オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

初心者のためのiPadのKindleで電子書籍を購入する方法

»

我が家には2台のKindle Whitepaperがあり、それぞれ大活躍しております。電子ペーパー端末ということ、バッテリーの長持ちなどを鑑みると、電子書籍専用端末としては最高の出来かも知れませんね。

 
とはいえ、外に持ち出す、他にも用途がある、仕事にも使う、となるとiPadやiPad miniを選択される方も多いのですよね。で、iPad用にもKindleアプリがあるのですが、意外と使い方が分からず、iPadのKindleアプリはインストールしただけ、という方がいらっしゃることが分かりました。
 
Kindle端末では端末単体で電子書籍を購入できるのですが、iPad、iPad miniおよびiPhoneのKindleアプリでは電子書籍を購入出来ません。ここは、もしかするとアップルへの手数料の問題なのかも知れませんが、iOSのKindleアプリは、あくまでもビューワーであって購入手続きは出来ないのですね。なので、パソコンなりブラウザで購入しなくてはなりません。
 
20130501_80659Amazonのトップページの左上にある①「カテゴリーからさがす」にカーソルを合わせると、写真のような様々なカテゴリーが出てきます。で、Kindle本を買うなら②「Kindle本」をクリック。その他、コミックなどいろいろあります。
 
あとは通常のAmazonの書籍購入手続きと同じ。複数の端末を登録している人は、どの端末にインストールするのか、という選択画面がありますが、通常は一つ選ぶだけ。Kindleアプリ側で同じIDを入力すれば、クラウド画面に書籍が表示されます。
Img_4218写真はiPhoneですが、iPadはマス目に書籍が並びます。どこまで読んだかもだいたい分かりますし、複数の端末があれば、読みかけた途中から再開することもできますし、ブックマークなども共有できます。
 
難点は、この購入フローですねぇ。あとはプレゼント。これはiOSのiBooksストアも同じなのですが、本を友達やお知り合いにプレゼントすることが出来ません。(iOSのアプリ書籍はできます)
 
本って、意外と人にプレゼントしたいんですよね、僕としては。「この本いいよ」ってオススメしたいのに、それができない。紙の本は回し読みするかも知れませんが、電子書籍はそれができないようになっているからこそ、そこを対応してくれると嬉しいのですが、あまりニーズがないのでしょうか。
 
僕は購入フローの面倒さがあるので、今はiBooksストアを中心に購入している次第です。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する