オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

一人に一体、ロボットの時代は来る?

»

ソフトバンクが発表した人型ロボット「Pepper」の記事です。見るからに愛嬌のある容姿で、198,000円という今までロボットには到底手が届かないと思っていた僕のような人間にも、魅力的な価格です。

「ロボットが一人につき一体なんて要らないだろう」

多くの人はそう思うのだと思います。今や、介護の現場でも使われたりしていますが、それでも僕たち一般人には「一人につき一体」なんてピンと来ないものですね。

振り返ること四半世紀。僕が社会人になった頃、まだ海外とのコミュニケーションはテレックスが主流だったのですが、その頃はデスクにPCなどなく、各島(デスク6つくらいで島状態になっていました)に一台の入力端末がありました。その頃には、多くの社会人の人が「一人一台のPC」なんて、思い付きもしなかったと思うのです。

もっと遡って、僕が子供の頃、各家庭にテレビが有るのは当たり前でしたが、まだ白黒番組もあって、新聞のテレビ欄には「カラー」と表記された番組がちらほら。そうなんです。カラーテレビを持っている人たちに、どの番組がカラーなのかを知らせる仕組みだったんんですよね。この頃には、各家庭に一台は当たり前でも、各部屋に一台、なんて考えもしませんでした。

今や、各部屋に一台のテレビがある家庭も多くありますし、さらに移動中にワンセグやフルセグで見ている人も多くいます。会社では、一人一台のPCが当たり前のオフィスもたくさんありますし、会社や職種によっては、2台を使い分けているところもありますよね。さらに、タブレットやスマートフォンもあったり。

そう考えると、ロボットもいろいろなデザインやカタチのものが出てきて、一人一体(一台と呼ぶかも知れません)という時代も来るのかも知れない。そんなことを感じた今日この頃です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する