オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

英語が下手な日本人同士の会議を「英語必須」としてしまう悲惨さ

»

IMG_2301.JPG

久しぶりのグアム旅行で、気持ちのいい時間を過ごしています。写真は、ヨガパビリオンから見た光景。気持ちのいい場所で、毎朝ヨガのプログラムを受けています。

ヨガプログラムを受ける上で、もっとも大事なことが「呼吸」です。呼吸を英語で言うと「breath」ですが、breathという言葉はプログラム中に一切出てきません。「息を吸う」は「inhale」、「息を吐く」は「exhale」です。
他にも、「cross your legs at shins(くるぶしのところで、足を交差させる)」とか「膝はくるぶしの真上」とか、普段は絶対使わないであろう言葉がたくさん出てきます。僕も何度か、聞き漏らした言葉がありました。

ヨガにはヨガをするときの専門用語があるわけですね。ビジネスも同様です。必要なときに必要なことを言える、あるいは聞き取れることが大事。

最近、とある企業での打ち合わせで、日本人同士だけど英語が強制されているため、面倒だから、と発言しなくなってしまう、という話を聞きました。これでは、本末転倒ですね。発言しないなら、会議に参加すること自体、不要になってしまうかもしれませんし。

英語を使うことが本質ではないですよね。また、「日常会話レベル」なんて言葉がありますが、日常会話こそ難しい。お味噌汁の「昆布出汁」の昆布と「ワカメ」の違いを、英語で説明できる人って、そうそういない気がしますしね。

言葉はしょせん道具。そんなことを感じた今日この頃です。

Comment(2)

コメント

iso

「普段から使わないと、いつまで経っても上達しないからだ!」なんてドヤ顔する経営層の顔が浮かびますが、
てことは普段の日本人同士の会議は英会話の練習台程度のものなのかいなとw
英会話を強制することで失われる機会損失の費用で、英会話教室にでも通わせればいいのにと思います。
まあ海外から通販するのに、英語はできたほうが絶対いいのは間違いないですけどね!!(海外から嗜好品を通販するのにトラブったらもうすごく大変

>isoさん
コメントありがとうございます!

> 英会話を強制することで失われる機会損失の費用
おっしゃる通りですね。だったら、他にやるべきことがあるだろうし、英語を学ばせたいなら、それなりにコストをかけるほうが、時間の浪費になえらなくて済みますね。

コメントを投稿する