オルタナティブ・ブログ > 「神奈河、神名川、上無川 。」 >

読めばベタに分かる、タイトルどおりのブログ

自動車が売れない理由に関する私的考察~それは「デザイン」と「塗料」

»

昨日で東京モーターショーが閉幕した。

モーターショー開催中に水を差すようなことを書くのはなんなのであえて控えていたが、実はここのところ自動車販売状況がよろしくない。この件については新聞記事では多く取り上げられているが、その他、ブログで書かれている方も多い。

[参考資料]
ちょーちょーちょーいい感じBLOG「車が売れなくなった理由」
http://wkwk.tv/chou/entries/2007/10/post_1097.html

FPN - 車が売れなくなったのは当たり前。
http://www.future-planning.net/x/modules/news/article.php?storyid=2817

事実、統計データでもその数値は表れている。

[参考資料]
社団法人 日本自動車販売協会連合会 統計データ
http://www.jada.or.jp/contents/data/index.html

それでは、自動車に乗る人がどんどん減っているのか?というと、書類上でも公道を走ることのできる第一条件である登録行為を国に対して行っている数(※1)を測る保有統計上で見るとそれ程大きな変化はない。乗用車(軽自動車含む)というカテゴリーで言えば、
平成18年3月末:約5,709万台
平成19年3月末:約5,751万台
平成19年7月末:約5,772万台
平成19年8月末:約5,774万台
となり、むしろ微増している。

[参考資料]
財団法人自動車検査登録情報協会 自動車保有台数
http://www.airia.or.jp/number/index.html

※1:実際には軽自動車の場合は「届出」と言い、軽自動車で無いものと軽自動車によってその申請窓口、税務手続き上の管轄等は異なるのだが、省略させていただいている。

また、普通車の免許保持者も毎年約70万人ぐらいの増加を続けており、決して自動車を運転できる人数が減っている、という訳では無い。

[参考資料]
警察庁 運転免許統計
http://www.npa.go.jp/toukei/menkyo/index.htm

つまり、ここから見出せることは、決して運転可能な人数が減っている訳でも無ければ、自動車そのものの総量が減っている訳では無いので、「車が売れない」と言われながら、実際には日本の自動車メーカーが製造する「新車」だけが売れないだけであり、決して自動車離れが進んでいる、という訳では無い事実である。

それでは、じゃあどうして新車が売れないのか?ということに対しての私的な考察として、妹尾が理由にあげたいのは「デザイン」と「塗料」である。

ここで、「デザイン」?とあげて、もし「ああ、妹尾は日本車のデザインが良くないんだ」と言い出すと思われる方が居たら、それは全く違う、と断言しておきたい。むしろ個人的には日本の自動車メーカーのデザインはそれぞれのメーカーとしてのポリシーや個性的なパッケージをよく実現できていると思う。デザイナー出身でも何でも無い妹尾に評じられたく無いとは思うが。

ではどうしてか?と言うと、むしろ10数年前からデザインがよくなり過ぎて、以前だったら持ち主が何となく時代遅れ感を感じて買い換えしてしまうような車両の年数経過があったとしても、それなりに現在で通用する、むしろ違和感を感じなくなってしまったからではないか、と自分は思っている。

昔、営業をやっていた時、ある店長の指導の中で、「家を新築した、買い換えた人を狙え」というのがあった。自己の所有物でご近所に対して目立つ存在になる「家」と「自動車」という組合せにおいて、「家」だけが新しくなり、「自動車」が明らかに古臭さを感じさせる時、どうしてもそれが持ち主にとっての違和感につながり、もしくは顕示欲をそそり、買い換える傾向にある。だから「家を買った」という大きな買い物をしたから、といって、「車にかけられる費用が無い」という判断をしてはいけない、というのがその店長の理論だった。根拠は?と言っても出てくるような人では無いのであらためて問うことは無かったが、あながち「そんなことは無い」と言い切れるものでは無いだろう、と感じた。

