オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

ブックオフに行ってきたら、やっぱり電子書籍はもっと進めるべきだと感じた

»

 うちの近所にあるブックオフですが、なかなか無精で不要な本を持っていかず。で、溜まりに溜まった本を、ようやく持っていってきました。とても親切なスタッフの対応。番号札を渡され、待つこと15分。
 その間に店内をうろうろしていたら、欲しいCDがいくつもあって、本を売ったお金で買おうと楽しみにしていたところ、ようやく番号を呼ばれてレジに行ってみると、

「本日は貴重な本をお持ちいただき・・・・900円です」
 「な・・・」

 まぁ、安いとは思っていましたが、特にビジネス書が売れそうな地域でもありませんしね。ということで、買おうと思っていたCDは4枚でしたが、そのお金で買えたのは一枚だけ。あとは自腹です。(苦笑)

 さて、この本の循環は本当に正しいのか、と考えています。ビジネス書と呼ばれる書籍は、一般的に1,300円くらいから1,800円程度。10冊買えば13,000円〜18,000円。今回持っていったのはもっとたくさん。
 本を売りたくないという気持ちも少しあったりするのですが、物理的に場所を占領されるので、それはそれで何とかしなくてはいけない。そう考えると、書籍の電子化って重要だと思うんですよ。
 で、紙の本が1,300円だとすると、電子書籍になると700円とか、下手すると300円とかになってしまう。これって、僕は違うと思っています。物流にいくらかかるから、その分は差し引く、という計算ではなくて、マーケットでいくらの価値があるからその価格で売る、あるいは少しだけ下の価格に設定する。こう考えるべきだと思うんですよね。だから、紙で1,300円で売れる本なら、電子書籍では安くても1,000円。それ以下で売るのは、もともとの価格設定が違っていたんじゃないか、ということになってしまうと思うんですよね。

 先日、谷川さん佐々木さんが共同で電子書籍事業を始められました。両社とも、安売りの手伝いを考えておられるわけではないのが素晴らしい。
 谷川さんがブログに、

電子書籍ならではの紙にはない価値もあるわけで、そのあたりをどう対価に変えていけるか。電子書籍を企画、プロデュースする側が、そのメリットをきちんと伝えることはもちろん、その価値による成功事例というものを……

ということを書かれています。その通りだと思いますね。

 日本のiTunesStoreでは、まだiBookに書籍が上がっていません。ここで買いたいんですよね。別アプリ(プラットフォーム)ではなくて。
 こういう市場が広がることを、個人的に期待しています。

Comment(11)

コメント

ささき

大木さん、

電子書籍ビジネスの件、ご紹介いただき本当にありがとうございます。
iPadやiPhoneを活用していく場面においては、大木さんのお力を頼りにする事も出てくると思っていますので、今後ともよろしくお願いします_(._.)_

そうそう、わたしも引っ越しで本やレコードを処分せねばならなかった際に、自分ではそれなりに古くて貴重性もあるかな…と思っていたモノの値段(価値?)に愕然としたことがあります(苦笑)

sis

価格も臨機応変に変動させるのがいいと思いますけどね。キャンペーン中は30%オフとか。
デジタルのいいところは、初期費用(書く、編集など)はかかりますが、一度市場に出せばほぼコスト0で運用できますから、価格の変更は用意だと思います。いちいちすべての店舗に価格変更を通達しなくても、オンラインで数クリックで変更できるでしょう。
Apple App StoreやMac向けアプリなどではプロモーションのための割引販売は常識となってます。
電子とつくものすべてに使える方法だと思います。基本的に古いものは安くなるものなのに、現在は新品なら永遠に価格変わりませんからね。中古市場だけは需給に合わせてる。

また電子書籍の強みといえば
1.マルチメディアの埋め込み。動画も再生可能ですし、ウェブへのリンクも簡単。
2.新版への格安もしくは無料アップデート。これは最大の魅力。あるEvernote本が一度購入すれば内容追加の新版も無料でもらえるようにしてます。
3.辞書機能。わからない単語も簡単検索。iBookが英語ですでに対応。
4.リアルタイム広告。無料で販売し広告を差し込むこともできる。差し替えも自由自在。
5.....

そういった電子ならではの機能・サービスがつけば印刷版と同等、それ以上の価格でもおかしくはないと思いますね。逆を言えば、なにもつけず、ただ印刷版を電子化しただけならかなり安くしてもらわないと納得はできないでしょう。

iBooks、Kindle、Google、その他多くの電子マーケットが出てきますが、バラバラなのが消費者にとってはツライところですね。購入店はどこでもいいけど1つのアプリで全部管理・閲覧できます、っていうのが理想なんですけど。音楽で言えばどの店もMP3を販売し好きなアプリで聞けるという。DRMつきでもいいけど、つきならつきでアプリ側ですべてのDRMに対応して欲しい。

P.S.
長々と失礼しました。最後にひとこと、ブックオフの中古本、100円がたくさんあるのはとてもありがたいんですよね。電子化したらここまで安くなることはないでしょうし。ハリー・ポッターのでかいハードカバー(定価2000円とか?)でも100円ですからね・・・

