オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

スマフォやめました

»

auのスマフォ(Android)を手にして、あと数か月で2年。私はスマフォをやめることにしました。

これで思い出すのが、ITmedia吉岡綾乃さんのiPhoneやめましたという記事(このエントリのタイトル「スマフォやめました」はこの記事に倣いました)。2年ほど前の記事で、今とは少し事情が違うものの、とても共感できる記事でした。吉岡さんがiPhoneをやめた理由は

「(普通の)携帯が使えないと致命的なシーンはあったが、iPhoneが使えなくて致命的なシーンはなかった」

だからだそうです。

私がやめようと思った理由は少し違います。スマフォは私にとって、とても魅力的なツールでした。スケジュール管理も、TODO管理も、メールチェックもスマフォですし、土地勘がないところに行くときもスマフォで移動方法を調べ、駅から現地までの場所がわからないときはナビで位置関係やルートを確認します。今では車のナビもスマフォです。

仕事や遊びに欠かせないスマフォをやめようと思ったのは、「スマフォに『使われている感覚』」を抱くようになったからです。具体的には……

  • 意識しているわけではないのに、ソーシャルメディアの情報が気になる
  • タイムラインに何気に流れている情報を見て、感情的に反応することがある
  • 隙間時間があると無意味にスマフォをいじっている

というような感覚です。その結果、必要のない時間を過ごしてしまいそうなること、相手がいるときスマフォをいじりながら話を聞くことで信頼関係を失ったりする危険性を感じ始めていました。

また、バッテリーがすぐになくなってしまい肝心な電話ができなくなったり、モバイルsuicaで電車に乗れなくなったりすることもあり、外出するときはバッテリー残量をいつも気にしなければならなかったり。

これは別に、スマフォが悪いわけではありません。使う側である私が、使わないように「意識」すればいいだけです。けれども、便利な道具なだけに、「意識」だけでは解決が難しいとも感じます。

「使われる感覚」を、「使う感覚」(情報を自分の意思で選択し、マネジメントできている状態)にしたい・・・そこで、意識に頼らなくても解決できる環境を作ろうと思いました。

「使わないようにしよう」と思うと使いたくなるのが人間なので、スマフォの便利なところは無理にシャットアウトするのではなく、本当に必要なときは使える環境を維持しながら、離れられるところはできるだけ離れる環境を考えた結果

  • SIMカードを差し替えて、スマフォから普通のケータイ(いわゆるガラケー)に戻す
  • ケータイの使用目的は電話、メール、モバイルsuicaだけ
  • スマフォはWifi専用にして、便利な機能は必要なときに使えるようにしておく(私はイーモバイルのWifiルーターを持っているので)

という使い方に変えることにしました。

切り替えて約1週間になります。切り替えた直後は、「情報、洩らさないかな」というような、胸のあたりがソワソワする不安な感覚がありました。

しかし、時間が経つにつれて、次第に具合がよくなってきました。

  • 基本がスマフォからケータイになることで、スマフォへの意識が遠のいた
  • スマフォを使うとき、「Wifiをオンにする」という1アクションが加わったおかげで、いい意味での「面倒臭さ」が生まれ、スマフォにほとんど触れなくなった
  • ケータイは元々バッテリーの"もち"がいいので、電話も、モバイルsuicaも安心して使える。スマフォも基本が待機状態なので1日なら全然平気。
  • パケット通信の定額制プランを変更。通信料が3000円ぐらい安くなった。

このようなメリットがありました。「その分、ケータイに触れる機会が増えたのでは?」と思われるかもしれませんが、WebのブラウジングやGmailの利用など、スマフォでの使用感になれると、ケータイで代用するのは操作が面倒で、デザインにも物足りなさも・・・。

「ケータイで操作するのは面倒」→「スマフォを使うためにはWifiルーターをかばんから取り出し、ON状態にしなければならない。これも面倒」→「まぁ、いいかと思う」→「スマフォに触れない」

自分を観察すると、このような心の動きが起こっています。その結果、スマフォにほとんど触れなくなりました。「まぁ、いいか」と思えるのは、本当に必要な情報ではないからなのでしょうね。本当に必要な情報は多少面倒でも触れますから。