自分が小学校、中学校の頃に出た新製品の自動車は、それから数年経ち、他のライバル車が発売されると、やはり旧型のイメージは否めないところがあり、モデルチェンジにより次の世代が出てくると、否が応でも旧型感を感じさせられたものである。一方、ここ数年のモデルの中で、現在で通じないデザインってあるだろうか?自分は個人的には無い、と思っている。但し、自動車、という製品単体で語ってはいけないこと、として、家具屋さんにしても、雑貨屋さんにしても、飲食店にしても、まぁどんな店舗においても、様々なデザインやカラーが使われるようになり、以前では”浮いて”しまうようなものであっても、それはそれなりに存在感、存在できる要素が得られるようになってきた、というのもある、と思っている。すなわち、多少最新鋭では無いデザインではあった、としても、それはそれなりに同化できる周囲の環境がある、というか。さすがに自分は業界の人なので、それぞれの車両の世代等の認識はできるけれども、一般の人からすれば、自動車の世代を知ることも無ければ、わかりもしないし、意識しよう、としないのでは無いか?と思う。

また、昔で言えば、車両の新旧を見分ける一つ、として、外観の色味、および色の褪せ具合、というのがあった。自分が小学校の頃、事実上”シルバー”の色は存在せず全て”ねずみ色”だった印象がある。もしくはポスターカラーで塗ったような”銀色”というか。それがいつの間にかきちんと”シルバー”の発色をするようになった。白もそう。なんとなくベタっと小学校時代の絵の具で塗ったような白から、”パール”がかったもの、艶のある白、等様々な表現がなされるようになった。イコール今、あちらこちらでできている店舗のファサードと同様、車両自身、そういったファサードに対して違和感があるような古臭い色味の感じ、というものが無くなってしまったのでは無いか、と感じている。色褪せも昔に比べれば随分減り、それ相応に以前の色味を継続している、というか。ここに関しては利用されている地域によっても違う部分はあるのだろうけど。

結果として、デザイン、色味の問題から言えば、最新の車両に乗らなくてはいけない社会的違和感というのは、20数年前に比べて無くなってきているように思う。だからこそ、その本人が気に入りさえすれば「中古車」でも十分だし、そのデザイン如何によっては最新モデルよりも一つ前、もしくは二つ前の車両の方が受ける場合もある。それが「新車」の販売が沈んできた理由だと妹尾は思う。

では、これを本当の”課題”とするならば解消法は一つ。少しでも以前の車は下取りしていく度に壊滅させていき、再流通の道を閉ざすしか無いのだ。でも、これは現実的に不可能である。下取り、という行為によってそれなりに今、車を持っている人の代替時における現物支払を可能にしている訳であり、それを「中古車」として販売することにより、流通業者であるディーラーは単に「新車」販売時に得られるごく少量の利益をカバーし、新たな顧客を捕まえる、といった行為ができ、次に、その「中古車」購入者が車両を欲するときに自社の「新車」を購入してもらえるかもしれない見込客として取り扱うことができる。結果として旧車の流通が自動車販売会社にとっては新たな商売の元ネタ、とすることができる一方で、その流通網を確保したい、と考えている自動車メーカーにとっては邪魔な存在になってきているのである。だから、自動車メーカーが最終的に追い込まれた、としたら、自社が十分再生可能な下取り車であっても買取し、商品としての再生ではなく、リサイクルに回すしか無いのでは無いか、と思う。当然、それを行うと、今までのような利益構造ではなくなるだろう。なぜなら、今までは自分達が加工業としてそれ相応の手間がかかった部分を利益として上乗せできたかもしれないが、リサイクル、として素材で見た時、その利益分はペイできないにも関わらず、下取りと同等の価格で取得する、としたら、そこには赤字しか無いからだ。

