オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

日本人と車椅子と差別と心の余裕

»

事の経緯は、乙武洋匡さんおよびレストランシェフのツイートをご覧いただければと思います。

これ以外にも、レストランを批判するツイート、それとは逆に乙武さんを批判するツイートが氾濫しているようです。

今回の問題は大きく2つだと思うのです。

1.レストランとして、車椅子はお断り、という姿勢。(Webにビルの構造を書いているとか関係なく)
2.わざわざ階下まで降りて直接乙武さんに文句を言ったシェフ
 
〜〜〜回想〜〜〜
僕は子供の頃から発達障害児の友達がおりまして、彼はいつもいじめられていました。でも、レインマンのように、興味あることへの記憶力は素晴らしいのです。僕は彼から、東海道五十三次を教えてもらいました。なんか、すべてを暗誦する彼はカッコ良かったのですね。いじめられっ子ですけど。
 
大学時代はシンガポールで過ごしたのですが、当時は公共交通機関がバスしかなく、運転の荒いバスがたくさんいました。ですが、お年寄りや妊婦さん、あるいは明らかに身体的に障害を抱えている方が乗ってくると、誰もが自然に座席を譲っていました。譲るのは当たり前で、譲られた人も軽く会釈するだけ。譲ることを恥ずかしがることはまったくなく、また譲られて「オレを年寄り扱いするな」みたいな面倒くさい人もいませんでした。
 
僕は大阪出身ですが、「道徳」という授業の中で、今まで知らなかった「差別」について教えられました。わざわざ教えることもないのに、と思ったことを覚えています。
〜〜〜回想終わり〜〜〜
 
あくまで個人店なので、出来ることとできないことがあるとは思います。建物の構造もいろいろです。それでも、シンガポール人なら何とかしようとするだろうな、と。「忙しくて、ビルの構造がこうなのだから」と言い切ってしまうところが日本なのかな、と。まあ、さらに階下まで罵倒しに行かなくてもよかったと思うんですけどね。仮に乙武さんの言い方が悪かったとしても、です。仮に、ですけどね。
 
先日、お知り合いの方が「人の役に立てて、この仕事をしていてよかった」という意味のことをフェイスブックに書いておられました。心の余裕って大事だと思うのです。親切にするにも、心の余裕がないとできなくて。優先座席に座り込んでスマートフォンをいじってたりする人って、心の余裕のない気の毒な人だと感じています。ルールとか規則とか、そういうことの有無とは関係なく、心に余裕がない気がするのですね。
 
人の振り見て我が振り直せと言いますが、自分も心に余裕を持った人間でありたいと思う出来事でした。
Comment(10)

コメント

あとり

この件について、「海外だったらちゃんと対応する」「海外だったら何とかする」というコメントをよく目にしますが、具体的にどうするかに言及したものまではあまり見かけませんね。不思議と。
どうしているか具体例を挙げる海外在住経験者がもっと多ければ参考になるでしょうに、残念なことだと思います。

>あとりさん
コメントありがとうございます。
海外ではどうされるかご存じないのですね。例えばシンガポールでは、その周りにいる人達(特に男性、若者)全員で、車椅子、本人を抱え上げ、移動させます。そんな感じですね。
あとは、在住経験者でなくても、ネットでも情報はたくさんありますね。

あとり

マンパワーで克服ということだろうなとは思ったのですが、
なぜ「周りの人が手伝ったらいいのに」ではなく
「海外だったらなんとかするのに」という書き方の人が多いのだろうかと素朴に思ったのです。
乙武氏なら、現地で支援を求めるTweetをしたら、土曜夕食時の銀座だし何人か集まったのではないかと思うのですが、
店を責めることに影響力を行使する姿勢が非常に残念でした。

>あとりさん
国民性の違いを書いているから、そのような書き方にしていないということです。

ardbeg32

目的が達成できたらそれでいいじゃないかという立場と、
日本人って心の余裕ないなぁと心の問題を取り上げてる立場と、
なんだか見事にすれ違ってる気がします。

今も私の部下に対して、ミスそのものよりもミスを起こすに至った考え方を指導しているのですが、「ミスは修正するって言ってるのになんで怒られているのかわからない」と見事な肩透かしを食らってる最中です。

