オルタナティブ・ブログ > インフラコモンズ今泉の多方面ブログ >

株式会社インフラコモンズ代表取締役の今泉大輔が、現在進行形で取り組んでいるコンシューマ向けITサービス、バイオマス燃料取引の他、これまで関わってきたデータ経営、海外起業、イノベーション、再エネなどの話題について書いて行きます。

ネット関係者は日経産業を読もう

»

日経産業新聞。この数年ずっと手に取っていませんでした。自分がいる部では購読しているので、いつも手近にあったのですが。
一昨日少し時間の余裕があったので、開いてみたところ!
2面がネット業界専用ページなのですね。業界関係者必読と思われる濃ゆい記事がいっぱい掲載されています。

8/6版では
・点検シェア攻防 音楽ソフト 縮む市場、上位が接近
・携帯の広告技術 狙うは欧米市場。商社、VBと売り込み
 -三井物産 検索連動で工夫/伊藤忠 成果報酬型
・ネット視聴率調査の米コムスコア 日本法人を設立
・Webフロンティア 検索サービスを充実 
 NTTドコモポータルサービス担当部長 水木貴教氏
・動画共有サイトで新人の特設ページ
・定額制の「着うた」エイベックス開始
といった見出しがありました。

そして。次のページではなんと。デジタル総合という枠があり、
デジタル予兆・変調 ユーチューブ 閲覧時間伸び悩み
 -動画広告事業に影
という記事が。

-Quote-
ユーチューブの六月の米利用者一人当たりのサイト閲覧時間は四十四分で、今年一月から四十分台前半で横ばい。二時間三十八分のマイスペース、一時間八分のSNS大手のフェースブックに差を付けられている。
 中略
十六億五千万ドルを投じてユーチューブを買収したグーグルにとっても、閲覧時間の伸び悩みは課題。マイスペースの閲覧時間は、グーグルが展開するサイト全体の米利用者一人当たりの閲覧時間(一時間二十八分)をも上回っている。
-Unquote-

閲覧時間のデータ出典はNielsen//NetRatingsですね。

Yahoo! JapanのIR資料によると、Nielsen//NetRatingsが計測した2007年6月時点データで、同サイトの1人当り月間利用時間は3時間27分。第二位のサイト(当然mixi)は3時間25分。

これと比較すると、マイスペースが2時間38分とのことですから、日本のYahoo! Japanの方が利用時間は長いわけですね。たぶんこれには日米の回線事情が関係していると思います。日本の方が速くて快適ですからね。

ということでオチはないわけですが…。
日経産業でもかなりのネタは拾えるようです。

Comment(3)

コメント

hal*

あくまで僕の場合なんですが、日々のネット関連の話題って追っているととてもじゃないけど時間がないという事と、見すぎていると自分のサービスを考える思考に制限がかかってしまうというか、イノベーション的感覚が鈍るような気がしています。

そこで、何か新しい事を始めようとした時とか、なんとなく他が気になった時に過去のログをトピック毎に検索できるようなサービスがあると大変便利なんですが、新聞系はwebサイトにしても過去記事に対するアクセシビリティが悪いですよね。。そんな風に思うなら日々購入しなさい、というビジネスモデルは日々のインプット情報量を強いられる様でちょっと困ります。

一人ぼやきの様なコメントでスミマセン。。

こんにちは。
小生も、ネットの情報を仕入れるのに日経産業新聞は欠かせません。特に、BtoBに関しては、ネットに出ていない情報が載っていたりします。また、ネット広告やクロスチャネル販売の情報に関しては、日経MJも欠かせません。なお、私は「月刊 ネット販売」という雑誌も講読しています。その雑誌は、ネットの情報源よりもちゃんと取材しますし、ネットにないような有用な情報が載っていますので。

>hal*さん、コメントありがとうございます。
>新聞系はwebサイトにしても過去記事に対するアクセシビリティが悪いですよね。。
それはありますね。インターネット上からは検索が容易ではないです。日経テレコンをふんだんに使えれば問題ないわけですが。。かくいう自分もC社の仕事に限ってC社加入のライセンスで検索を行いますが、今泉大輔で受けた原稿書き仕事で日経テレコンを使うということはしません。。。ちょっと高い。

>hatakamaさん、こんにちは。
日経MJもネットビジネスの話題がかなり載ってますよね。バズマーケティングの動きの押さえ方なんかが渋いです。「月刊ネット販売」という雑誌があるんですね。ご教示ありがとうございます。

コメントを投稿する