オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

サイボウズのWM動画「大丈夫」に私も物申す。

»

★このエントリーがかなり読まれているので、折角ですから、一番下に関連書籍を追記しました。全て読んだことがある本です。(2014年12月6日追記)★

サイボウズのワーキングマザーに関する「大丈夫」という動画が評判になっています。

最初見た時になんだか違和感があって、再度、丁寧に見返して、やはり違和感があったので、感想を述べます。
(サイボウズさんの取り組みを批判しようというのではなく、働く女性(子どもなし)としての感想です。)

この動画を見ると、後半の子どもが「ママ、大丈夫?」と尋ねるあたりから、涙出そうになります。
子どもがいようといまいと関係なく、自分もかつて抱いた思いがそこにあったからです。(以前、「女性であること」として書きました)
結婚していた時、家事の責任を全うしなければ、と気負っていました。
人間はなぜ三食食べるんだろう?と、なんでそんなにご飯ばかり食べるようになっているんだろう?と真剣に憤りを感じていました。
自分で背負わなくてもよかったのかもしれないけれど、25年前の私は、ただひたすら家事を担っていました。
20代後半で、まだまだ新しいことに次々チャレンジさせられる(つまり、勉強することも大量になる)時期に重なってもいたので、どうやって両立するんだ?と日々葛藤していました。 この状態で子育てなんて無理だなぁ・・・。というか、想像できない・・・。
同年代の同僚たちも「ここに子どもが増えることを考えると、私が私でなくなる」とか、まあ、いろんなことを言って、産まない選択をした人も少なからずいます。

そんな時に感じていた「私は大丈夫だろうか?」という気持ちがこの動画には凝縮されていて、ほろりとします。

この動画では、病児を保育園に迎えに行くママが、仕事をどうやりくりしよう? 明日も熱があったらどうなるだろう? 親に頼るのも・・。 お弁当作りは? ・・・とぐるぐる頭の中で考えて立ちすくみます。

全然話違いますが、たとえば、子育て中の女性が、飲み会に参加していると、「こんなに遅くまで大丈夫?お子さんは?」と善意も含めて尋ねられることがあります。旅行した、遊びに行ったといえば、「子どもがいるのに、よくやるねぇ」と賛否両論、いろんなことを言われたり、言われなくても内心思われたりもします。
(私の時代は、つまり、25年前だと、「結婚しているのに、二次会まで出て大丈夫?」「こんなに遅くまで仕事していて、旦那さん、怒らないの? 離婚されちゃうんじゃないの?」などと、今思えば、不思議なことをよく言われました。しかも、年下の後輩にまで。)

ところが、子どもがいる男性が飲み会に参加しようが、二次会に参加しようが、たぶん、「大丈夫?」なんて訊かれないでしょう。 現代のパパは、それでも、自分から飲み会を断る人も多いだろうけれど、男性が残業していても、「お子さんがいるのに大丈夫?」とはきっと言われること、ない。

なぜ、家事も育児も「女性」に偏るようになっているんだろう? 「そんなこと、夫婦の問題で、夫婦で話し合って分担すればいいじゃないか」という声も多々あると思うけれど、ほんとにそうなのか? 家事も育児も、家庭内の問題だけなのか? 

先日、『家事ハラスメント』という本を読みました。 『家事ハラスメント』というのは、女性に家事負担が偏って、あちこちに不都合が生じている状況を指します。(決して、「夫が洗ったお皿を妻が再度洗い直すような行為」を指す言葉ではありません、もともとは) この本では、生きていくために必要な家事労働がいかに女性に頼った状態で日常が送られているか、それによって、どれほど女性が生きづらいか、といったことを書いています。サイボウズ動画もまた、「家事ハラスメント」の現状を描いているものだなぁ、と感じました。

・・・というわけで、「わかる、そうだ、そうだ」と共感する動画ではあるのですが、違和感は、最後です。

「働くママたちに、よりそうことを」

・・・・ ここです。 「よりそうこと」。うん、大事です。 

誰かが気遣ってくれる。「あなたは十分頑張っているよ」「何か手伝うことない?」「お話しましょう」 ・・・ マリコさんが書いているように、「関心」を寄せることはとても大事だし、それだけで救われることだとは思います。

