オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

東京大学は世界で27位、それでも日本の大学に行く理由

»

しばらく見ていなかったのですが、昨年にTimes Higher Educationの世界大学ランキング2012-2013が発表されていました。数年前まで1位、2位だったハーバードが4位、エールが11位まで下がっているのですね。東大は、と見ると27位。7、8年前は10位くらいにいたのですが、ずいぶん下がっていました。京都大学も、以前は23位だった記憶があるのですが、今回は54位になっていました。僕のシンガポール大学は29位と、相変わらずのところをウロウロという感じ。

我々日本人が進学するというと、どうしても日本の大学の中で探しがちですよね。自宅から出て一人住まいとかするのだけれど、よく分からない不安で日本の大学に行く、ということになるケースが多いようです。

 
しかし、このランキングを見ていると、自分の子供は海外に行くといいなあ、と思うのですが、どうなのでしょうね。どこそこは治安が、どこそこは言語が、という理由もあるのでしょうけれど、ちょっと気になる次第です。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する