これは素人見ながら”真”なのでは無いか、と思っている。でも間違ってもまっとうな分析からはこの原因究明は見出せないだろう。何故なら様々なデザインが受け入れられる外的環境に変化してきたこと、数年前のモデルから今でも通用するデザインである、ということは「解消しようの無い課題」であるからだ。どうしてもPDCA的な分析手法、次に何をするか、といった課題を抽出する中では、自分達で解決できないような”他責”のものは取り上げたところで仕方が無いので無視してしまうことになる。だから、自分達で何とかなりそうな所でこねくりまわさなくてはいけなくなるので、結果として、本質から離れていってしまうことがあるのではないか、と個人的には強く思うのである。

【注記】
自分は広い意味ではマーケティング部門に属している者ではあるが、消費者動向や自社の販売状況分析を行う役割には全く関係しない。タイトルにも書かせてもらったとおり今回のエントリーはあくまで私的考察であり、仮に自分がどこの会社に属しているかご存知な方が居られたとしても、あくまで今回のエントリーの内容が自分の会社の動向には一切影響を与えないことをここで宣言させていただく。

Comment(16)

コメント

Can

注釈があるとは言え、軽自動車を除いて「自動車が売れない」と言うのは、いかがなものでしょうか?
参考資料として挙げている、「社団法人 日本自動車販売協会連合会 統計データ」には、
「新車・月別・車種別」の中に「統合計(登録車・軽自動車)」があります。これを見る限り、1998年は約588万台、2006年は約574万台と2%程の減でしかありません。

>Canさま
コメントありがとうございました。
ご指摘のありました「総合計(登録車・軽自動車)」のページにおいて回答させていただきます。
http://www.jada.or.jp/contents/data/type/index00.php
あくまで自動車メーカー側の立場での見方になりますが、日本の自動車メーカーの決算はほぼ4~3月制を採用しており、この場合、1997年4月~1998年3月は約6,275千台であり、2006年4月~2007年3月は約5,618千台となり、約11%の減になります。
また、1月~12月の販売台数におきまして、2007年の当月および来月の販売状況はもちろんまだ確定しておりませんが、現状確定しております1~10月での比較において、2006年が約4,878千台
に対し、2007年は約4,534千台となっており、前年比にして約7%の減、1998年の同期比ですと、2007年は約8.2%の減となっております。二桁以上の減では無いと言えばそれまでですが。2006年まではまだ持ち堪えていたのですが、2007年4月に入ってからは軽自動車についても販売に翳りが出てきています。
http://www.jada.or.jp/contents/data/type/index09.php
このあたりが「自動車が売れない」と書かせていただいた理由です。ご確認の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

CAC

恐れ入ります。興味深く拝見させていただきました。
そろそろ車も、服のように機能ではなくデザインや流行で買わせる時代が来ているような気がします。
アパレルでは、去年との差別化は色合いではなくて形からだそうですよ。(去年ゆったり目の服が流行だったら、今年はぴったりめの服を流行にする、等)
車も、携帯電話のように機種変できるようになったらおもしろいかも知れませんね。(妹尾さんが指摘されているように、リサイクルが必要になるので若干利益は落ちますが)

taka

景気と所得だろ

金持ってりゃ買う
貧乏人は買わないor買えない

>CACさま
コメントありがとうございました。
自分はファッションには全く疎い方ですが、上から下まで同じブランド、という着こなしもあれば、様々なブランドを上手に組み合わせて一つのスタイリングを作り上げる場合もあるかと思います。
なかなか法規制や自動車メーカーの現在のビジネスモデルから言えば難しいのですが、買い換えしてもらうことを前提とした商売ではなく、自由にスタイリングとパワーユニットが自由に組み合わせできたりすると夢があるなぁ、と妹尾は思っています。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

