オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

竹内 義晴

竹内 義晴

もっと「楽しく!」しごとをしよう。――新潟でNPO法人しごとのみらいを運営しながら、東京のサイボウズでもはたらく。複業、二拠点ワーク、テレワークなどを実践している。得意なのはチーム作りやWebマーケティングなど。最近、特に興味があるのが地方×複業で関係人口を増やすこと。著書に、『感情スイッチを切りかえれば、すべての仕事がうまくいく。』『うまく伝わらない人のためのコミュニケーション改善マニュアル』などがある。

プロフィール

1971年生まれ。新潟県出身。

「楽しく、いい気分ではたらく人を増やす」が活動のテーマ。「仕事」の中で起こっている組織や人間関係、モチベーションやメンタル的な問題を、コミュニケーションとコミュニティの力で解決するコミュニケーショントレーナー。一人でも多くの人が楽しく働けるよう、コミュニケーションの企業研修や、コミュニケーション心理学のトレーニングを行っているほか、ビジネスパーソンのコーチング、カウンセリングに従事している。Webメディアを中心に執筆経験も多数。著書に、『職場がツライを変える会話のチカラ(こう書房)』『イラッとしたときのあたまとこころの整理術(ベストブック)』『やる気が出ない本当の理由(アイティメディア株式会社)』『じぶん設計図で人生を思いのままにデザインする。(秀和システム)』がある。特定非営利活動法人しごとのみらい理事長、トライアングルコミュニケーションモデル開発者、米国NLP協会認定NLPトレーナー。

経歴など、さらに詳しいプロフィールはこちら

Twitterアカウント
Facebook

将来の夢

コミュニケーションとコミュニティはすべての土台。コミュニケーションとコミュニティの力で、「楽しく」「いい気分で」はたらく人を増やしたい。その結果、組織が変わり、会社が変わり、地域が変わり、社会が変わる一助を担いたい。

そして、大人たちが楽しく働く姿を見て、子供たちが「早くお父さんやお母さんのように働きたい」と、夢と希望に向かって笑顔で言える日が来ることを信じている。

現在の夢は、ネイチャービジネスセンターを作ること。