けれど、「WMは頑張っている、大変だ、だから、よりそうことだ」で締めくくっていいのか、と思ってしまったのです。

最後の最後に、「これって、おかしくありませんか?」と字幕が出たら、「そうだ、そうだ!」と私はさらに共感しまくったと思います。

「女性だけがこんなに悩んでいるのっておかしくありませんか?」
「女性だけがこんなに負担に感じているのっておかしくありませんか?」
「女性だけがこんなに罪悪感とか申し訳なさを感じてしまうのっておかしくありませんか?」

そういう風に世間に問うて欲しい。

動画が公開されてからずーっと喉に小骨が引っかかったような違和感があったのですが、これです。 今朝起きた瞬間に「そうだ、"おかしくないか?""変じゃないか?"と問題提起をしてほしかったのだ」と思いいたりました。

「寄り添う」だけでは、現状を肯定している感じがしたのです。

「女性の活躍を」とお国も一生懸命言っているけれど、「今のように"家事""育児"も頑張った上で、さらに"仕事"もガンバってね」と言われたら、もうこらえきれないと思うのです。

「大丈夫」じゃなくて「大丈夫じゃねぇーよ」と働く女性、働くママは思っているんじゃないだろうか。

「大丈夫じゃねーよ。なんとかしてくれよ。もう相当頑張っているんだよ。おかしいよ。こんなの変だって誰か言ってくれよ。この状況について、一緒に憤ってくれよ」。

私が働くママならきっとそう思う。

だから、私はそこに「物申す 」のであります。

===================
 【私が読んだ「働く」「ジェンダー」「WLB」などに関連している本。思い出したものだけ列挙】

『育休世代のジレンマ』は、今年読んだ中で最も印象的な本だった。 いわゆる「高学歴」「正社員」でガンバっている女性群にフォーカスをあて、出産・育児でどれほどキャリアが変わって行ってしまうか、あるいは、悩みが深くなるか、ということを追跡調査している。著者自身もまた子育て中の研究者で説得力がある。 

『経産省の山田課長・・・』を読むと、男性が育休ととり、子育てと主夫生活に入り、妻が仕事に邁進すると、男性でも当然育児ノイローゼ的になり、「私はこんなに子どもと向き合っているのに」と焦ったりするという、男女逆でもまったく同じ状況が生まれるのね、ってことがわかり、興味深い。

『リーンイン』を読めば、かのアメリカであっても女性には働きづらさというのが今だにあるのだなぁ、とわかる。

『働き方革命』には、「仕事ばかりのオレ、変だ」と気づいた男性が自ら「働き方革命」を実現していくお話。誰かが動かなきゃ変わらん、気づいた当事者が「隗より始めよ」と動き始めることだよね、ってことが伝わる。

『家事ハラスメント』は、いかに女性に偏ってしまうか、という構造的な問題にも触れている。さらに、議員の中には、今だに「女性は子育て」的な神話?を喧伝してはばからない人もいて、もうねぇー、ぷんぷん!という嘆きも垣間見える。

『主夫と生活』『パパはママを・・』あたりは、もう20年以上前に読んだので、覚えていないが、男女を逆転させてみると、という話だった気がする。

           


※ 念のため、タイトルは、野水さんのエントリーを真似しました。

Comment(7)

コメント

kitakaze

こんにちは

>「女性だけがこんなに悩んでいるのっておかしくありませんか?」

>そういう風に世間に問うて欲しい。

男だとか女だとかの問題ではなく、必要以上に仕事優先主義を押し付ける”会社”という存在では?
私は男ですが、毎晩夕食や子供の宿題チェックの為に定時で会社をでます。
今では「あいつは毎日ご飯作ってるから」という認識が広まっていますが、最初は「暇なのかあいつ?」という視線を背中に感じながら、逃げるようにひっそり退社していました。
男だって家事に力を入れれば、件の動画と同じ状況に置かれるのです。
確かに私のような人間は少数派でしょうが、それでも「女性だけが~」と言われると「ちょっと待ってよ」と言いたくなります。

