オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

Magic Trackpadを試す

»

私はMacユーザではありませんが、Magic Trackpadは使ってみたいと思い購入しました。

とは言ってもMacを買うつもりがないので、Windwos 7でMagic Trackpadを使ってみます。基本的にはBluetoothのコネクタがあればつながります。デバイス名は、Apple Wireless Trackpadと表示されます。

Magic Trackpadの使い方は、箱の裏に記載されています。

この中でWindowsで使用できるのは、ポイント、クリック、ダブルクリック、クリックしてドラッグの4つです。右クリックは利きません。マルチタッチがアウトな感じです。

私は、今まで多くのノートPCを使うことがあったためトラックポイントもトラックボールもタッチパッドもいけます。最近はマウスとトラックポイントオンリーですが。久々のタッチパッド系になります。

表面の硬質な感じは初めて経験する感触です。この感触はさすがはAppleでしょうか。ポインタを動かす軽さは硬質な表面のおかげのようでいいですね。ただし、クリックとドラックは逆に力がいるようでつらいです。Windowsだからでしょうか。

後、右クリックができないため通常利用には向きません。

Microsoftがマルチタッチデバイスを出すと噂されています。この分野に関してはAppleの独断場でした。このため、Microsoftからで出るのはようやくでしょうか。確かに、iPadやiPod touchを使うとピンチなどはよくできたアクションだと思います。そういえば、AppleはMagic Trackpadだけ出して、キーボード一体型(MacBookのキーボードライクなキーボード)は出しませんでしたね。そちらの方がよりいいのではないかと思うのですが、どうでしょうか。

Magic Mouseの件で、AppleはWindows用にドライバーを準備しなかったため、Magic TrackpadのWindowsの利用はこの程度の体感しかできないでしょう。Microsoftがようやくマルチタッチの重要性を気づいたようなので、この分野のデバイスはこれからWindowsプラットフォームも良くなるかも知れません。

ついでにiPadでMagic Trackpadを認識できるかと試しましたが当然の様にだめでした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する