オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

あなたのUsetreamはお金を払うに値するか

»

 斉藤さんが「YouTubeで年収数千万円を稼ぐ若者たち」というブログを書かれていました。「これで稼ぐなんてすごいな」と思いながら、あるセミナーをUstreamで見ていて感じたことです。
 そのセミナーは、申し訳ないのですが、あまり進行が良いとは言えず、進行役の方は「えー、えー」の繰り返しが多くて聞きづらい。講師役の方も、PCを操作する時間のほうが長く感じ、「ちょっと待ってくださいねぇー、えーーっと。。」とPCを操作している。

 いや、これってUstreamでなくても、実際のセミナーでもあったりしません?非常に聞きづらいし、時にはグダグダになってしまって、せっかくの内容も伝わってこない。こんな進行だと、プロフェッショナルを感じないわけです。無償でもなぁ、とか。

 Ustreamは原則無料で視聴できます。だからといって、何か仕事に繋げたいと思っているのであれば、進行ももっときちんとやるべきでしょうし、テレビなどのようにカメラを見ながら話すとか、会場に人がいるなら顔を上げて話すべきだろうな、と思うわけです。
 そういや、坂本英樹さんが「人前で話す時最大のコツは、聞き手の目や顔を見ること」というブログを書かれていましたが、そのことを思い出しました。オフラインでもUstreamでも、いわゆるプレゼンテーションの基本を身につけることが必要だということなんでしょうね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する