オルタナティブ・ブログ > THE SHOW MUST GO ON >

通信業界特殊偵察部隊のモノゴトの見方、見え方、考え方

活字離れって一体何がトリガーになってるのかをふと考えてみた

»

いわゆる活字離れ。これがある意味現在の新聞や雑誌の凋落、あるいはWebメディアの興隆みたいなところの理由の一つといわれているのですが、なんだかふと腑に落ちないところに気が付きました。そもそもWebであっても新聞であっても雑誌であっても、多くの情報は文字を使って伝わるわけです。絵や図版、そして写真だけでは無理。

でも、なんだかちょっと深刻な話が実は裏側に横たわっているような気が・・・

 

なんだか、全ての根本の問題のような気がします。これ。モノゴトの裏側を新聞記事の限られた紙面の中で全部解説するのは無理で、ある程度の前提知識レベルを想定して書いてあったりするものがあったりします。時事問題だったり、あるいは経済問題であったり。そして政治や社会問題などについても。

もちろん有る一定の解説が付くのはアルと思いますが、それこそWikipediaなどへのリンクが付くわけでも無い事から、前提知識が無いと理解しづらいものがあるかもしれません。でも、いわゆる一般紙と呼ばれるものであればそれほど一つ一つの事象を深堀りすることってそれほど無いと思います。読者層をある程度定義した上で書くと思うんですね。

これが経済紙と呼ばれるものや業界紙と呼ばれるものであれば、それこそ夫々のある程度の予備知識が無いとなんでそうなってるの?なんて解説なしに今の状況の報道になったりするわけで、確かにこれはハードルが高いとは思います。たとえば繊維関係とか金融関係、流通関係などの専門誌を私が見てもチンプンカンプン。そりゃ仕方ない。

でも、いわゆる一般紙が対象となり、そこに書いているのを理解するのは難しいとなると・・・ 

 

そもそも関心が無いからわからない?

とりあえず、まぁ、世の中でもよく言われているので、媒体としての新聞や雑誌などから関心が離れるってのは百歩譲って「そうですね」としましょう。

じゃ、Webでも良いから世の中の動きを追いかけてる?と聞いたとき、そもそも新聞や雑誌の記事内容を理解するのが難しいとなると・・・ これはちょっと話が別です。文字を通じて報道されていること、伝えられていることを理解するということは、紙だろうが画面だろうが関係ない話です。

なんでそうなっちゃってるんだろう?
そうじゃないかもしれない。

でも、活字離れが文字通りの活字離れだとすると、Webの世界になったから云々とか、Kindleがどうのこうのとかとは全く別の次元に問題の根っこが有る気がしてきました。

 

そもそも自分の外の世界に関心が無い?

そんな話が世代論の中で語られることもあります。ただ、ワタシ的にはこれは世代論にしたくない気がします。自分の世界の外で何が起きているかを知る方法としての・・・たとえば視覚として伝わるものの中で非常に大きな割合を占めるはずの、一番根本である文字として記されたものを読んで理解し、自分なりに租借して意見を持ち・・・という一連の行動の一番手前が欠けてしまっている、というコトなのかもしれません。

どうなんだろ。

学校教育で何をどうしてきたか、とかまで遡ると大変なことになりそうなので止めますが、ここにはちょっと深い話が横たわっている気がするんです。まだ漠然としてますけど。

 

Comment(2)

コメント

どうもはじめまして。人呼んで「謎作家」、船沢と申します。m(_ _)m
ちなみに、Twitterでも読んでますよ。
 
 
 
  *  *  *  *
 
 
 
で、現代人のリテラシーの低さについてですが。
 
 
 
私見では、親の(またはその親の)世代とか、あるいは教育現場において、子どもたちの「なぜ?」にしっかりと向き合ってこなかったことが根本原因ではないかと考えています。
 
 
 
つまり、親も教師も忙しいので、せっかく子どもが興味を持ったり疑問を呈しても、つい自分(おとな)目線で「そんなことは自分で考えろ」と突き放してしまう人が多いからなのではないだろうか、と。
そもそも考え方自体が培われていないからこそ、子どもたちは「どのように考えるのか」「何を基準・尺度とするのか」を大人たちに教えてもらいたいのに……です。
そればかりか、彼らから「知らない」「うるさい」と言われ続けては、子どもたちはやがて大人たちに質問すること自体がイヤになるでしょう。
 
 
 
もしも何かに興味を持ったり、疑問がわいても、そこにインタラクション(相互対話)がなく、心にくすぶる疑問(心理学でいう「認知的不協和」)が一向に満たされなければ、彼らはそのうち「考えること」だけでなく「疑問を持つこと」さえもバカバカしくなってしまうのです。
 
