オルタナティブ・ブログ > プロジェクトマジック >

あるいはファシリテーションが得意なコンサルタントによるノウハウとか失敗とか教訓とか

変革に必要な野蛮さ、あるいは鈍感力

»

★お客さんはとても優秀
いつもプロジェクトをやりながら思うのだが、僕らのクライアントさん達はとても優秀な方々である。クレバーで、業務をよく把握していて、キッチリと理詰めで考える方がほとんど。

だが、ある意味非常に失礼な言い方なのだが、その優秀さが無駄というか、アダとなっているケースがあるように思う。3つほど挙げてみよう。

★1)あり得ない状況のあり得る化
お客さんのお仕事についてヒアリングするとたまに、「そんな複雑なことやってるんですか?ひええ・・」という事がある。
例えば先日は「組織新設エキスパート」の方にお会いした。大企業なので、新しく部や事業部が作られたり統合されることはよくある。
組織はあらゆる業務やシステムのベース情報だから、当然組織マスターに登録するのだが、それが色々な事情で凄く難しいのだ。30分くらいノウハウを伺っての僕の感想は
「一つ一つのルールは把握できませんでしたが、とても繊細で難しいお仕事だという事だけは、分かりました・・」
というものだった。

やりたいことは新組織をシステムに登録する、言ってしまえばただそれだけである。それがこんなに複雑なのは「あり得ない」。だが、その方の優秀さがそれを可能にしてしまっている。
可能にしなければ日々のお仕事が回らないのだから、素晴らしいことなのだが、一方で、「おかしいシステムを、効率が悪いのに使い続けている」という本質的な問題が隠蔽されてしまっている。

★2)緻密すぎる制度設計
企画部門の方にお話を伺った時のこと。
「この制度、私が去年設計したんですよ」と言って見せていただいたのが、大きな表と判断分岐のチャート。
ある業務をこなす際に、様々なケースがあり得るので、場合ごとに緻密な対応方法を書いた、大作チャートだった。

やはり僕の感想は「スゴイ!・・でもこれって、営業マンのほとんどは使いこなせないですよ?」だった。
企画した方が熟考した末のチャートだから、正しいか正しくないかで言えば正しいのだが、運用を考えると妥当ではない・・。
これも、クレバーさがアダとなったケースだと思う。

★3)「それはこういう理由で上手くいきません」
現状を良く理解され、なんとか運用されている方は、何かを変える時のリスクが良く見通せる。その知見はプロジェクトにとって決定的に重要でもあるのだが、新しいことにチャレンジをする際にブレーキになりすぎることもある。

そのご意見は貴重だし、多分正しいのだと思う。でも、現状はもっとヒドイことになっていて、変えなければならないのも確か。結果的に、現状維持に落ち着く。長期的に見れば行き止まりだったとしても。
もちろん変えたら今よりひどくなることもある。
だが、全てのアイディアに、片っ端からフタをしても始まらない。

★野蛮さ、あるいは鈍感力

・色々あるのは分かるけど、結果としてこの状態は容認できない
・そう簡単にいかないのは分かるけど、最終的にはこうやるのが一番いいハズ

という感覚、分かりますかね。
ブルドーザーみたいに、細かいことはなぎ倒し、本質的なことだけに真っ直ぐ進む。僕が「野蛮さ」と呼んでいるのはこのマインド。細かいことは無視して、大づかみで捉えた構造からモノを考えるというか。

「トップが変革を主導するのと、ミドルアップと、どちらがいいか?」は、一概には言えない。
が、トップが変革を主導することのメリットは「現場の事情を無視して野蛮に断行できる」という点だ。大胆な変革をやりやすい。何しろ現場の実情が分からないから、結果として大掴みの施策になっていくから。
逆に、ミドルが主導すると、変革と言うよりは改善になりやすい。目が届きすぎてしまうのだ。

★「全部やらなきゃ負けるから、全部やる」
だが、僕らとプロジェクトを共にした、非常に優れたリーダーはミドルであってもこの感覚を持っている。
(同時に緻密さも持ち合わせている方も多い。凄いです)
例を挙げよう

以前「業務切り替えの山崩し、あるいはプロジェクトを段階稼動させる理由」
という回で、何かを変えるときには、リスクをならすために段階的にやろう、という話を書いた。
だが、あるプロジェクトリーダーから、段階切り替えに大反対されたことがある。