乙武氏の態度やビルの構造云々についてコメントする気はありませんが、階下まで降りて乙武氏に文句を言うというのは心の余裕が無いなぁと感じます。
ITに関するセキュリティルールを作ると、「そんなこと言ってたら仕事はできません!」とヒステリックに迫ってくる人がいます。事実「それまでのやり方のままなら」仕事にならないのでしょうけど、問題の本質はそこじゃない。心の余裕が無いから自分の目の前の仕事にしか言及できないんだろうなと嘆息気味です。

わんたん

大木さんも一方の言い分だけでこんなエントリーを書いちゃうんだなぁ。とがっかりしました。
シェフが罵倒するために階下に降りてきたとか、大木さんはその場にいらしたのですか?
乙武さんの発言は絶対に正しいのでしょうか?
確かにどんな事情であれ、客に不満を抱かせたまま、その場で解消できなかったところはお店の失敗だったと思います。
予約で満席な狭くて(カウンター6席、2人テーブル・4人テーブル各1)人手がなく(シェフ+見習いの2人だけ)レストランで、2階までの階段移動介助を含む急な車椅子対応は無理、対応する体制を整えるためにも予約時に教えて欲しかったと断られたということですが、そこまで非常識な発言なのでしょうか?
乙武さん自身がTweetされてますが、彼の車椅子は大人4〜5人掛かりじゃないと運べないそうです。
今回の件は変なバリアを硬くしてしまっただけで、非常に残念な結果になったと感じています。

Ifreeta

「入店拒否」ではなく「送迎拒否」ということであるみたいですね、この点を間違えるととんでもないことになります。

電動車椅子ごとではなく、乙武さんだけなら運べた気がします。

情報化社会において障害者がまず行うべきことは、新しい場所に行く時にはちゃんと調べるということ、この最低限を怠ったから今回の問題が起きたと思います。

トラブルになった場合、原則としてネットに実名を挙げない、最終的にこれをしていなければ今回の騒動は起きていません。

今回の騒動は、初めてということですが二回目があったら乙武さんは社会的には取り合ってはもらえなくなりますね。

店主も対応にまずいところがあったみたいですが、普通の舌足らずくらいの感想ですね。

さく

片方の言い分、それも自身で冷静でなかったと認めているものを鵜呑みにし
それを元に日本人全体にまで拡大して書かれているこのエントリーは少々危ういものを感じさせます

書かれていた事実関係は話半分で少し引いた目で考えてみることをお勧めします
顧客の言っていることが本当に真なのか確認せず鵜呑みにして開発してたらろくな事になりませんよねとITっぽく結び付けてみます

障碍者/被差別者だから間違っているはずはない、相手が間違っているはずだなんてことは決してありません
むしろその立場を上手に使いこなし相手を叩き潰すための武器として使う狡猾なものもいます
障害、差別と言うものはそれを武器として振りかざすことで相手に反論の余地を与えない危険なものでもあります
今回の一件がそのようなものであったのかは知るところではありませんがそのようなことがあるということも忘れないようにしたいものです

>Ifreetaさん
仰るとおり、事前調査って大事だとつくづく思いますね。

>さくさん
勘違いされているようですが、リンク先にあるように「双方の言い分(あくまでネット上)」ですよね。リンク先をご覧になられていないようですが。

> 書かれていた事実関係は話半分で少し引いた目で考えてみることをお勧めします
> 顧客の言っていることが本当に真なのか確認せず鵜呑みにして開発してたらろくな事になりませんよねとITっぽく結び付けてみます

すみません、話の意図が理解出来ませんでした。

> 障碍者/被差別者だから間違っているはずはない、相手が間違っているはずだなんてことは決してありません

ここは120%同意です。障碍者であろうとなかろうと、妊婦さんであろうとなかろうと、最終的には人柄ですものね。

> 今回の一件がそのようなものであったのかは知るところではありませんが

え?あ、そうでしたか。。

コメントを投稿する