オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

MacBook Pro 15インチ(Early 2011)を購入した(Windows編)

»

"MacBook Pro 15インチ(Early 2011)を購入した(Mac OS X ベンチ編)"でMac OS Xのベンチを掲載しました。次は、BookCampでWindows 7のベンチを調べました。BootCampでWindow 7のインストールは迷うところはありませんでした。

スペック的に以下の様になります。

■WEI

■CPU

■タスクマネージャー

■GPU

ベンチ結果は以下になります。比較対象として自作PC(Phenom II X6 1090T BlackEditionに換装してみたRadeon HD 6850に換装してみた)とThinkPad X201s(ThinkPad X201sを購入した(ベンチ編))を使いました。

■CrystalDiskMark

■3DMark 11(P)

■CINEBENCH R11.5

■NVIDIA DirectCompute(N-Body)

■FF XIV bench

■Heaven Benchmark v2.5(1680x1050)

■Sandra

■PCMarkVantage

■表

・WEI

・CrystalDiskMark

・3DMark 11(P)

・CINEBENCH R11.5

・NVIDIA DirectCompute(N-Body)

・FF XIV bench

・Heaven Benchmark v2.5(1680x1050)

・Sandra

・PCMarkVantage

・Javascriptベンチ(9.0.597.107)

■まとめ

比較対象で自作デスクトップPCのPhenom II X6&Radeon HD 6850(メモリ8GB、HDD)とThinkPad X201s(Core i7-620LM&SSD )です。比較対象としては適切でないですが、手元の現役PCはこれしかないのです。参考程度にしてください。

CrystalDiskMarkの結果は、HDDと比べると大きな差があります。OS等の頻繁に使用する箇所はSSDに配置し用途が少ないデータ類は、HDDに配置したほうが良いですね。

510 Series SSDSC2MH120A2K5は、SSDSA2NH080G2C1に比べてSATA 3.0対応しているためシーケンシャル系は速いですが、ランダム系は少し不得手としています(思っていたよりも悪くない)。こればかりは最初のSATA 3.0対応コントローラーと言ったところかも知れません。

Intelはこの時点でSATA 3.0対応SSDを出荷する目的は、SATA 3.0対応チップセットを売りにしたためでしょう。このため、速度優先で自社コントローラーでないものを採用したようです。2011年夏ぐらいには自社チップのSSDを出すようなので、第2世代SATA 3.0系のコントローラーで再度評価してみたいですね。

Sandy BridgeのCore i7-2820QMは速いですね。Phenom II X6 1090T(3.2GHz)は決して遅いCPUではないのですが、SandraやJavascriptベンチでは明確な差がついています。

GPUはやはり少し見劣りますが、それは仕方がないところです。ついでにWindowsでGPU-ZではCPU内蔵GPUを選択できませんでした。

上記のベンチのデータは"MacBook Pro 15inch Early 2011"のWindows系ベンチにあります。

関連

MacBook Pro 15インチ(Early 2011)を購入した(まとめ編)
MacBook Pro 15インチ(Early 2011)を購入した(3OSによるJavascriptベンチ編)
MacBook Pro 15インチ(Early 2011)を購入した(Mac OS X ベンチ編)
WindowsでiPadを外部ディスプレイとして使ってみる
Macの製品出荷パターンを調べてみた
Sandy Bridge搭載のMacbook Proを購入すべきか考察してみた...もしくは衝動買いに対する論理武装(言い訳)
MacBook Air 11インチと他メーカの10インチ以上&1.1kg以下のミニノートとスペック比較してみた
スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼンの感想
Magic Trackpadを試す
iPadレビュー~もう少し軽ければな~
Phenom II X6 1090T BlackEditionに換装してみた
Radeon HD 6850に換装してみた
ThinkPad X201sを購入した(ベンチ編)
Comment(4)

コメント

上坂

すごく参考になりました。sandy bridge世代でようやくクアッドコアが扱いやすいTDPになったとは感じていましたが、モバイルCPUでcinebenchR11.5のCPU5.18というスコアが出るとは信じられません。発熱が小さい分、1分程度のテストではターボがよく効いていると考えても驚きました。corei7 920を完全に凌駕するスコアですね。(定格の920はコンスタントに4点台後半)。アーキテクチャの更新と、ターボブーストの違いだけで、ここまで性能が伸びるとは正直信じられません。SSDにすることで非常にバランスの良いマシンになりますね。ただ、インテルの最新SSDなのに、4Kの伸びが悪いのが気になります。SATA2接続?にも原因があるんでしょうか?

ありがとうございました。かなり参考になりました。

上坂さん、コメントありがとうございます。
アーキテクチャ更新がやはり聞いていると思います。ターボブーストはマルチスレッドベンチなので、あまり伸びていないかも知れません。
4Kの伸びが悪いのは、たぶんMarvellのコントローラーの影響だと思われます。また、120GBのなので、250GB系と比べると劣ります。また、OSも入れている場所なので若干悪いように思えます。
神様も桜の時期にIntelのコントローラーを搭載SSDが出る様なので、本命はそちらか、もしくはSandForceのSF-2200かなと思ったりもしています。
後、気になっているのはMac OS X編でも書きましたが、最初は3Gbpsでした。Windows 7のほうも実はインストール後にとったデータはシーケンシャルもよくありませんでした(Mac OS Xのほうが直った後にWindowsで取り直しました結果が上の記事です)。
このためSATA 3.0の少し不安定なような気がしなくもありません。こればかりは長期的に使ってみないとわからないかも知れません。
今後もよろしくお願いいたします。

マッコリ

初めて書き込みさせていただきます。
内蔵HDDをintel510に換装されたとのことですが、当方でもearly 2011の17インチにcrucialのC300を導入しようとしたのですが、インストール途中でエラーがでてしまいます
macbook本体のSATA3.0がまだ不安定だとの情報を見たことがあるのですが、インストールで苦労なさったりしなかったでしょうか?

マッコリさん、コメントありがとうございます。
私のところではインストール自体に問題はありませんでした。ブログにも書きましたが、何ゆえか最初SATAの速度が3Gbpsなのが6Gbpsになったりと不安定だと私も思います。問題がドライバーなのか、それともチップ側なのかわかりません。Windows 7でも最初の転送速度が速くなかったので、チップ側にもしかすると何かしらの問題があるかのかも知れませんが、現時点では特定できておりません。
今後もよろしくお願いいたします。

コメントを投稿する