オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

PCにはフル活用を求めないのに、iPadだとなぜフル活用を求めるのだろうか

»

iPadの売れ行きが堅調なようです。去年の夏のニュースですが、こんな記事がありました。

7月のタブレット販売動向 iPadが絶好調、販売台数は昨年の倍に(BCN+R)

僕が知る限り、という狭い範囲ではありますが、企業や学校で導入する「タブレット」は、ほとんどがiPadです。まあ、今となっては、サーフェスをタブレットと思って使っている人は、ほとんどいないでしょうから、「タブレット」という定義で、法人に適しているのはiPad、ということになるのでしょう。

イシンでお手伝いしているケースでも、スマートフォンの導入はAndroidを希望される場合はありますが、タブレットでAndroidというのは聞かないです。

学校のICT活用遅れ、解消へ一歩 文科省が工程表(日本経済新聞)

こちらも去年の記事ですが、文科省がしびれを切らして、PCを含むICT整備を勧めるよう、いろいろと声がけをしているようですが、学校の現場では、進めているところはどんどん進んでいる一方で、遅々として進まない学校が多いのも実態です。

昨年、とある学校の校長先生から、タブレットの活用について相談を受けた際に、いくつかの活用についてご説明したところ

「それしか出来ないんですか?もっと他には活用はできませんか?」

というお言葉でした。

実はこれ、学校に限ったことではありません。企業でも、PCのフル機能なんて使っていないのに、iPadの話になると、そんなことを求め始める。

以前、僕の大師匠、伊藤洋一さんが「iPadの音声入力だけでも持つ価値がある」と仰っていました。ちゃんと活用できる人たちは、そういうことなんだな、と感じる今日この頃です。

そんなお話を含めた、AUGM山形は、本会はまだ少し空きがあるそうです。(懇親会は一杯だそうです)

Comment(3)

コメント

理人

これについてはマスコミとかAppleの宣伝の仕方もあるのではと思っています。
「これを使えばいつでもどこでも仕事ができます!」みたいな。
うちの会社でもiPadがさえあればいろいろ解決できるという根拠のない考えをお持ちの方がいます。
社内システムがSafariとかで動作保証されてないものがあったり、画面が小さいとか、そういう事したいなら自社でアプリ開発しないと・・・とか、まあ思っていた理想との違いで使わなくなったお偉いさんが居たりします。

ようは適材適所というか、自分がツールに何を求めるかでiPadがベストなのか、iPhoneで十分なのか、モバイルWindowsPCが良いのか考えるべきなのですが、「みんなiPadがあれば便利って言ってるし」みたいなノリで「なんで導入しないんだ!?」って言われると困っちゃったりしますね。

>理人さん
コメントありがとうございます!
せめて部署単位で、導入端末を変える、というのもアリだと思います。

匿名

あくまでも現場から言わせてもらうと、使い方に困るものであったり、上に必要性を訴えるのに困ることがあります。
音声入力は確かに便利ですが、それだけのために数万円もするものを何十台と購入するわけに生きませんし、購入したら何かと使わないといけませんが個人がiPadを持っている時代ではないので、使い道が見つかりません。
使い方を見つけるためになると、学校が貸し出しなんてしてくれませんので個人が自腹で購入することになります。
PCはプリントが必要になれば作成に使うなど仕方が無いと諦めているもののiPadは期待だけが先走っている状態なのです。

コメントを投稿する