オルタナティブ・ブログ > 教育ICT研究室 >

グローバル化する中で日本人はどのようにサバイバルすればよいのか。子ども×ICT教育×発達心理をキーワードに考えます。

うつ病からご本人も回復するために -その道のプロ・砂羽美佳さんに伺いました-

»

はじめに

前回、カウンセラーの砂羽美佳さんにIT業界に多い(印象を受ける)うつ病の方・ご家族へのへのケアを始められた理由を伺ってみました。今回はその続きです。

質問:どうしたらご本人も回復していけますか。

片岡:
「どうしたらご本人も回復していけますか。」

砂羽さん:
私は、うつのような病気や苦しみは、 「天から送られた、不幸印のギフト」 だと思っています。ギフトの中には、とても大切なメッセージが入っている。

けれどもそれは、一見恐ろしい、不幸印のラッピングペーパーに包まれているのでたいていは、受け取りを拒否してしまう。

しかし、受け取らない限りそのギフトは、何度でも何度でも、不在通知のように送られてくる。思い切って受け取り、その不吉なラッピングペーパーを剥がして中を開けてみたらそこには、あなたがあなたらしく生きるための大切なメッセージが込められている・・・。

うつは、天変地異のように災害のように降りかかってくるわけでは、ありません。うつになるためには、うつになるための理由がある。原因がある。

今まで抑えつけられてきた心が、なんらかの反乱を起こしているからうつになるのです。それは、もう自分は限界だ!という心からのメッセージでもあります。

まずは、そのメッセージに、耳を傾けること。「~にしなければ!」「~すべきだ!」という頭由来の考えではなく心由来の考えに、耳を傾けること。それが、まず第一歩ではないかと思います。

だから、投薬治療だけで回復に繋がるとは私は考えていません。

おそらく、本人だけでそのメッセージを探り当てることは不可能だと思うので信頼出来る人や、カウンセラーの力を借りて、自身の気持ちの交通整理をすることが、大切だと考えています。

うつは、決して「不幸な病気」ではなく、ある意味、自分が自分らしい人生を送れるようになるための「チャンス」じゃないかと、私は思います。

>>「うつ病からご本人も回復するために(続編) -その道のプロ・砂羽美佳さんに伺いました-」に続く

追記

今回、インタビューにお答えしてくださったのは砂羽美佳(サワミカ)さんです。NPO法人 フリースペースタンポポで摂食障害、閉じこもり、不登校、対人関係、家庭不和、育児の悩み、うつ、発達障害児と、その周りの家族の方などへのカウンセリングをされています。都内の小学校で、特別支援教育支援員もされています。

参考:NPO法人 フリースペースタンポポ

関連記事

追記

2012.10.20 23:15 見出しと前の記事・次の記事へのを追加しました。
2012.11.30 21:54 題名を「[その道のプロに伺ってみました] うつ病などのケアについて 砂羽美佳さん 第2回」から「うつ病からご本人も回復するために -その道のプロ・砂羽美佳さんに伺いました-」に改めました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する