り払って、LDともお別れしました。
8mmビデオカメラで録画した8mmビデオテープは、ビデオカメラが朽ち果てたらそのままあきらめることにして封印してあります。
最近はVHSビデオを使わなくなりました。VHSのソフトはたくさんあるので、将来に備えてビデオデッキは2台持っています。デジタル化は手間がかかるし、DVDに焼いてもDVDが消えることがわかったので、さてどうしようかというところです。

ささき

テクネコさんコメントどうもです!

>学生の頃にFM放送から録音したカセットやLPレコードは、独立して実家を出る時に全部処分しました。

↑これ処分するときって、凄く勇気いりませんでした?

友人でビートたけしのオールナイトのテープを保管している人がいるのですが、これ処分されてないといいな、、、とコメント見て思いました(笑)

あと我が家にはDATというデジタルテープメディアもそこそこの数があって、これらのリッピングは記録時間と等倍の時間が必要なので、扱いに苦慮しております、、、(苦笑)

通りすがり

自分はカセットデッキが壊れたのをきっかけに、ラジオ番組のエアチェックテープを大量に捨てたのですが、その後、デッキを知人から譲ってもらうことがあり、そのときに捨てたテープが二度と戻ってこないことに呆然とした思い出があります。捨てた音源の中には、スタジオライブ等、どう頑張っても入手不可能なものなど多数ありました。後悔先に立たずというやつですね…。

実は我が家には大量のカセットテープ、VHS、βが存在しているので、早くエンコードしたい、と思ってはいるのですが今も手つかずです。
で、これ、非常に興味深いのですが、唯一自分の要件に合わなそうな事が・・・。
テープスピードコントロールが無さそうですね。
結構、テープスピードって録音した機械によってまちまちなことがありませんか?で、一台固定で再生してもピッチがばらばらになる、というか・・・。リッピングしてからまたピッチを合わせるというのも面倒なので、個人的にはテープスピードコントロールが付けば買いかな?と。

ささき

通りすがりさん、コメントありがとうございます。

>スタジオライブ等、どう頑張っても入手不可能なものなど多数ありました。後悔先に立たずというやつですね…。

そうです、そうです、そうなんです!
今はラジオ聞かなくなってしまいましたが、NHKのFMとかイイ感じのスタジオライブやっていたりしましたよね~~!

通りすがりさんにコメントいただいたおかげで、これまた山下達郎さんの毎年恒例でやっている番組を録音し続けている友人のことを思い出しました!(嬉)

ささき

せのおさん、どうも昨晩はお疲れ様でした。

>テープスピードコントロールが無さそうですね。

さすが、、、、ここに気が付いていませんでした!

こうなってくると、しまいこんであるYAMAHAのカセット4chのオーディオカードを使って取り込みする方法がベストってことになりますね、、、(苦笑)

LPの時代って、結構マスターテープの速度を意識的に変更している事あるので、基準信号の有無でこれまた地獄を見そうですが、このネタで一個エントリー書けそうです、ネタ提供ありがとうございます!

コメントを投稿する