オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

教師に聖職を求めるということ、息子の入学式を優先するとなぜいけないか

»

元某大学事務局長として、教育の改革は永遠のテーマだと思っています。そんな中で、たまたまこのような話題がありました。
 
僕自身、うちの子供の参観日に行った際、その後の懇談会で担任の先生が(話題として)ポロッと「実はうちの子供も今日が参観日でして」とおっしゃいました。たしかに、担任の先生が参観日を放り出すことは難しいだろうなと感じたことがあります。
 
我々一般企業では、有給休暇をとれるようにすることが重視され始めている中で、教師は自分の子供の入学式を優先してはならない、という議論が巻き起こっているようです。うーん、どうなのでしょうか。
 
この話の発端は、この教師の方が子供の入学式を、自分が勤務する学校の入学式よりも優先したことにあるのでしょうか?僕はそうではないように考えています。
 
僕たちの仕事に置き換えてみましょう。仮に、今日はお得意様が当社に来社される日だったとします。しかし、社員が自分の子供の入学式があり、そちらを優先したとします。そこで僕が

「すみません、◯◯は子供の入学式があり、そちらに行っておりまして本日は不在にしております」

と言うでしょうか。おそらく、そこは体の良い言い訳をして、本当のことは言わないでしょう。嘘はつかないけれど、「家庭の事情」ということで会話は成立するはず。それよりも、その社員がいないことで問題が起きないようにしておくことのほうが大切です。引き継ぎをして、お客様が見えても「聞いていない」「知らない」といったことが起きないように入念に打ち合わせを行なっておく。そうやってフォローし合えるから組織なのだと思います。
 
もし、この先生が不在で入学式に支障が出たのであれば、それは組織としての問題。個人を責める話ではないと思うのですがいかがでしょうか。
 
とはいえ、僕たちはついつい「教師」というお仕事をなさっているみなさんに、聖職を求めてしまいがちな気がします。しかし、聖職はもっと違うポイントに求めるべきであって、休暇取得など組織人の権利にまで踏み込むべきではない。そんな気がした月曜日です。

Comment(2)

コメント

kiyo

基本的に大木さんと同じ考えです。
妻とこの件で少し言い争いをしましたが、教師であっても親であり人なのですから
自分の子供の入学式は出たいと思いますし、子供(小学生であれば)も来て欲しいかと思います。

このような問題は組織で考えて対処すべきです。
個人の人格を否定する人もいますが、問題のすり替えであって日本人的な処理の悪いところだと思います。

最近はルール(憲法にしても、労働法にしても)の本質を湾曲して好き勝手な解釈で世論(仲間内)だけで決めてしまうことが多々ありますが、少し怖い時代になったなと思っております。

>kiyoさん
コメントありがとうございます!

> 個人の人格を否定する人もいますが、問題のすり替えであって日本人的な処理の悪いところだと思います。
僕もそう思います。部下のアウトプットを評価する際に、部下個人を攻撃する中間管理職もいますよね。似たようなところだと思います。

> 近はルール(憲法にしても、労働法にしても)の本質を湾曲して好き勝手な解釈で世論(仲間内)
> だけで決めてしまうことが多々ありますが、少し怖い時代になったなと思っております。

ある意味で、ネット社会(そんなものがあるのかどうかも・・)ってそんな状態になっている気がしました。

コメントを投稿する