 
 
もう気づいたかもしれませんが、情報発信におけるこれらの「不親切さ」は新聞やテレビ・ラジオ、さらには近しいもの同士の会話であっても同様です。
基礎知識の必須やジャーゴン(専門用語)の多用といった「受け手のコンセンサス(共通理解)に期待すること」を前提にした単一方向の情報発信は、その情報が分からないというだけで受け手に著しい疎外感を生み出します。そして、大して好きでもないような情報や知識をわざわざ学ぶ努力行為が苦痛に感じられるのです(そう考えると、ノウハウ本や自己啓発本などが売れている背景も理解できます)。
 
 
 
どこかで聞いたことがあるかと思いますが、母親との対話がなく、テレビやビデオだけを見せられて育った乳児や、母親にほとんど抱っこされずに育った乳児は、周囲の反応に無関心で感情の起伏に乏しい子に育つ――という調査結果があるそうです。
これと似たようなことが、家庭や教育現場、果ては職場や地域であっても起こるのです。
 
 
 
子ども(若者)にとっては、自分の身の回りの世界、すなわち家族と友人と学校が世界のすべてです。
特に、親と恩師から裏切られることは、子どもの心に多大な絶望感を植えつけてしまいます。そして彼らからの否定が、そのまま子どもの人格・存在否定、ひいては自己否定につながるのです。
こうして、自尊心が低く、何事にも消極的で、自己を深く掘り下げることができない人間が育つ……と考えられるのです。
 
そしてメンタリティはあらゆる才能や能力の源泉ですので、それはそのまま、彼らの学習意欲や学力、読解力や教養(問題意識)の高さへと反映されます。そのメンタリティが低いと、当然、やる気も学力も低下するわけです。
 
 
 
つまり親と教師の教育ミスのおかげで、現代人の大半は心のどこかで「自分はダメな人間だ」と思い込んでいるので、自分の能力を上手く活用できず、またそのためのやる気も出ない――というのが、目下のところ私の考えているリテラシー低下の構図です。
 
 
 
  *  *  *  *
 
 
 
ですから「若者の関心がない」というのは半分だけ正解で、その実態は「関心や興味がうまく持てない(何を好きになっていいのか分からない)」だったり、「自分(たとえば生活・生存といった自己の利害や、自分の趣味など)には関係ない」だったり、そもそも「“何が分からないのか”が自分でも分からない」だったりすることがほとんどです。
 
しかも、当の子どもたちは一応その自覚があり、かつそのことをとても気にしているので、大人たちが業を煮やして「こんなものも分からないのか」と怒鳴ってしまっては、かえって逆効果になってしまいます。
 
 
 
結局、もはや活字離れどころの話ではなく、単に情報や学習内容を懇切丁寧にしたり、情報のチャネルを増やしたり、教育メソッドを変えたりするだけでは根本的な問題解決にはならないと私は思うのです。
それ以前に、人々が情報や知識を「学んでよかった」と心から思えるようなメンタリティの醸成と、そのための「しくみ」を構築することから入るのが早道ではないか、と。学習法云々の話はその後でも十分です。
 
 
 
言い換えれば、もし彼らが自己の存在や能力を他者から認められ、「学ぶことは自分にとって力になる」と実感できれば、親や教師、あるいは上司が口うるさく言わなくても、彼らはみずからの手でリテラシーを体得していくでしょう。
自分の存在が「他者や社会から必要とされている」と感じたとき、人間は自己探求の精神によってみずから新たな知識の扉を開き、その叡智を耕そうとするようになるのです。その精神はいつしか大きな力となり、周囲の環境や自分自身をも変革してしまいます。
 
 
 
たった今からでも、そのためのパラダイムを家庭と教育界と実業界でシェアし、制度やカリキュラムなどに落とし込んでいかない限り、今後も日本の教育レベルやリテラシーの低下は避けられないと私は思っています。

船沢荘一さん、コメントありがとうございます。
 
いやぁ、教育論にまで踏み込むと大変なことになるなとわざと触れなかったのですが(笑
 
でも、確かに何かしら考えないといけない部分ではあると思います。社会体制としてどうするかという話になると何とも言えない部分もありますが、たとえば私自身が小学生の子供を抱える身として、少なくとも自分は自分の子供に対してモノや話に対して興味を持つ助けや必要なガイドをしているのか、何か自分で発見してきたらちゃんと話を聞きちゃんと褒めてあげているかとか、親として果たすべき役割をキチンと果たしているかどうかを常に見つめていないとダメだなと感じた次第です。

コメントを投稿する