オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

営業マンは、本当にキーボードが必要なのか:iPad2

»

 iPad2が発表され、今後も導入する企業はどんどん増えていくことと思います。あ、iPadのみならず、タブレット端末という意味です。

 僕がいろいろな企業の方とお話ししていると、「導入したいのだけど、社員がキーボードが必要だと言うんです」というご相談をいただくことがあります。iPadにはソフトウェアキーボードがありますが、
 
1. ソフトウェアキーボードだから入力しづらい
2. キーボードで画面が半分隠れてしまう
 
というところが、問題だということなんですね。中には、別途Bluetoothキーボードを持ち歩いている方もいるようですが、僕はそこまで必要とはしていないんです。
 
 むしろ、営業マンの仕事全体を見直す機会なんじゃないかな、と思っています。それは営業マンだけが考えるのではなく、バックオフィス系で出来ることはないか、ワークフローで見直すべきことはないか、といった具合です。
 
 iPadなどのタブレット端末のGPS機能を使って、MDMなどで居場所を探すことがでいますよね。あれを使って、日々の日報の中で「場所」「訪問先」という入力を減らすことも出来るわけですが、これは反対する人が多いようです。居場所を特定されたくないようなのですが、これだって上手に使えば便利な機能だと思うんです。行動を全部取っておくけれど、レポートに使うものは選択できるようにしておくとか。
 
 一人一台のPC配布という企業がほとんどかも知れませんが、PCが本当に仕事に必須なのか。それ自体を見直してもいいんじゃないかな、なんて思ったり。ソフトバンクテレコムが推進しているホワイトワークスタイルでは、営業マンはiPadだけ。社内では共用のシンクライアント端末が置いてあって、そこで作業するそうです。
 ま、社員の方の話では、良い点と改善すべき点があるようですが、それもやってみたから分かったことですね。やってみるという機動力が必要なのだな、なんて感じます。
 
 働き方の見直しは、決して簡単なことではないと思います。そこを経営層が強くコミットし、推進するプロジェクトメンバーのアサインが必要ですね。でも、やってみる価値のあることだと思う次第です。
Comment(2)

コメント

ひろ

>PCが本当に仕事に必須なのか。それ自体を見直してもいいんじゃないかな、
私も全く同感です。iPadで済む業務にわざわざキーボードを駆り出す必要がどこにあんのかな?という気もします。ノートパソコンは机の上の少なからぬスペースを占領するし、そもそも美しくない。

PCが仕事効率化に役立っているのかすら疑問です。でも、そういう根本的なところってまず議論されませんよね。

>ひろさん

> PCが仕事効率化に役立っているのかすら疑問です。でも、そういう根本的なところってまず議論されませんよね。

仰有るとおりですね。ここを考え直すと、実はもっと楽になる、という人も少なくないように思います。

コメントを投稿する