スマフォに触れなくなったら「使われていた」感覚から、自分の意思で「使っている」感覚に変わってきたのがもっとも大きなうれしさです。情報に触れないと、意外な解放感があります。

デメリットは、持ち物が1つ増えたことと、必要な情報に触れるときの面倒臭さかな。面倒臭さは、それを狙ってやったので特に不満はありません。今のところは。

なお、スマフォをケータイに戻す上で、

  • Gmailの中にあるアドレス帳をどうやってケータイに移行する?
  • 情報に触れないのはいいが、「触れる必要がある情報」にはどうリアルタイムに触れる?
  • カーナビとして使っているとき、イーモバイルのWifiルーターが圏外になったらどうする?(イーモバイルはサービスエリア的に、auよりつながらないことが多い)
  • モバイルsuicaはスマフォで使う?(SIMカードがなくても使える?)、ケータイで使う?、

みたいな疑問が浮かび、いろいろ試しました。その結果はまた追々。

今後、どんな変化があるかわかりませんが、今のところはスマフォをやめてよかったです。浮いた時間でゆっくり本でも読みたい気分です。

Comment(9)

コメント

KK

それ、スマフォの問題なのかな(笑)

KKさん、コメントありがとうございます。
この記事は、スマフォに問題があるのではなく、他に問題があるのではないかということですね。おっしゃる通り、スマフォは何の問題はありませんね。すべてはわたくしの問題です。

意識することで律することができれば良かったのですが、スマフォは便利で魅力的なツールなだけに、わたくしにはそれが叶いませんでした。そこで、スマフォを自分から離すということを選択いたしました。

本文に一文、追加いたしました。ご指摘ありがとうございました。

KK

お気持ちは分かりますが...その傾向に陥る人ならケータイでも同じでは? と、思ったりもします(笑) それに、「しごとのみらい」「10年後、仕事を「ツライもの」から「楽しいもの」に変えたい」という主旨からして、所詮(便利な)道具であるスマフォを簡単に投げ出しちゃうのは正しい判断なのでしょうか? ちょっと不思議です。

KKさん、コメントありがとうございます。
KKさんは、便利な道具を上手に使いこなしていらっしゃるのでしょうね。
便利な道具を"投げ出した"と思われていらっしゃるとのこと。情報に触れないことで何かしら困っているのなら"投げ出した"と言えるかもしれません。幸い、本当に必要な情報には触れられるので困っていることはありません。それよりも、触れる情報や時間を選択・管理できているうれしさ、やり方を工夫することで課題を解決できる楽しさを感じています。
この記事は私の使い方をご紹介しました。他のみなさまに何かを強要するものでは一切ありません。KKさんはKKさんが好まれる使い方をされてください。

LL

そんな時こそTCMの出番だっ~!w

LLさん、コメントありがとうございます。
おっしゃる通り!こんな時こそTCMの出番です。

KK

なるほど。投げ出していないのなら、「ススマフォやめました」ではなく「スマフォの使い方変えました」かな? もしくは「スマフォとの接し方変えました」とか(笑)

MM44

すごく分かる気がします。
おいらは、ガラケーとiPhoneの2台持ちですが、iPhoneを持った当初、「これでどこでも仕事が出来るぜぃ」と気合が入ったものですが、今では、情報に追われる煩わしさや、超緊急の仕事など、そんなになかった(笑)点から、iPhoneのアプリも最小限にし、休みの時には持ち歩かないことにしています。
持ってなくてもなんとかなるもので、iPhoneがなくて本当に不便だと思ったのは、あまりなかったというのが、結論ですかね。
もちろん、仕事中にバリバリと使わなきゃいけない場面も出てきますが、それはそれで使い分けが出来れば、何も問題ないかと。

MM44さん、コメントありがとうございます。
確かにスマフォ1台でなんでもできますね。その分、情報に追われる煩わしさも感じます。
私も必要のないときはガラケーだけにして、スマフォは持ち歩かなくなりました。

コメントを投稿する