>takaさま
コメントありがとうございました。
いただいたように不景気と可処分所得のお話はもちろん原因の一つか、と思います。事実そのような分析をしている企業や団体は非常に多いですし・・・。ただ、個人的な見解として「それだけかなぁ・・・」とエントリーさせていただいた次第です。
自分が20歳ぐらいの頃は、モデルチェンジを2回もしたら、その2世代前の車を見る方が珍しく、また2世代前の車が自分にとっては随分古く見えました。今、うちの家の前は結構交通量が激しいのですが、3世代前の車とかがわんさか走っています。でもその量が理由だからかもしれないのですが、あまり古さを感じない、浮いている気がしないんですよね。これも個人的な見解ですが。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

そーき

そもそも車という耐久消費財は、社会の中でこんなに次々売れていくものではない、すでにキャパシティを超えているのではないか?とも思えます。現在は「車を持たない」という層も無視できない割合存在するわけですし。長期的には、今のようにどんどん作って売る、という形ではなく、顧客の所有車を維持管理したり、リフレッシュ(リノベーションのように)したりする部分を拡大しないといけないのでは。もちろん技術的な部分の研究開発を続け、それを盛り込んだ新車を販売することも当然残るでしょうが。それでも今のような"大"規模の論理で商売はできないようになるでしょう。製造業全般にいえることでしょうけど、製品が世の中に行き渡る量を超えれば無理が生じます。その場合無理な需要喚起よりは、行き渡った状態に対応した事業のあり方に変えるべきでしょう。たとえばメンテナンスならメンテナンスと、ニーズに合わせるのが自然な形だと思います。長文失礼しました。

>そーきさま
コメントありがとうございました。書かれてらっしゃるとおりか、と思います。
やっぱり昔は、車が一つの分かり易いステータスシンボルだったのだ、と思います。だから持ちたい、という憧れが生まれる。最新のものを持っていたらより優越感に浸れる(という人も実際居たのだろうから、モデルチェンジ、という需要喚起が有効であった)。
ここ数年、お客さまの嗜好として、車に手を出してもらうよりも前の段階で、本、衣服といったところで既に「自分が良いと思えるなら良い」とある意味人目を気にしなくなった、ケータイですら別に最新じゃなくても、と言われている中で、自分達は何を生業としてやっていくのか?をさらに真剣に考えなくてはいけない、と思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

岡田

車⇒見栄⇒女の子と初デート⇒シートベルトしてくれとは言いにくい+ベルトしてると真面目に見える。 若年層に車が売れない理由の1つがシートベルト不着用の罰則です。 安全性の面からはシートベルトは有効ですが若い者にとってはシートベルトをして車に乗ることは格好が悪いんです(3点式ベルトでは外からベルト着用が見えますので余計に) 私は46歳の家族持ちですがそう思います。 男とは本来見栄の生き物ですし、私の若いころには男は大半の者がバイトでお金を貯めで中古車を買っていたものです。(私達が若いころにもベルトの安全性は十分承知していましたが、格好が悪いので誰もしていませんでした)ベルト着用が若年層の車購入の妨げになっている事実をどこも扱っていません。なぜでしょう。 ばかなこと書いているなと思われるでしょうが事実ヤクザの人や超高級車に乗っている人達は大半シートベルトをしていません。急にバイクの話になりますが原付にヘルメット未着用の罰則が出来てから原付の販売が急落したではないですか。1人で乗る原付ですら販売の急落です。初デートで女の子に車を発車させるときに「点数引かれるからシートベルトしてください」と格好悪くて私なら言えません。大きなバイク(普通免許ですが)の3輪車のトライクですが100万以上もする上にバイクよりはるかに幅が広くて駐輪場所確保に苦労し実用性がほぼ0の車に乗ってる人達はすべてヘルメットをかぶっていませんし、古い車でベルトが2点式(外からベルトしているのが見えない)もしくはシートベルトの無い車の人気(値段も)が高いことをみても明らかです。古い中古車を扱っている中古車販売店さんも「ベルトをしなくてもいい車が高くても売れる」と言っています。私が言いたいのはどうしても車が必要な人は仕方なしにベルトを着用していますが、見栄のために無理して購入するには格好が悪い(表現が難しいですがベルトしているのが見えるとアウトローに見えない。真面目に見える)と言いいたいんです。道路交通法の問題もあるでしょうがエアバックの改良等で外部からベルトが見えなくなる安全装置をメーカーさんや国で考えていただくと絶対に車が必要でない人達も購入が増えるはずなんですが。

