オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

番長と遊ぼう!:あの人にお勧めしたいこの一冊

»

 いつもならすぐに命令に従う 楽しむ番長と遊ぼう!ですが、今回は時間がかかってしまいました。自分で読んで良かった本、読みたい本というのはすぐに見つかるのですが、人に勧めるとなると悩んでしまいます。
 で、結局「あの人」というのが難しく、「25歳の頃の自分」にプレゼントしたい本を選んでみました。

仕事の報酬とは何か (PHP文庫)

 僕は25歳で係長になりました。あえて「昇進」ではなく、「なりました」と書きます。自分自身の意志でもなく、また部下は1歳年上の26歳。40代の1歳とは違い、とても扱いづらかったことを憶えています。その方も、イヤだったでしょうね。だから毎日悩んで、床屋に行ったら「頭の後ろにハゲが出来ていますよ」と言われました。指で触ったら、100円玉くらいのハゲが。
 これだけ苦労しているにもかかわらず、世間の係長と比べると少ない給料。当時の社長に「人に言うのが恥ずかしいから給料を上げてください」と交渉したのを憶えています。(なんてヤツだ……)

 本書から、少し引用してみます。

例えば、あるビジネスマンに、聞いてみる。
「なぜ、そんなに一生懸命、働いているのですか」
「そんなに一生懸命働くことによって、どんな報酬を得ているのですか」 「あなたにとって、仕事の報酬とは何ですか」
この問いに対して、いかなる答えをするか。
それによって、そのビジネスマンが、これから歩であろう道が、分かれる。
もし、この問いに対して 「仕事の報酬は、給料や収入だ」と答えるならば、残念ながら、そのビジネスマンは、大切なものが見えていない。
そして、その結果、どれほど一生懸命に働いても、本当に大切な報酬を得ることなく、歩むことになる。

 本書だけではなく、田坂広志さんは普段から「仕事の報酬は仕事」と仰有っておられます。僕も、今はお金ではないものがあると考えることができるようになりました。

 もし今、25歳の自分が目の前にいたら、この本をプレゼントしたいと思います。ま、当時の僕に理解できるかどうかは分かりませんが。
 当時の僕ほどではないにしろ、もやもやしている方がいらっしゃれば、読んでみられてはどうでしょうか。新書で500円です。

Comment(2)

コメント

25歳のころの大木さんに出会ってれば、ワタシはその100円ハゲを照らす太陽になってあげたのになー。
仕事の報酬は人生 かも、ワタシにとっては。

>ばんちょ〜
太陽……、あえてお断りいたします。w
哲学的なお話は、またお聞かせくださいませ。

コメントを投稿する