オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

45歳〜50歳の中で「働き盛り」と呼ばれる人は、20代からしっかり働いている

»

今朝、Facebookでこんな記事がシェアされてきました。

早期退職しない限り面接が続き...「45歳以上クビ切り」横行中(FLASH/Yahoo!ニュース)

「『あなたは残っても仕事がない』と言われた。それなりに貢献してきたと思っていたので、ショックで食事が喉を通らなかった」

まあ、そうなるでしょうね。僕的には、その状態で食事のことを考えていたんだ、と驚きましたが。

「面談者の部長から、『今の部署に残りたいというのであれば、どのように貢献できるのか、示せ』と言われた。面談のたびに貢献策を提案したが、部長からは毎回駄目出しを食らった。結局、何を提案しても無駄な抵抗と感じた」(54歳、NEC経理)

僕は、これはどちらにも問題があると感じました。「どのように貢献できるのか示せ」と言われるということは、今まで貢献してなかったよ、ということである一方で、そういう言い方しか出来ない上司。きちんと丁寧に、あなたはここでやるべきことがない、という話をするスキルが、管理職に求められる時代なのだと思います。要らない人には、要らないと言わなくてはならない。

●NEC(2018/6/29)/目標:2019年春までに3000人
●エーザイ(2018/10/25)/目標:2019年3月までに100人、2020年、2021年に追加予定
●日本ハム(2018/10/31)/目標:2019年10月15日までに200人
●アルペン(2019/1/9)/応募:2019年3月20日までに355人
●カシオ計算機(2019/1/31)/応募:2019年3月までに156人
●協和発酵キリン(2019/2/5)/応募:2019年3月までに296人
●コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス(2019/2/14)/目標:2019年4月中までに約700人
●富士通(2019/2/19)/応募:2019年1月末までに2850人

カッコ内は発表日ですが、名だたる大企業が、次々と主に45歳以上の社員の首切りを発表しているようです。つまりは、それだけの大企業でも、ぶら下がり社員を抱えておくだけの余裕がなくなってきた、ということなのだと思います。

「君は要らない」
こんなことは、本当は上司だって言いたくはないでしょう。しかし、言わざるを得ないということは、その人が今までたいして成果を出してこなかった、ということになります。厳しく言うと、烏合の衆であり、チーム、部署で成し遂げたときに、その中の一員に過ぎなかった、ということですね。

40歳でも、50歳でも、成果を出す人は、そんなことを言われる対象にはなりえない。20代、30代で、しっかり成果を出すトレーニングを積んできた人は、そんなポジションにいない、ということなのだろうと思う今日この頃です。

Comment(3)

コメント

iso

んで、「足切りするような会社には勤めたくないなぁ」と優秀な新入社員が入社しないとw
さらに「あの人もあの人も足切りされたし、特に思い入れもないから転職できるうちに辞めちゃえ」と内部の優秀な人も去っていくとw
NECもバンバン人切ってますが、タコが自分の足食べてるようなジリ貧だとなんでわかんないんですかねぇ。

iso

この件の元記事に有った
「リストラは、一時的に出血を止める『対症療法』で、根本的な解決にならない。それよりも、新しい付加価値を生むビジネスを作り出すのが経営者の仕事」
が印象に残りました。

確かに部署の一員としてどんぐりの背比べな烏合の衆はリストラの対象にな
っても仕方ないのかもしれませんが、そういう人たちも居ての部署なのであって、抜きん出た人たちだけで部署は構成できないと思います。
大木様が中盤で仰ったとおり、「経営がにっちもさっちもいかないから、辞めてもらうしか無いんだ」と正直ベースで話すほうがよほど建設的かと思いました。

>isoさん
そうなんですよね。対処療法では、それこそ生産性もなにもあったものじゃないと思います。

コメントを投稿する