オルタナティブ・ブログ > プロジェクトマジック >

あるいはファシリテーションが得意なコンサルタントによるノウハウとか失敗とか教訓とか

野望ドリブン成長法、あるいは僕の個人的野望リスト

»

オルタナトークのお題は「あなたの野望は?」。空野さん高木さんのブログには「パパは大きくなったら何になりたいの?」という子供の問いかけについて。困りますよね、こういうの。

ちょっと話がズレますけど、僕は娘が2歳の時から「おとうのお仕事はカレー屋さん」と言い続けている。コンサルタントという職業を説明するのが困難かつ面倒なのと、まあ、子供に数年単位で嘘を付くなんて、一生のうちにそう何度もできることではないし。
5、6歳までは結構信じていて「おとうはカレー屋さんなのに、なんで中華鍋を振るのも上手いの?」などと無邪気に言ってくれた。「まんまと騙されおって・・」と、ほくそ笑んだものだ。
8歳になった今も公式見解としてはカレー屋のままだが、スーツを着て会社に行くこと、パソコンで本を書いていることなどから、さすがに「ないでしょ」と思っているらしく、その話題には全く触れてこない。
父親が嘘つきだということについてどう思っているのか、ちょっと聞いてみたい。そして、いつか父親の仕事について、きちんと話をしたい。

さて「野望」ですか。よくぞ聞いてくれました。
僕は「野望ドリブン成長法」というのを常々提唱しているのだ。

少し前の「厳正な人事評価は社員を成長させるのか?あるいは相撲取り哲学のススメ」にも書いたのだが、僕は、世間でよく言われている「成長モデル」には懐疑的だ。

成長モデルとは↓こんなの。仮に「ギャップ埋め成長法」と呼ぼう。

現在の自分の能力を把握する(出来れば数値で)

自分がなりたい姿を目標設定する

ギャップを埋めるための行動計画を策定する

日々、それを実行していく

努力が実ってギャップが埋まり、見事に成長する

だが。
少なくとも僕の場合はコツコツ型の努力が得意ではないので、

ギャップを埋めるための行動をリストアップする

日々、それに向けて努力しようと頑張る

が、努力できない

もちろん、成長しない

自己嫌悪

こんな感じになっていく。ああ、嫌だ。

努力不足だけが問題なのではない。
「ギャップ埋め成長法」は「仕事で必要だから簿記2級の勉強しなくちゃ」の様に、能力がデジタルで把握できる時には比較的有効なのだが、「コミュニケーション力」の様にアナログなものには不向きだ。
さらに、目標設定が間違っていることが多い。特に若手のうちは、自分のモノサシの範囲内で「理想の自分」を設定する。だが、モノサシをぶっ壊さないうちは、大した成長ではないのだ。
そして、ギャップを埋めるための行動計画がトンチンカンなこともある。

そこでオススメしたいのが「野望ドリブン成長法だ」

将来成し遂げたいこと、ありたい姿(つまり野望)を沢山思い浮かべる

それに向かうためのステップなどは特に考えない

が、常に意識する。それに関係することにはアンテナを立てる

アンテナに引っかかった知識、人、事例を沢山吸収する

野望に関連することについて、色々な人と議論する

野望に関連するチャレンジにはなるべく立候補(出来れば自分で企画)

あら不思議、いつの間にか成長している(こともある)


いつの間にか野望が達成(していることもある)

この方法は時間がかかるし、お約束はできない。だが、急がば回れ。経験上、5年10年単位での達成率は中々のものだ。
野望を持った時点では、到達方法が自分でも皆目分からない場合も多い。そんな場合でも、いつの間にか到達していることがある。なぜそんな事が起こるのか。多分、人間の「学ぶ力」は、結構凄いのだ。
野望を持って、普段から関連する本を読む。関連していない本からも、関連する知見を引き出す。色々考える。誰かにそれとなく質問する。
そういう事を繰り返していくうち、いつの間にか成長する、という事は実際に起こる。
そもそも、子供の時から僕らはそうやって成長してきたのだ。

野望の高さや粒の大きさも適当で良い。難易度や大小が適当だと、中には到達できるものも出てくるので、適度に自己満足できる。
当然、高い野望に到達するには時間がかかるし、一生到達できないかもしれない。が、まあ、そういうのが少しくらいあっても、別にいいじゃないですか。自分は所詮その程度、ということで。

ワタミの社長さんが、「実現すべき野望をノートに書いて日夜睨みつける」という方法を提唱しているらしい。凄い執念だけれども、僕の提唱する方法はもっとぬるい。紙にも書かないし、期限も切らない。期限を決めると、達成できない時に自己嫌悪に陥るから。自己嫌悪は成長にとって、一番の敵だと思う。

さて、野望というのは極めて個人的なものであるが、行きがかり上、僕が社会人になってから抱いてきた野望を、公開してみる。

上記のように、野望は事前には書き出さない主義なので、これは「今、振り返ってみると、当時はこんな野望を抱いていたよなぁ」というリストである。
改めて見ると「野望」という程のものではなくて、「願望」レベルのものが多いですかね。考えた当初としては遠い目標の様に見えていたので、「野望」と思ってましたけど。

ちなみに、下記はごく一部で、思い出せただけでも50個ほどはあった。
(数撃ちゃ当たる、というの秘訣の一つかもしれない)

凡例
◯:達成したもの(あくまで自己評価。評価基準は甘め)
△:未達成のもの、道半ばのもの
×:達成していないけれども、もはやどうでも良くなったもの

★SE時代(前の会社にいた頃)
◯:DB論理設計のプロになる
×:プロジェクトハブとしてのDBAになる
◯:PMの立場で判断
◯:失敗プロジェクトについて一家言持つ
◯:手取り足取り型チームリードになる
◯:凄いPMになる

★コンサルタントになった頃
◯:お客さんと戦友/同志という関係になる
◯:ファシリテーターになる
◯:会計を最低限語れるようになる
◯:業務改革(BPR)の手法を確立する
◯:ケンブリッジメソドロジーの有効性を実証する
◯:全社のお手本的なプロジェクトを作る
◯:絵に描いた餅にならないプロジェクト計画を作る
◯:問いの次元を上げる
◯:眠くならないプレゼンを出来るようになる
△:ケンブリッジを業界のスタンダードにする

★この3年ほど
◯:自分なりの新規案件の提案スタイルを確立する
△:会社を多様な才能がごろごろ集う場に
△:お客さんの役員さんと、茶飲み話ができるようになる
◯:事実/実状をあぶり出すキラークエスチョンの使い手に
◯:プロジェクトのやりがいと楽しさを伝える本を書く
△:プロジェクトの立ちあげ方についての本を書く
◯:会社の戦略ストーリーを語れるように
△:とにかく暇になる
△:社長の視点で判断

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する