「男は仕事を最優先すべし」という価値観を頭ごなしに植え付けようとする会社や上司、同僚が少なからず存在することはご存知かと思います。

男性側が「子供が急な熱で迎えに行かなければ・・・」と進言しても「奥さんは?」と言われてしまえば行きたくても行けない。
逆に女性なら嫌味を言われるかもしれませんが「仕方ないな」で早退できる。
男性の方が家事や育児に参加したくても、会社がそれを許さない雰囲気になっているケースってないでしょうか?
(幸い私の会社や上司はワークライフバランスを重視してくれているので、問題にはなっていません)

それと子育てが自分の人生を犠牲にするという見方、外で仕事をすることが偉い(キャリアアップできる)という見方、そいう価値観があるとこの国の将来は暗いと思います。

Ifreeta

この記事を読んでも違和感がありますね。

問題は、家事ではなくて子育てなのではと思います。家事は、ある程度機械で代用か効くようになっています。

洗濯は乾いて出てくるのでアイロンをするかどうか、皿洗いは食洗機に任せて出来上がったものを片付けるだけ、掃除はロボットに任せる。

子育てだけは自分でやるか配偶者を頼れば良いのです。今では0歳児からの保育もあり昔と比べて取られる時間は減っているように思えます。

家事だと時間を気にしない方が多いようですが、効率化すればそんなに時間は掛かりませんよ。

最後に子供を育てる権利というものもあります。

towser

こういうのを見ると超腹立つ。
自分は「奥さんは?」と言われることがない理解のある職場にいますが、妻も一線で働いているため、私も妻も動画の女性のようなシチュエーションになることが多々あります。
なのに、二言目には女性だけが大変というメッセージをそこかしこで見かける。
過渡期だし、自分は世間的にはマイナーな存在なのかも知れないけど、同じ辛さを分かち合っていると信じているのに、男は楽だと言わんばかりのメッセージが多い。また、自分は違うけど、男は男故の辛さを持っているのも理解できる。なのに誰も労ってはくれず、辛いのは当たり前で「女性だけ辛い」と言われ続ける。
じゃぁいいよ、皆と同じようにすればいいんだろ!ってむしろ言いたくなる。

TanakaJunko

たくさんコメント頂戴しており、ありがとうございます。
ご指摘の「男性が悩む点」もよくわかるので、これはまた別のブログで言及したいと思います。

匿名

働く女性、子どもができても何故フルで働こうとするのか、が分かりません。

匿名

男性からのコメントを読ませて頂いて「なるほど、そういった方も男性の中にはいるよね。」と思いました。

しかし女性だけが大変、ということを訴えたい動画ではないと思うし実際こういった現実に置かれてる女性が多いのも事実だと思います。
家事もある程度機械で代役が効くかもしれませんがそういった家電をみんなが買えるわけではないし、持ってるわけでもない。
要するにいろんな人がいるのだから様々な事情、環境があるわけですよね。私の家も乾燥機付き洗濯機さえありません。
そんな家電はまだまだ私の家では贅沢品なんです。
そうしたら家事は人力でやるしかありません。育児も0歳から保育園に行けても病児保育はそう簡単には見つけられません。
そういう現実で生活している私にはこの動画はとても身近に感じられました。

夫婦で一生懸命育児や家事をされてる方々には大変不快であるのは理解できるのですが実際にこの動画を観て「こんなに妻が追い込まれてるとは思わなかった」とおっしゃる既婚男性もいました。
偏った作りにはなってるかもしれませんが決して間違った内容の動画でもないと思います。
「寄り添う」という言葉も捉え方は様々ですよね。

joychan

田舎には祖父母が孤独にいて、町では若夫婦がこんなふうに困っている。同居や近くに住めない人もいるとは思うけれど、基本、年寄りのそばに住んで助けてもらう、老いたら助けてあげるのが理想だと思う。いろいろな事情でそうできない夫婦も多いとは思うけれど、結婚するときにそこを考えるべきだと思う。

コメントを投稿する