「今度のプロジェクトは、受注から販売、顧客対応まで、会社としてのキャパシティを引き上げる事に意味がある。どれか一つを後回しにしたら、そこがボトルネックになって、結局会社としてのキャパは上がらない。そんなんじゃ勝てないんだよ!」

冷静に分析すれば、何もかもをいっぺんに立ち上げる企業体力なんて全然ないのだ。でも、彼はリーダーとしていっぺんに立ち上げることに、最後までこだわった。
議論の末、僕らも最後には折れて一気に立ち上げるプロジェクトプランにチャレンジしたのだが、本当にしんどかった。
業務ルールを変えながら、新システムを立ち上げ、さらにアウトソースの委託先を変更したのだから。
けれども、ついにやり遂げた結果、得られた成果は素晴らしいものだった。その方も後々、
「あのプロジェクトは、私の仕事人生の中でも金字塔でした」
と語ってくれた。

「何としても、会社のキャパシティを引き上げる」というビジョンを前にしては「リスクを減らすために段階稼動」という、僕らのプロとしての知見などは、小賢しい浅知恵くらいに思えてくる。
ヴィジョンが熱意を産み、熱意が不可能を可能にしたのだから。

まあ、全部のプロジェクトがこうはいかないけどね。



【お知らせ】
同じオルタナブロガーの片岡さんが、なぜか、
白川のブログについての記事をアップしてくださいました。しかも2件も!
ご興味が有る方はぜひ。

白川克さんのブログ記事の題名に「あるいは」が入っているのは何故か? - THEME・編

白川克さんのブログ記事の題名に必ず「あるいは」が入っているのは何故か? - Allegro maestoso・編

Comment(5)

コメント

片岡麻実

白川さま

こんばんは、オルタナブロガーの片岡麻実です。
今回も興味深い記事をありがとうございました。
私の記事もご紹介していただき恐れいります。
とても嬉しいです。


本質的な事にまっすぐ切り込むというのは大事なことだなと感じました。仕事をしていると瑣末な事に気を取られてしまいがちなので、白川さんの記事を参考に私も気をつけるようします。


それにしても、題名を工夫してくださってありがとうございます。最初にスタッフのピックアップのところで題名を拝見した際、あっと思って、次にニヤリとしてしまいました。過去の題名の中で一二を争うくらい短いのかもしれません。短いのもわかりやすくいいなと思いました。

今回の記事も面白かったので書き込みさせていただきました。これからも白川さんの記事を楽しみにしています。

片岡さん、こんにちは。
アクセス数を気にしていないので、タイトルは毎回そうとう適当につけてます( ̄ー ̄)。

ところで、片岡さんのリクエストに応えて「子供の教育とICT」というテーマについて書こうと思ったのですが、今ひとつ上手く頭が整理できていないので断念しました。そちらのコメント欄に生煮えの意見だけ書いておきますね。

片岡麻実

白川さま

こんばんは。片岡麻実です。
私が子供の教育とICTで記事をリクエストした件は丁寧なコメントをいただいて感激です。ありがとうございました。私の記事の方で返信させていただきました。

タイトルの件は今回の記事のお陰であと2回くらいは「あるいは」で書けるかな? と思っています。三部作のつもりが四部作になりそうです。

少し時間がかかるかもしれませんが、お楽しみに。

木村

こんにちは、

企業活動も長くなると制度やルールが複雑になり運用工数や難易度が増大する。それを優秀な社員が職人芸の様なスキルで処理しているうちはまだいいのだが、困ったことに手段が目的化して制度やルールを守ろうとする人達が発生したりします。(私はそんな人達をガーディアンと呼んでいます)

そもそも論で振り返りゼロベースでシステムを構築し直す場合、ガーディアンが反対することもあるでしょう。そんな時、反対を抑えるのではなく全く別の視点からの展望を見させて気付きを得させることが重要なのかな、と思っています。

ありきたりなコメントでしたね・・・

木村さんこんにちは。
>困ったことに手段が目的化して
これは、本当に仕事の至る所で見られますよね。
難しいのは、そうなっている本人(自分ももちろん含めて)には極めて気づきにくいということと、他人から指摘されると凄く腹が立つことです。
>全く別の視点からの展望
いつもこういうリードが出来れば、と思いますが・・。難しいです。修行あるのみデス。

コメントを投稿する