オルタナティブ・ブログ > 坂本史郎の【朝メール】より >

ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

ど~なる!?掃除機ルンバ2台にドッキングステーション1台

»

おはようございます。

いよいよ晩秋。師走並の寒さと覚悟した朝ですが、薄い雲のおかげか放射冷却は起きておらず、それほどでは無かったです。

先日はオルタナ定例会でルンバ分科会が実施されました。今朝はそこのばんちょ~様が大好きな「ルンバ」ネタで。

==

■人が活動するとゴミが出る

早朝に会社に出ると、まずはルンバ君たちの回収してくれたゴミを紙袋に移動、そしてスイッチをオン。2台のルンバがステレオサウンドを奏でながらカーペットの床からゴミをはぎ取り始めます。

窓を開けて換気をし、このブログの仕上げやら、【朝メール】書きやらと、至福の集中時間がやってきます。集中している間もルンバたちはせっせと掃除をしてくれるのだからありがたいです。

ルンバ2台体制となり、ようやく50坪の執務スペースもちゃんと網羅的に掃除がされている感覚がします。たまにコードに絡んだり、苦手な部分で異音を発生して引っかかっていることもありますが、おおむね自動運転でいけてます。

==

■ドッキングステーションは端と端に設置

ドッキングステーションと合体すると、ルンバはそれなりにスペースが必要です。特に、自走式で戻るためには、ドッキングステーションの手前2メートルほどに障害物があってはいけません。

この物理的制約故に充電用のドッキングステーションはオフィスの奥と手前に配置されることになりました。

充電が減ってくるとオレンジ色に変わるインジケーター、そしてDOCKのランプが点滅をして、いかにもドッキングステーションを探して廻るその姿はちょっと愛嬌があります。

「おなか空いたんかい。」

思わず声をかけてしまいそうです。

==

■一つのドックに戻ろうと争う2台

同じような時間に稼働を始めると、同じような時間に充電が切れます。そして、よくあるのが、1つのドッキングステーションにそれぞれが戻ろうとしてしまうことです。

その動画をどうぞ!どうやら2台が同時に稼働するということは設計上想定されていないようですね。(笑)

★なんとも、黒いルンバが執拗に攻めています。

※もしかしたらYouTube調子悪い? こちらにも動画あります。

そしてその後、実は、白いルンバがドックから外され、2台が再びぐるぐると掃除を始めました。しばらくすると、白いルンバは元に戻っており、黒いルンバは果てていました。

そして、その様子をTweetしてみたら、意外と反応をいただきました。まとめてみましたのでどうぞ。

==

■ルンバ関連記事

2台のルンバでのお掃除は強烈だっ!これだけゴミが取れる

【105円】ルンバ577の電池パック込み1回あたり掃除コスト

ルンバ君動画: ゴミ箱を自分の好きな場所に移動する

掃除業者によるセキュリティ問題って考えたことありますか?

母の腕骨折をきっかけに実家用にルンバ (4)

バッテリー交換は機種にご注意を:ルンバ (3)

オフィスでルンバを長期利用、半年レポート (2)

オフィスでルンバを利用、効果抜群です!(1)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する