>岡田さま
コメントありがとうございました。こんな古いエントリーを読んでくださって重ねてお礼申し上げます。なるほど、「真面目に見える」のが格好悪い、というのは確かに経験上ありましたね。
といいつつ、自分の場合は、何となく教習所で「シートベルトをした状態」の運転席でのポジショニングに慣れてしまい、逆にしてない状態だと(座りが悪い感じが)気持ち悪くてずっとシートベルトしてた派(今も)ですけど(苦笑)アウトローに見てもらいたい、というのはなんかわかります。
ちなみに、3輪車のトライクは、(これも日本の法律上、訳がわからないのですが)サイドカーのようなバイクに補助がついている、という形ではなく、昔でいう「ミゼット」と同じ、あくまで”普通三輪車”のオープンカー扱いのため、ヘルメットが不要なんですよね。決して細かく法規制することを望む方ではありませんが、現実としてそれはアリなのか?と思わせられることが多々あります。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

きはしと

よくここまで方向違いな考えができると感心する。普通に考えればなぜ車が売れないかなんてすぐわかるものを、わざとわからないふりをしているのか。だったらその理由は何か。そっちのほうが気になります。

>きはしとさま
コメントありがとうございました。
妄想力が激しくてすみません。
また、四年強も以前のエントリーをお読みいただき重ねてお礼申し上げます。

morya

今さらのコメント失礼します。
自動車が売れない理由のひとつが「デザイン」と「塗料」ってのは目からウロコです。
そういえば、たまにナンバーの分類番号(地名の横の数字)が2桁の車をまだ見かけますよ。
さすがにそこまで古いとデザイン的には古い車とわかってしまいますが(笑)

>一般の人からすれば、自動車の世代を知ることも無ければ、わかりもしないし、意識しよう、としないのでは無いか?と思う。
その通りですね、自分も全然知らないし意識してません。今そういうの考えるのって車雑誌読む人だけなんじゃないの?とか極論を言ってみる(笑)

シートベルトの件ですが、今の若い人は男女問わずシートベルトをするという意識が当たり前なんですから、「シートベルトしてくれとは言いにくい」という論理は破綻しています。
普通言わなくてもしますから(爆)むしろしないやつは頭大丈夫か?とか思う時代。
なので、その法律をなくしても車の売れ行きに変わりはありません。
あと、岡田さんも妹尾さんも60年代生まれですが、70年代以降に生まれた人(特に若ければ若い人ほど)はシートベルトにそんな変な思いはあまりありませんから。
周りの若い人に男女問わず法律の前後でシートベルトしてたかどうか聞いてみてくださいな。さらに車雑誌を読んでるかどうかでも違うと思う。

>moryaさま
コメントありがとうございました。
このエントリーを書いたのはもう5年前になるのですが、エコカー補助金制度があったにも関わらず、うちの近所では未だ”それなりの”年代の車が多いような気がします。
周囲、という意味で言えば、そもそも車雑誌読んでいる若い人も少ないような気がします。自動車会社にも関わらず(苦笑)
これからもよろしくお願い申し上げます。

