オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

ThinkPad W701dsがやってきた(ベンチ編)

»

新しいハードがきたらベンチを回したいのは、私だけではないと思いたい。と言う事で、いつもの様に各種ベンチを回してみました。

■スペック

CPU
Core i7 X920 (2.00GHz)
ビデオカード
NVIDIA Quadro FX 3800M
メモリ
4GB(DDR3-1066)
HDD
RAID1 300GB

■CPU-Z

■GPU-Z

■WEI

■PCMarkVantage

■3DMarkVantage

■CINEBENCH R11.5

■Sandra(CPU)

■Sandra(GPU)

■FF XIVオフィシャルベンチ

■表

WEI プロセッサ
7.3
WEI メモリ
5.9
WEI グラヒックス
6.9
WEI ゲーム用グラフィックス
6.9
WEI プライマリハードディスク
4.7
PCMarkVantage
5,269
3DMarkVantage(P)
P6,877
CINEBENCH R11.5 OpenGL
30.76 fps
CINEBENCH R11.5 CPU
3.18 pts
Sandra Dhrystone
56.82 GIPS
Sandra Whetstone
40.88 GFLOPS
Sandra 統合シェーダーパフォーマンス
160.67Mピクセル/秒
FF XIVオフィシャルベンチマーク HIGH
1,817
FF XIVオフィシャルベンチマーク LOW
2,281

WEIのプロセッサを比べるかぎりは私の自作デスクトップPC(Phenom II X4 940BE 7.3)と差がありません。

一番驚いたのはQuadro FX 3800MはG92コアを積んでいるんですか。G92コアといえば、GeForce 9800 GTXです。SP数も128ですし、shaderクロックも1,650MHzです。あのモンスターGPUであるG92がこの小さい(?)筐体に詰め込まれているのかと思うと、よくできていると思いました。まぁ、ベンチを回すとファンから熱風が出てくるから当然ですね。

しかし、このモンスターノートPCでもFF XIVオフィシャルベンチではLowでも"やや重い"ですか。どれだけのパフォーマンスが必要なのかと。

作業をしていて一番の違和感は、ディスクアクセスが遅く感じることです。RAID1を組んでいるためかわかりませんが。

【ThinkPad関連】
ThinkPad W701dsがやってきた(ファーストインプレッション編)
ThinkPad W701dsがやってきた(ノートPCの形状への疑問)
ThinkPad W701dsがやってきた(キーボード編)
ThinkPad W701dsがやってきた(ベンチマーク補足)
ThinkPad W701dsがやってきた(まとめ編)
ThinkStation S20がやってきた(ベンチ編)
ThinkPad X201sを購入した(ベンチ編)
白いThinkPad X100eがやってきた(ベンチ編)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する