オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

iPhone4Sだけじゃない!iPadのiOS5も素晴らしい!

»

 iPhone4Sが3日間で400万台売れたとか。もう、この勢いは止まりませんね。で、そんな華やかな情報の影で、なにげなく埋もれてしまっているのがiPadなんですが、こちらの進化もすごいんですよね。何より体感速度が速くなったのが素晴らしいのですが、こちらはちょっと説明しづらい。
310764_10150352391477347_674392346_  で、iPhone4Sにはない機能。キーボードの固定解除と分割です。設定>一般>キーボードで、分割できるように設定しておけば、キーボードを分割することが可能です。右下のキーボードのマークを右にスライドすると、「固定解除」と「分割」という文字が現れます。それぞれの箇所に指をスライドさせるだけで、固定解除または分割できるんですね。
 固定解除というのは、次の写真です。
300196_10150352391532347_674392346_  キーボードが画面下から、中間地点に移動していますね。「こんなのますます打ちづらいじゃないか」と思われるかもしれません。しかし、固定解除の理由は、そこではないんですよね。 iPadを立ったまま操作するようなお仕事の場合、キーボードが下に固定されていると、両側から手で抑えていても上部が重くなって不安定になります。
 立ったままでPDFを見せる程度ならいいのですが、立ったままで相手の言うことをメモらないといけないときには、このキーボードが真ん中に来る機能が活きてきます。
298431_10150352391092347_674392346_  さらに、キーボードを分割すれば、 iPadを両手で抑えながら、親指だけで入力可能です。これ、意外と使えます。

 iOS5の機能が発表されたとき、正直言ってこの「分割」がどう便利なのかがわかりませんでした。しかし、こうやって実際に分割してみると、大変便利です。よく考えられているな、と思いますね。MRの方は、立ったままでプレゼンすることが多いと聞きますし、デパートやスーパーのバイヤーの方と話す営業マンは、立ったままで商談していることが多いようです。そういうときにiPadでプレゼンし、iPadでメモを録ってくるというのは、これから増えるかもしれませんね。

 

iPadのビジネス活用セミナーは、本日19時からアップルストア銀座店で開催です。予約不要ですので、直接3Fシアターまでお越しください。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する