岡田

morya様のシートベルトのコメントですが、周りの若い者に聞いて見ましたが法規制前には、格好悪いからしてなかったと全員【男5人、女1人】申しております。しかし今では減点されるからしかたなしにしていると。シートベルトするのが嫌で旧車に買い換えた者もいます【部品交換で維持費が大変らしいがそれでも乗り続けると言ってる者1人】 僕が本来言いたいのは格好つける為に乗りたい人が安全装置【シートベルト】丸見えで真面目に見えるので車買うのを若い人が躊躇している者が少なからず存在しているということです。車を必要としない格好つけの人が自己主張するための手段として車を購入する後押しをシートベルトが邪魔しているのだと言いたいのです。ご存知でしょうか、アメリカでエアバックが開発された訳を。3点式シートベルトが格好悪いから安全装置が見えないようにと作られた事実を、それと2012年シェルビーコブラの復刻版が2点式ベルトにして製造販売していることを【シートベルトを2点式での許可を取るのが1番やっかいだったにも関わらずスタイルを守るために】しかし現状では3点式は安全性コストパフォーマンスどれをとっても優れております。目に見えない安全装置をメーカーに開発して頂きますと新しい需要を堀り起こすのに有効な手段になりえるかと思うのですがいかがなものでしょうか。ちなみに上記の男5人の内男2人が法改正後シートベルト着用違反で捕まったのを機に車を売り、別に必要でないからとその後も車購入せずに必要な時はレンタカー借りたり私の車を貸してやったりしています。前回の投稿にはこうした事実は書きませんでしたが私の周りの者の意見が私の思っていたことと同じだったので前回投稿させて頂いた次第です。私の周辺だけの状態だったら申し訳ございません。

morya

このエントリーの話は一般論(日本車の新車が売れてない)が中心だと思ってたんですが、岡田さんの理由ってかなりマニアに偏ってません?
それで日本メーカーのマスコミ発表の数値に変化が出るほどの売上があるとは思えませんが?
まぁ自分の書き方が極論過ぎたのもありますが、全く売上が増えないとはさすがに思いませんよ。しかし、わざわざ書くほどたくさん売れるとは思えないんですが?
しかも、マニアックなのに「格好つけ」で車に乗るって時点でお金に余裕がないと選択しない理由ですが、岡田さんの周りの人は相当車好きな人ばっかりなんですね。
その時点でかなり世間一般の感覚とズレてると思いますよ。
繰り返しですが、法律を元に戻しても、そういう人達がいてちょっとは売上はあがるかもしれませんが、日本車全体の売上には微々たるもので大局には影響ないと思いますよ。

「アメリカでエアバックが開発された訳」ですが、確かにそうなのかもしれませんが、それって「当時のアメリカ」の話であって「現在の日本」にそのまま適用するのはちと無理がありませんか?
しかも、エアバッグだけでなんとかしようとアメリカのメーカーが競争した結果エアバッグが膨らむ時の衝撃で死人が出るという本末転倒なことになり、現在ではどこのメーカーもエアバッグとシートベルトは併用することが前提で作られているため、エアバッグがあるから前の法律に戻しても大丈夫とはなりませんし。
シェルビーコブラの件もアメリカで復刻されたものを輸入という形ですよね?それってアメリカの法律がどうなってるか自分にはよくわからいから2点式で許可された理由がわかりませんし、そもそもアメリカで需要があるからでしょ?そういう類のものが日本で復刻されたのなら別ですが、それで日本の需要が喚起される理由のひとつに上げられてもあまり説得力ありませんよ?

繰り返しになりますが、一部の人は自分ではシートベルトがかっこ悪いと思っているようですが、一般的にはそんなこと思っている人はほとんどいませんし、当然他人の運転を見てシートベルトしてるからかっこ悪いとも思いませんので。
むしろ、自分の周りのシートベルトがイヤっていう一部の人の理由は「かっこ悪い」ではなく「メンドクサイ」なんだけど・・・
こっちの方が「かっこ悪い」より少数派なのか?でも、「かっこ悪い」という理由は自分はここ数年一度も聞いたことがない・・・

前回と今回の投稿が車好きの人にキツイ言い方だったとしたら申し訳ございません。
ただ自分はこのエントリーが一般論前提のように見えたので、シートベルトの件は一般論としてどうかなと思ったしだいです。

コメントを投稿する