オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

電子書籍にしない理由がなくなってきたのでは?

»

iPad Airが登場してから、僕の手持ちはiPad miniからiPad Airに、イシンの社員はiPad mini Retinaになりました。僕はプレゼンをすることが多いので、大きな画面のほうがいい、と思ったのですが、実は雑誌を読むにもちょうどいい、と感じています。おかげで、購読停止していた日経ビジネスを年間購読し始めましたし、購読していたMacFanに加えて、MacPeopleも購読し始めました。この大きさはいいですね。
 
先日、親戚からもらった小説「流転の海 」を読み始めたところ、とてもおもしろいのですが、ついつい家に忘れたり、オフィスに忘れてきてしまったり。あと、乱視のせいか夕方になると小さな文字を読むのが辛かったり。(年齢?)
 
ということで、どうせ読むのなら、とKindle版 を購入。これまた読みやすいですし、ベッドの中でも明かりを付けずに読めるし、重宝しています。小説なので、なんとなく一気読みするのがもったいないと感じて、少しずつですが合間を見て読んでいる次第です。
 
今朝は、電車の中で日経新聞を読み終えて、その後に雑誌を読んでから小説。すべてiPad Airで完結しているのが嬉しいです。
 
初めてiPadを持った方から、どんなアプリを入れればいいか、という質問を受けたら、間違いなくiBooksとiOSアプリのKindleを薦めますね。他にも便利なアプリはたくさんありますが、まずは電子書籍の便利さを実感していただきたいと思っています。もう、電子書籍で出さない理由はないでしょうね。あ、出版社の印税の支払い方が、前払いから後払い(出来高払い)になるのを懸念する著者はいるかも知れませんが。。。

Comment(2)