オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

日経ビジネスのポッドキャスト再開?

»
 

ポッドキャストジャーナルさん経由で知ったのですが、日経ビジネスオトマガジンなるものが、明日月曜日から始まるようです。

 まだこの画面があるだけなので、内容は一切公開されていません。

 日経ビジネス本誌のハイライトを紹介する日経ビジネスオンラインポッドキャストは、2008年12月19日を機に休止していたので、再会なのか、とも思えるのですが何もアナウンスはされていません。

 僕自身、毎週発売される数あるビジネス雑誌の中で、もっとも信頼でき、内容も興味深いと感じていたのが日経ビジネスだったことと、井上豊元編集長、佐藤吉哉元編集長の流れで来た、このポッドキャストに押されて1年契約の後に3年契約をしました。ところが、その後の寺山正一現編集長の判断で休止されたことを残念に思っていたんですよね。
 同時に、本誌も特集を含む内容が、小さくまとまり始めた気がしていました。正直言って、「ほーら、こんなに景気が悪いよ」を書き続ける雑誌なのであれば他にもあるし、別に日経ビジネスである必要がないと感じていたんですよね。
 最近、少しずつ内容もよくなってきている気がするので(偉そうで申し訳ないんですが)、ぜひ寺山編集長にがんばっていただきたいと考えています。
 
 岩永さんが書かれている活字離れも、すごく深刻な話である気がします。(あくまで500名ほどのモニタリングですけど)インターネットニュースを読んでいるからOK、というものでもないように思います。新聞、雑誌などの紙媒体の良さと、ネット媒体の良さは、重複しないところがあると思うんですよね。
 こういったことも、ぜひ日経ビジネスならではの切り口で、ポッドキャストを使って発信していって欲しいと思う日曜日の朝です。

Comment(2)

コメント

大木さん、トラバありがとうございます。
 
いや、これ、絶対に根が深い話だと思うんですよ。それも相当深刻。でも文字というものへの依存度が下がることが活字離れという事象を生んでいるとすると、紙媒体との対比で語られることの多いWeb系メディアとの接し方ってのも違う理解が出来るような気がしてきていて・・・

このテーマ、ちょっと長い目で追いかけてみたいなと思い始めた次第です。

>いわながさん
元ライブドア社長の堀江さんが、こんなエントリーを書かれています。
http://ameblo.jp/takapon-jp/entry-10410640160.html
紙媒体の値段も、深刻な問題の一端ではあるのかも知れませんね。

コメントを投稿する