オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

学校教育で使うべきは、Windowsか?Macか?

»
 

林さんがVAIO Pを持っているのが悔しくて書いています。(苦笑
 その林さんが、学校教育にVAIO Pを導入してはどうか、というエントリーを書かれています。なるほど、600gだから小学生でも持って行ける、と。その手があったか。

 昨年、日本eラーニングコンソーシアムの総会に参加した際に、APPLEの教育担当の方から、Macのプレゼンソフト「Keynote」とiPod touchを使った英語教育についてお話をされていたのを思い出しました。
 とある地域の中学三年生に、Keynoteで単語帳を作ってもらい、アニメーションで数秒後に翻訳がスライドインしてくるようにして、それをQuickTimeに書き出し、iPod touchに入れる。それを通学中に見て覚えるんだそうです。
 なんとそのクラスは、1学期間で偏差値が5ポイント上がったそうです。(偏差値の善し悪しは、別の場で考えたいと思いますが)
 このお話を聞いたときは「を!やられた!」と感じました。オールAppleならではの策なんですよね。Windowsで出来ないわけではないですが、Macのほうがスムーズです。

 しかし、一般的に学校で教育用に置いてあるのはWindows機が多いと思います。ま、会社勤めしたらWindows機が多いのでしょうから、当たり前といえば当たり前。ただいつも感じるのは、「クリエイティブな仕事に就くことは、日本の学校では考えられていないんだなぁ」と。残念ですが。
 WindowsもMacも、所詮道具なのですから両方使いこなせるように教えてくれると良いな、なんて思います。うちの娘は、僕のMacBookと奥さんのWindowを使いこなしているような気が・・・。あ、Windowsのタスクバーは、上部に置いていますけどね。

Comment(8)

コメント

> Windowsのタスクバーは、上部に置いていますけどね。

そうそう。それもありですよね。
そのほうが理にかなっていると言えるかも。
上に置くと、微妙に動作のつじつまの合わないケースが稀にあったのですが、
どんな不具合だったか忘れてしまいました。しばらく上に置いて試用してみます。

>JRXさん
人間力学的に、上部にあるほうが良い、と聴いたことがあります。
ただ、そう考えるとMacのDockが下にorz

>所詮道具なのですから両方使いこなせるように教えてくれると良いな、なんて思います

私は、子どものうちは特定のOSとかアプリに依存させたくないという意味で、自宅ではMacを使わせてます。学校ではWindowsなので。以前はLinux(実際はGNOME)も触らせてました。

初めて触る環境でも、OSやアプリの機能を類推して使えるというのは、強みになると思いますので。

それに今の小学生が会社に入る頃に、現在と同じようなPC環境であるとは限りませんしね(^^;。

Ifreeta

昔は、Towns が多かったようです。

液晶モニターやノートは壊す確率が高いから導入しずらいとも聞いてました。あれから10年ほど変わったのかなあ。

>ひとぴんさん
コメントありがとうございます。
Linuxまで、は良いですね。すばらしいです。
僕個人的には、Win独自のU/I(別に使い勝手が良いわけでもなく・・)に慣れてしまうのが好きではなかったりします。

>Ifreetaさん
こんにちは。
ですね、液晶はまだ少ないように感じます。時々、DELLあたりから5〜6万くらいのノートPCを使っている学校もあるようですが、まだ少ないでしょうね。

予算の根拠の良し悪しは別にして、入札時点で結果的に納入を商売とするにはあまりに凄い値段を求められるのが普通なので、売る側としてもどうしても構えてしまうのが学校という市場ですね。しかも最初の時点での購入費用は出てもメンテナンスや買い替えには予算が簡単には付かないのが普通で・・・ 
もちろんカリキュラムの組み方や教員のスキル養成など行政が絡む点も多々あるのですが・・・

>いわながさん
なるほど。メンテナンスに予算が付かないのであれば、余計に「壊れないOS」が良いように感じます。
ただ日本には「多勢に無勢」という言葉もありorz

コメントを投稿する