>ささきさん
こちらこそ、その節はよろしくお願いいたします。

そうなんですよ、今回のビジネス書たちは、合計で30,000円くらい。悲しくなります。
だからこそ、売らなくてもいい状態にしたいですね。

n-yoshi

ビジネス書とかについては、検索できることは大きな価値だから、電子書籍の方が高くてもアリだと思ってる。
実際、物理的な本を購入して裁断してスキャンしてOCRして、更にクリッカブルな目次機能を付けてリンクを有効にして、と云う手間賃を考えれば、同額でも文句はない。
将来的な改訂にも対応するなら、電子書籍側が高いくらいでもアリですよね。

手押し戦車

価格の考え方に関しては反論があります。

紙の本と違って電子書籍の場合、ほとんどはDRMを施してあって転売が出来ません。客側は貴重な権利を放棄した上で買うのであり、出版社側には古書市場が無いので新品の販売機会を奪われないというメリットがあるわけです。

逆に言うなら、紙の本はまず売るために無理に安い値段にしても、中古市場に利益を奪われるという悪循環に陥ってる事が多いのかもしれません。

電子書籍=安売り、という考え方には僕も反対ですが、まず「適正な価格」というものをしっかり考える必要があるんじゃないでしょうか。

ちなみに iOS のゲームには、既存のゲームメーカーの参入も盛んですが、「中古市場が存在しない」というメリットがかなり大きい様に思うのです。

TETSU

昔古本屋に売りに行ったことあるが、その安さに呆れたことあります。所詮古本、書籍としての価値なんて買ってくれる人によってまちまちですからね。しかも専門書だったりすると普通の人には無価値だったりするし、いらなくなった本は捨てることが多いかな。でもその本を持っていく人を見かけたことり、あきらかに本の中身に興味ないだろって人が・・・なんか虚しかったなぁ

最近はiPhone4で電子書籍を読むようになってから、その便利さに目覚めてます。
電子書籍ならどんなに増えても問題ないし、本棚ごと持ち歩けるのは便利。
もっと増えて欲しいな。
でも、ソフトによって操作性がバラバラなのがイマイチ。統一して欲しいな。

>n-yoshiさん
結局、自分がどこに価値を感じるか、でしょうね。

>手押し戦車さん

> 客側は貴重な権利を放棄した上で買う

貴重な権利というのは、転売の権利ということでしょうか?
そうなのであれば、僕個人的には二つの回答があります。
1.そもそも転売を考えていない人が大勢いること。僕もそうですが、場所が限られているのでやむなく手放しています。で、捨てるよりもマシということでブックオフ、です。で、2,000円以上も出した書籍が100円程度だと・・・です。なので、貴重な機会とは考えにくい。
2.もう一つは、電子書籍も中古市場という考え方、仕組みを取り入れることは可能だと思います。DRMが、それに対応すればいいんですよね?現在は未対応かも知れませんが、だからといって永久に対応できない(しない)ということでもないでしょうし。

ありがとうございます。反論をいただくと、脳が活性化されて次の案がでてきます。

>TETSUさん
そうですね、本棚丸ごと持ち歩く、なんてのは紙では無理ですからね。

> でも、ソフトによって操作性がバラバラなのがイマイチ。統一して欲しいな。

賛成です。同じiPhone上でも、アプリがバラバラでどんどん増えるし、操作性も統一してほしいですね。

手押し戦車

>貴重な権利というのは、転売の権利ということでしょうか?
>2,000円以上も出した書籍が100円程度だと・・・です。

確かに二束三文で買いたたかれてしまうのであれば、価値がないかも知れませんね。どっちかっていうと、知人に譲って喜んでもらうとか、そういう機会が無くなることの方が大きいかも知れません。むしろ、古本で安く買えない、というのがほとんどの電子書籍であるので、そこを考える必要があるんじゃないでしょうか。

ブックオフに行かれたのであれば、下取りの値段だけじゃなく、そこで売られている値段にも注目して欲しいのです。電子書籍の価格を(特に客側目線で)考えるのであれば、新品の値段だけじゃなく(安い)古書の値段も考慮する必要があると思います。

>電子書籍も中古市場という考え方、仕組みを取り入れることは可能だと思います。

そもそも、物理的な本と違ってデジタルデータには劣化がないので「中古」という概念が成立しないと思います。ただ、レンタルとか、毎月一定額を支払って読み放題にする「購読型サービス」とか、将来的にはいろんな「売り方」が考えられるかも知れませんね。

ブックオフのような「新古書店」の存在を否定する気はないのですが、「大きくなり過ぎじゃないの」という懸念はあります。出版業界のいびつな部分が、新古書店の商売を大きくしているような気がするのです。例えば、大量発行して本屋での露出を大きくして宣伝にする、という手法がありますが、そういう本は中古市場にも多く流れて新品の売り上げを奪っていくわけで、どうなんだろ、と思うわけです。

でも、電子版を併売して、将来的に新古書店に売ってしまうような人を電子版に誘導できれば、中古市場を抑制出来るんじゃないか、とか。電子版を巧く活用すれば、紙の本の流通の問題点も改善出来るんじゃないか、とか。いろんなことを考えています。

出版業界の中の人間じゃないのに、偉そうなこと書いてしまって、恐縮です。

>手押し戦車さん
まぁ、ブックオフが大きくなりすぎというのは、ニーズなのでしょう。
出版業界の課題はたくさんありますし、我々IT業界にも問題は多くあります。
一局面だけではなく、多面的に考える必要があるんでしょうね。

いろいろとお考えいただき、感謝です。
今後とも、よろしくお願いいたします。

コメントを投稿する