オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

シトリックスの仮想化で、なにを仮想化するか

»

 すでに何名かの方が書かれていますが、先週シトリックス社にお邪魔してきました。霞ヶ関にあるオフィスで行われたブロガーズミーティングでは、いくつかの技術的なプレゼンテーションを拝見することができました。
 時間が短かったのですが、その後の懇親会でいろいろとお伺いすることができ、またiPhoneでのプレゼンも見せていただくことができました。
 正直言ってそのときは、用途が大手企業のセキュリティ面を満たす場面しか思い浮かばなかったのですが、これから仕事の仕方が多様化し、いろいろな契約形態の雇用が生まれる、と仮定するならば、この技術はとても有効的である気がします。
 正社員と契約社員、あるいは個人事業主の人を期間限定で雇用することを考えた場合、必要なものに必要なだけアクセスできるのは、とてもいいんじゃないか、と。こういう技術というか概念は、これから必要になってくるように感じます。
 ドラッカー氏のネクストソサエティを思い出した今日この頃です。
<参考記事>
【Citrix】VAIOはtype P、仮想化はType 1が美しい(てくてくテクネコ)
シトリックスのクライアント仮想化技術(Software Development)
シトリックスのクライアント仮想化技術で働き方が変わる(一般システムエンジニアの刻苦勉励)

Comment(2)

コメント

jason

記事に関係ないの話しかも知れません。
3G携帯を使用している人間は多くなったしたがって、携帯を通じて情報漏洩などセキュリティ問題に対して、対策は何ですか?

>jasonさん
すみません、しりません。

コメントを投稿する