オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

次世代iPhoneが非公式にお披露目になった件で、ちょっと考えた

»
 

ギズモード・ジャパンが報じている、次世代iPhoneのデザインは初代iPod nanoみたい。僕個人的には、アリだと思います。あくまでもデザインレベルですけど。
 さて、この次世代iPhoneは(ご存じの方も多いと思いますが)、RedwoodにあるGourmet Haus Staudtというお店で拾われたものだそうです。Gray Powellさんという、AppleでiPhoneのベースバンドソフトウェア担当のエンジニアが落としたとのこと。

 今朝、テレビでも報道されたほどの大事。そりゃそうですよね、とにかくデザインだけではなく、新製品の情報は発表当日まで公開しないAppleのこと。それが、まだ何も情報が出ていない現段階で非公式に公開されてしまったわけです。しかも、中身まで。

 Appleの新製品のことは早く知りたい、でもこんな感じで公開されてしまったことがいいのかどうか。もちろん、報道を仕事にしている会社が報道したことに対する疑問ではなくて、落としてしまったことに対する疑問です。

 これは、Appleにしかない問題ではないと思うんですよね。僕たちで言えば、居酒屋で取引先の社名を出してしまったとか、プレスリリース前のサービスの話をしていたとか、エレベータの中でうっかり喋ってしまった内容とか、喫茶店で打ち合わせしていたらPCの画面を見られてしまったとか、いくらでも可能性はあるわけです。
 もちろんそれが、非公開情報なのか、既知の情報なのかによって、問題かどうかが違ってくるわけですが。

 誰しもミスはあるわけで、完璧な人などいないと思っておくほうが間違いないように思います、自分自身も含めて。そう考えると、それほど重要なモノを持ち歩いてビールを飲んでいるということをどう考えるか。
 なんか難しくて、若い彼を責めたいわけではないのですが、自分自身ならどうか、と振り返る良い機会になったので、ちょっと記録に残しておこうと思った次第です。
 
 ちなみにAppleからは、公式に返却要請が届いているようです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する