オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

メディアリテラシーに対して、メディア側のリテラシーとは

»

たまたま、こんな記事を見かけました。

1人1台PC 投資に見合う教育効果あるか(読売新聞/社説)

あくまで社説ですので、この記事を書いた方のリテラシーの話だと考えています。

問題は、配備されるPCを使ってどのような授業をするのかが、見えていないことである。1人に1台が本当に必要なのか。

令和2年のこの時代に、何を言っているんだ?と感じたのは、僕だけではなかったようで、Facebookの僕のタイムラインでは、かなりの意見が飛び交っていました。

僕は、今の時代において、PC等(等というのは、スマートデバイスを含む、という意味です)は、学校における机や椅子と同じ、あるいはそれ以上に必須な道具だと感じています。

公立学校の場合、家庭環境や親のリテラシーなどを鑑みると、学校から貸与してでも使える環境を与えるというのは、正しい判断なのではないかな、と。

まあ、これ以上は当たり前のことしか書けないので、同じ話の繰り返しをするのはヤメにします。

この記事だけを取り上げて、新聞社、あるいは記者さんの批判をするつもりはありません。

そうではなく、この記事を一例として考えてみると、メディアリテラシーは、これからの僕たちにとって、とても重要なスキルだと感じました。記事から何を読み取るのか以前に、その記事は正しいのか、自分の意見と違う場合には、何をもって違うとするのか、あるいはその記事の背景は?といったところまで深堀りする。

個人のチカラが、ますます試される時代になってきたんだなあ、と感じた今日この頃です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する